映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

稲垣浩 監督「無法松の一生」3437本目

これ、過去(2015年)一度テレビでやったのを見て「感動した」とか書いてた私。稲垣監督の作品を見たのは過去にそれ1本だけ。三船敏郎がメキシコ映画「価値ある男」の主役に抜擢されたきっかけになったのがこの映画と聞いたので、じゅずつなぎ方式で再見してみます。

映像はカラー。高峰秀子はそろそろ、若くない主婦といった役どころも務める年代(同じ年に「張込み」に出ています)。映画界を早く引退したけど、エッセイを長いこと読んでたので同時代の人と思えるんだけど、三船敏郎は1997年に亡くなっているし、カラー作品をあまり見ていないので、違う時代の映画人ふたりが主役、という印象がちょっとあります。

無法松はとにかく純真で、若いころが乱暴なだけにそこからの改心、一途に良子を思い、小太郎を息子のように可愛がる彼に胸が痛みます。最後はもうフランダースの犬のネロ少年のようです。もっと言うと忠犬ハチ公です。なんという美しい普遍的な物語でしょう。でも心の奥底にチクっとする部分がある。そこではアンクル・トム的な黒人観にも近い「身分の差を乗り越えようなどと大それたことを考えない者こそ美しい」という道徳観が強くて、2022年の私には、松五郎個人の(そして良子個人の)愛を貫くほうが人間の本分なんじゃないか、という風にも感じられてちょっと複雑なのです。

この映画を見たメキシコの映画人たちが三船を主役にして映画を撮った、ということは、やはり「価値ある男」アニマス・トルハーノは「根は純真な男」という設定なんだろうな。

三船敏郎のなかの純真な部分が最大限に発揮された美しい映画でした。やっぱり名作。

無法松の一生

 

ウィリアム・ディターレ 監督「ゾラの生涯」3436本目

ポランスキーの「オフィサー・アンド・スパイ」を見たので、これも見てみます。あっちは2022年の公開されたばかりの新作だけど、これは1937年の作品。ワーナーブラザーズが作ったアメリカ映画です。

1894年のドレフュス事件を知らなかった(に限らず世界の歴史すべてにうとい)ので、彼を熱く擁護したゾラを知って、彼の側からこの事件を見てみたいと思います。

ディターレ監督って知らないなぁと思ってよく見たら、ディートリッヒ様の「キスメット」の監督でした。

内容は、「ライター・アンド・スパイ」と呼びたくなるくらいドレフュス事件のドレフュスに関わる部分に割く時間が長いし、ポランスキー版はリメイクかなと思うくらい、その部分に関しては映像に既視感があります。広場に集まった大衆の前で任を解かれ、上官が彼の軍服の徽章をちぎり取る場面とか。そこでゾラは大衆に紛れて柵の外から覗き込んでるだけ。・・・それくらい、この事件に関わったことがゾラの生涯において重大なことだったってことですね。

それでも主役はゾラ。彼はドレフュスを救って自分は判決を聞かずに亡くなり、ドレフュスは軍に戻って長生きします。ゾラはこの事件に関わったことで殺害されたという見方もあるようで、この文豪にとっては人生を左右した大事件です。一方、この後に起こった第二次大戦でホロコーストを生き延びたポランスキーから見れば、事件の主役はゾラではなくてドレフュスでなければならないのかもしれません。

映画って、弱気を助ける正義の人が主役になりがちだけど、正義の人が登場する前に踏みつけになった人は忘れられてしまう。死んでもエンドロールに俳優の名前も出てこなかったりする。

見終わって改めて、「オフィサー&スパイ」のほうが、「ゾラの生涯」のアナザーストーリーだったんだな・・・と思うのでした。

ゾラの生涯(字幕版)

 

川島雄三監督「暖簾」3435本目

川島雄三監督の作品は、人間が生きてて、完全な善人も完全な悪人もいない。みんなどこかズルくて、どこか可愛い。ふつうの人たちがワイドショーを見ることも、ネットで悪口を書くこともなかった時代。

戦後かつ”高度成長期”前夜の1958年(原作は1957年)。恋愛をあきらめて、戦争で長男を失っても台風ですべてを失っても守り抜こうとするのは、昆布問屋の「暖簾」。山崎豊子が実家の昆布問屋を舞台に書いた、おそらくリアリティのある作品です。

「家」とか「会社」とか「暖簾」とか。「女に金を借りたら末代までの恥」とか。日本人は昔から建前を大事にしすぎて途中からそっちが本気になってしまって、自分たちの人間的なたのしみを後回しにしたり、陰で楽しむようになってしまったのかな。

