映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

渡辺一貴 監督「岸辺露伴ルーヴルへ行く」3769本目

「世界で最も黒い黒」って、実際に追求している人たちがいるのだ。むかし三鷹光器という会社を取材したとき、スペースシャトルに搭載する望遠鏡の内側に、彼らが開発した、炭を使った塗料を塗ると、完全な漆黒に近い闇を作ることができて、宇宙の光をもれなくキャッチできる・・・か何か。でもそれと、心底おそろしい「サトゥリヌス」などを含むゴヤの「黒い絵」や中野京子「怖い絵」を連想させる絵画を結び付けたのが新鮮。ジョジョはほとんど読んだことないけど、面白い感覚の人だなぁ。

ぼーっとテレビを見てたら「動かない」シリーズ9作目をやっててちょっと気になったので、まずこれを見てみます。(ドラマの他の回も見てみよう)

NHKドラマ→映画化。ルーヴル。荒木飛呂彦。なんかつながってくるな。この人NHKの「日曜美術館」に何度も出てるんですよ。よっぽど美術好きなのかと思ってたけど、このシリーズでも関係性があったんだな。NHKは4Kでルーヴルの内部を撮ったりして以前から縁があるので、やりやすかったんじゃないだろうか。

そしてこの映画は、「スパイの妻」と同様、まずNHK(4K)で先行放送してからの劇場公開か。そうするとこれはNHK番組の二次使用(多分同一ではなくほんの少しどこか変えてある)という形で二次使用料が入るし、そもそも製作委員会にエンタメ系の関連団体「NHKエンタープライズ」が入っていて実質そこが映画版も製作しているので、この作品ではだいぶ副次収入が上がっただろうな。このお金は、不払いも多い受信料を補って番組制作の原資になるし、TVドラマのままではいくら面白いものを作っても海外で見てくれる層が薄いので、このやり方は私は賛成です。

さて,、中身の話。ドラマ9話、毒ばっかり食べさすイタリアンやアワビ密漁の話はなかなかテンポよくて面白かったけど、この映画はちょっと間が多いですね。ちゃんと(いい意味で)おおげさな演出なんだけど、なぜかTV版より没入感がうすい・・・。題材のせいもあるだろうけど、うちのテレビは全体的に画面が暗くて細部が良く見えないのだ・・・。テーマは面白いけど、毒料理のほうがエンタメ性高かったかな。

ドラマシリーズも見てみます。