映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

スタンリー・ドーネン監督「パリの恋人」3167本目

こんな美しいオードリー・ヘプバーンにファニーフェイスだなんて!納得できないけど、そういうことにして見てみます。 たぐいまれなくらい、モードなオープニング。でも、文学部の学生みたいな、小難しいことをつぶやくグレーのストンとしたワンピースの彼女…

ロジャー・コーマン 監督「赤死病の仮面」3166本目

おどろおどろしいですね~。昔のヨーロッパ映画という感じです。伯爵ヴィンセント・プライスのアクの強さ、フランチェスカを演じるジェーン・アッシャーのあどけなさ。ちょっと個性的な童顔で可愛い…。これは時代のアイコンになるキャラクターだわ。 致死率…

市川準監督「トニー滝谷」3165本目

続けて見ると、見えてくるものがあるなぁ。 この作品では西島秀俊がナレーションをやっている。主役のトニー滝谷はイッセー緒方、美しく壊れた妻を宮沢りえ。彼女は「ドライブ・マイ・カー」のセックス中毒(のような感じ)のかわりに洋服を狂ったように買い…

松永大司 監督「ハナレイ・ベイ」3164本目

吉田羊はいい。村上春樹の主人公は、目立たない人じゃなくてぱっと見はなやかで美しい人たちが似合うんだな。かっこいい人生を送っている人。でも心の中の暗闇は深い。村上作品は最初から今まで全部、大事な人を突然失った真っ暗闇を埋められず、あの世とこ…

大森一樹監督「風の歌を聴け」3163本目

「ドライブ・マイ・カー」を見たので、昔の村上春樹原作作品を見てみたくなりました。「ノルウェイの森」は(なんか違うなぁ)と感じたけど「バーニング」は面白かった。この作品は初めての映画化だというだけでなく、1979年の出版からわずか2年後の1981年、…

ヨアキム・トリアー監督「母の残像」3162本目

ユペール女史の出演作品を片っ端から「マイリスト」に入れておいたのを、ときどき思い立って見てみます。この映画は英語だけどノルウェー、フランス、デンマーク、アメリカ合作とのこと。 イザベル(役名も)を亡くした夫を演じてるのは、見たばかりの「ミラ…

ラッセ・ハルストレム 監督「砂漠でサーモン・フィッシング」3161本目

<なんとなくつい結末を書いてしまった> 映画を集中的に見始めた頃に、この映画の予告編を飽きるほど見た記憶がある。結局、公開後10年もたってしまった。ハルストレム監督の作品は「犬のような私の生活(邦題違うって)」「サイダーハウスルール」「ギルバ…

マイケル・ムーア監督「ロジャー&ミー」3160本目

かのドキュメンタリー作家マイケル・ムーアが生まれたのはこういう経緯だったんだ。GMの工場城下町で、工場の仕事をしている一家に生まれて、マスコミで働いた後に工場が閉鎖されたことでドキュメンタリーを撮り始め、GMの社長になんとかして取材を取り付け…

ウェス・クレイヴン監督「スクリーム」3159本目

なかなかスリリングで楽しめました。逃げても逃げても追ってくる。神出鬼没で、めげない犯人。こいつが怪しい?いや、あいつか?と思う人たちが片っ端からやられる。警察は肝心のときに来ない。もうこうなると持久戦だ。やがて犯人は興奮しすぎて隙を見せる……

ジョセフ・ロージー監督「緑色の髪の少年」3158本目

タイトルとビジュアルに惹かれて視聴。(フランクリン・J・ハフナー監督の「ブラジルから来た少年」を思い出して期待)ジョセフ・ロージー監督の作品は「エヴァの香り」しか見たことない。イザベル・ユペール大先輩の「エルELLE」のリメイク元だと聞いて見…

ゴア・ヴァービンスキー 監督「ザ・リング」3157本目

もう19年も前の作品らしい。ナオミ・ワッツが好きなので、今さらながら見てみます。(日本のオリジナル版はだいぶ前に見た、たぶん) 時間を空けてよかった。呪いのビデオは、今見ると(ナオミ・ワッツが出てるからかもしれないけど)デヴィッド・リンチのア…

ジョエル・コーエン監督「ミラーズ・クロッシング」3156本目

なんでこの映画を見てなかったんだろう?コーエン兄弟の傑作と言われてるらしいのに。実際、傑作でした。隙のないよくできた作品で、笑うか感動するか迷うような、人間の可笑しさを絶妙に描いています。 ガブリエル・バーンって他の映画で見ても(「ヘレディ…

フランコ・ゼフィレッリ 監督「ブラザー・サン、シスター・ムーン」3155本目

なんとなくタイトルを覚えていた映画だけど、たまたま借りて読んだ山田詠美の小説の中でこの作品の中のセリフを引用してたのを見て、Amazonプライムで見つけて見てみました。イタリア映画だけど言語は英語。 最初、なんか美しいけどよく意味がわからない…と…

ジョエル&イーサン・コーエン監督「シリアスマン」3154本目

<結末にふれています> 久々に見る、コーエン兄弟監督作品。「ファーゴ」の監督だから、一見シリアスな作品でも、彼らは手を叩いて笑いながら作っている(と想像する。前に見たインタビュー映像から)。ちょっと変わった人や、誰かが困ってるところを、笑う…

ケン・ローチ監督「エリックを探して」3153本目

ケン・ローチ監督(と、ダルデンヌ兄弟)の作品を見るときは、体調を整えてちょっと緊張しながら見る。空腹で見ちゃだめ、落ち込むから。でもこの作品は、ジャンルでいうとハートフルコメディ(なんとなくイケてない呼び方だけど)だった。 ダメダメな郵便配…

