映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ベイリー・ウォルシュ 監督「スプリングスティーン&アイ」2951本目

これ実はずっと見たかったんだけど、レンタルにもVODにも一切出てこないので、とうとう買ってしまいました。(英語版だったわ)

ブルース・スプリングスティーンといえば「カセットテープ・ダイアリー」で懐かしく思い出した人も多いかも。この映画は2013年なので、時系列でいうとこっちがずっと古い。これは、「私とスプリングスティーン」という題目でファンがボスを語る動画を集めたもの(スプリングスティーンのライブ映像もある)なので、まさに「カセットテープダイアリー」…と思って、インド系のファンもいるかなと思ったら映りませんでした。

製作総指揮がリドリー・スコット。日本では1日だけしか上映されなかったらしく、その後レンタルもなく販売しかされてないので、見た人少ないだろう。

今見ると彼って、ヒュー・ジャックマンみたいだな。たくましくてイノセントな感じが。悩み、憧れ、愛し、絶望し、ひたすら汗水たらして働く青春の歌を歌い続けていて少しも嘘が感じられない。世界中のどの国にもいる、地に足の着いた男だ。彼は自分だ、彼の歌は自分の歌だ、と思う人たちに愛され続けてる。そういうファンたちの言葉が、なんとも繊細なんだ。なんということのない店や公的施設を3日間定点観測した「ドキュメント72時間」っていうドキュメンタリー番組をよく見るんだけど、いつも最後なんだか泣きそうになる。この作品も、ファンのひとりひとりの人生の一番感じやすい部分を見せてもらったようで泣きそうになってしまった。彼らがずっと、普通に、幸せに、いてくれますように。私もがんばる。

スプリングスティーン & アイ【DVD/日本語字幕付】