映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

監督「人数の町」3179本目

設定が面白いので見たかったやつ。でも、落としどころをどうするのかなと思ってたら、やっぱり今一つ落としきれてない結末だったかな、と思います。

出ように出られない謎の音楽~ノイズ~割れるような頭痛は、孫悟空の「キンコジュ」みたいだな。私たちはしょせん、お釈迦様の手の平の上で自由を謳歌しているに過ぎないのかもね…。

映像経験は豊富だけど長編映画は初めての方の脚本・監督だそうなので、この作品の次に、さらにキレのある設定で思いがけない作品を作ってくれるといいなと思います。

人数の町

人数の町

  • 中村倫也
Amazon