ニール・ヤング(バーナード・シェイキー)監督「ヒューマン・ハイウェイ ディレクターズカット」3152本目

DEVOって高校の頃にクラフトワークとかYMOとかと一緒に聞いてた”テクノポップ”グループなんだけど、いつも全員お揃いのつなぎを着て、電子楽器のほかにその辺にあるものを叩いたりして、変拍子の曲とかやってた変わり者だった。1982年当時、ロック界隈には”N…

ロバート・ゼメキス監督「ロジャー・ラビット」3151本目

U-NEXTの「もうすぐ終了」に入ってたので、見てみました。1988年の作品。トム&ジェリー的なスラップスティックなアニメーションが実写とスルっと合流する感じ、もっとゴツゴツしてるかと思ったら意外と気持ちよく見られますね。 ボブ・ホスキンスってイギリ…

リチャード・スタンリー監督「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」3150本目

ちょっと昔の作品かと思ってたけど、まさかの2019年製作。CGバリバリではあるけど、1995年くらいにはもう実現してた感じのエフェクトだしなぁ。(だいいち、ニコラス・ケイジってところが1990年代っぽいし、なぜか全然老けてない) その妻を演じるジョエリー…

ジロ・ポンテコルヴォ 監督「アルジェの戦い」3149本目

昔のイタリア映画ばかり見てるけど深い理由はなく、U-NEXTの「9月末で終了する作品」だから。しかしこの映画の舞台は仏領アルジェリアの独立への戦いを描いたもので、言語はフランス語だけどフランス資本で作られることはない映画。この映画にイタリアが出資…

ピエル・パオロ・パゾリーニ 監督「奇跡の丘」3148本目

これもパゾリーニ監督。こっちを先に見たほうがよかったかな。1964年の作品で、まだモノクロ。 「アポロンの地獄」よりずっと入りやすい映画です、なぜなら主役がジーザスだから。ざっくりとしたストーリーはわかっているし、ベースが聖典だから、立体になっ…

ピエル・パオロ・パゾリーニ 監督「アポロンの地獄」3147本目

この監督の作品は初めてかな。 ギリシャ神話のお話なのに、現代的なアパートの一室で始まり…母を演じてるのはアリダ・ヴァリでした。イタリア映画って重厚なものが多い気がする。イタリアに行くと街中の彫刻とか建物とかがびっくりするほど大きいのも、イタ…

セルジオ・レオーネ監督「ウエスタン」3146本目

原題はOnce upon a Time in the West。(完全版はこのタイトルで公開されたのね)なんか郷愁のあるタイトル。リアリティよりファンタジーに近い昔ばなしが始まります。だってチャールズ・ブロンソンがハモニカ拭きながら現れるんだよ。小林旭のギターはこう…

ヴィットリオ・デ・シーカ監督「ウンベルトD」3145本目

「自転車泥棒」をだいぶ前に見た。この作品もまた、真面目な人間が世の中に守ってもらえない話なんだけど、恩給をあてにして自分ではまったく貯金してこなかったのかな、贅沢するようには見えないのに。この頃は子どもをたくさん産むから、誰かが養ってくれ…

ジャン・ルノアール監督「ピクニック」3144本目

1936年に作られた、フランスの巨匠未完の短編、だそうです。パリから馬車でやってきた郊外の川辺のレストラン。ブランコで子どものように遊ぶ母と娘。草の上の昼食‥‥まさにルノアールの絵画の世界。彼の絵の裏には、この映画みたいに、都会から郵便馬車を借…

ケン・ローチ監督「この自由な世界で」3143本目

主役の女性アンジーは、移民の職業あっせんの仕事をよくこなしていた、ところまでは事実なんだろうけど、基本的に独善的でトゲがある。日本ではこのくらいの年齢になる前に、もう少しもまれて丸くなるもんなので、すごいなぁと思う。トレーラーハウスから人…

ブライアン・デ・パルマ監督「ミッドナイト・クロス」3142本目

原題は「Blow out」。邦題もわざわざ英語だけど、なんとなく邦題のほうが魅力的な映画に見える。タイトル付ける人ってほんと大変だな… <結末にふれています> ジョン・トラボルタは、「サタデー・ナイト・フィーバー」と「パルプ・フィクション」のちょうど…

アッバス・キアロスタミ監督「ライク・サムワン・イン・ラブ」3141本目

<ネタバレあり> 予告編が邦画ばかりだし、冒頭のバーにはケバい若い女性たち。ちょっと昔の日本映画だよな…と改めて監督名を確認して驚いてしまった(わかって借りたはずなのに)。 この監督の作品は、イランでもトスカーナでも、コミュニケーションのズレ…

入江悠 監督「劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」3140本目

一度なにかのフェスで見たことがある。調べてみたら2014年にさいたまスーパーアリーナでやった「VIVA LA ROCK」だった。多分エレカシ狙いで行って、「ゲスの極み乙女。」「赤い公園」とかも見たな。今の若い子たちは実に健全な、運動会みたいなノリでライブ…

濱口竜介監督「ドライブ・マイ・カー」3139本目

<結末にふれています> カウチ映画派の私が2日続けて映画館に通うとは。何としてもすぐ見たい作品が続く幸せをかみしめています。 村上春樹のほうは、「ドライブ・マイ・カー」を2015年に読んでました。ヤツメウナギとか、不愛想な若い女性ドライバーとか、…

崔洋一 監督「血と骨」3138本目

ビートたけしが立ちすくむビジュアルを見ると、やくざ映画かなーたくさん人が死ぬのかなーと思うけど、実話だし家族の物語なので、暴力は多いけど殺人は(あまり)起こりません。どこの国のどの下町にもいてもおかしくない、荒くれものの物語。家族は辛いよ…