それにしても役者がそろってます。森繁と仲良くしてるのは、「鬼婆」じゃなくて「100万ドルのエクボ」の頃の可憐な乙羽信子。森繁にいい縁談が来たので身を引き、結婚したのはしっかり者の山田五十鈴。二人を引き合わせた中村鴈次郎、山茶花究、中村メイコ・・・。

戦後は、年老いた父と、戦地から生きて戻ってきたダメなほうの息子(少年時代は頭師佳孝)の二役を森繁が演じます。娘がひとりいるので、山崎豊子を反映した役は彼女なんだろうな。

DVDにの特典映像のなかに、”メイキング”というか、この映画を撮影していたときの様子をとったプライベートフィルムが収録されていて、川島雄三監督の姿をかなりしっかりと見ることができます。やせた若い男。出演者にくっつくようにして、上目づかいで見ながら指示を出すちょっとギョロ目の、ゆがんだ笑いを口元に浮かべた男。・・・作品を見てると、酸いも甘いも知り尽くした老成した監督、きっと中年以上の穏やかな人だろう・・・などとイメージしてしまうけど、逆と言っていいような容貌と雰囲気です。この若造(このときは)の弟子が今村昌平ってのもすごい話で、にわかに信じられない気がします。人間って外見からは何もわからないんだな、と改めて思ったりするのでした。

リチャード・クワイン 監督「パリで一緒に」3434本目

見始めるとすぐ、冒頭がすごく豪華。パリの高級ホテルのプールサイドで、おっさんたちが美女にかしづかれている。エキストラがものすごく多い。やたらとお金がかかってる。石油王の道楽か?利益が出すぎた会社が税金対策のために作ったのか?

この頃のアメリカ人のフランスに対する憧れってすごいですね。「パリ」がつく有名な映画だけで何本あるだろう?アメリカと違うのはわかるけど、何がそんなに大人気だったのか。今アメリカでパリに憧れてる人なんていないんじゃないのかしら?

脚本家が主役の映画って、製作者が期待するほど、見てる人は楽しめないのだ。玄人受けなのだ。一番のスペクタクルはたぶん頭の中の出来事だから、それが映画になってからの方が面白い。

映画全体の印象は・・・なぜか長澤まさみが浮かんできた。「コンフィデンスマン」みたいに、リアルじゃない豪華さをわざとらしく楽しむ映画。それにしては、ほとんど二人だけの間でストーリーが進むので(劇中映画の中でさえ)、こんなに豪華なのに、脚本をカンヅメで書いているホテルの一室にずっと閉じこもってる閉塞感が続く。

結末は最初からわかってるような映画だけど、オードリー・ヘップバーンはとにかく今回も可愛くて美しい。こんな心の人間に生まれたかった・・・(見た目以前の心持ちが違いすぎる)

遊園地に行って一番人気のアトラクションに入ったら、めまぐるしくて疲れちゃった・・・というふうな映画でした。もっと若かったらするっと入り込んで楽しめたかなぁ~

パリで一緒に

パリで一緒に

  • ウィリアム・ホールデン
Amazon

 

是枝裕和監督「ベイビー・ブローカー」3433本目

<ネタバレあります、注意>

面白かったけど、何だろ、この「普通な感じ」・・・。私より先に見た人たちはどう感じたんだろう?

是枝作品を見たときの、胸が苦しくなるような感じがなくて、さらさら見られた。全体的に俳優たちがとても嬉しそうに演じてたからかな。その高揚感はいい作品を作る現場にはとても必要なものだと思うけど、「万引き家族」の場合はそういう高揚感そのものが強すぎて違和感があって、その違和感が映画の肝だった。つまり、本当は他人どうしの万引き集団なのに理想の家族で、本来平和なはずの家の外の世界には残酷さしかない、という辛さ。でもこの映画は、疑似家族の5人の幸福感と、警官たち、赤ちゃんを欲する家族たち、売春あっせんをするおばちゃん、全関係者の幸福度に違いが感じられなかった。

日本で作ったら、イ・ジウンの役は松岡茉優なのかな。彼女ならもっと痛々しく、憎々しく演じたかな・・・なんて想像してしまうのはよくないけど。イ・ジウン、すごく良かったんだけど、見終わってみたら、彼女の中に赤ちゃんの父を刺す必然性を思い出せなかった。誰かに当たることがあるとしても、自分のほうが傷ついてしまう優しい女性だと感じた。どろどろの、真っ黒な、憎しみが、彼女にはない。彼女のナイフでは人は殺せない。死なない。

ソン・ガンホはあまりにもいつものソン・ガンホで、はまり役だったけど、最後にうまいこと姿を隠すのは、それまでのうかつな彼にしてはうまくやりすぎかな?それじゃ「パラサイト」の結末だ。是枝監督っぽくない、と私は思ってしまう。

ペ・ドゥナって大好きで、今回もとてもいいなと思って見てたんだけど、見終わってみたら今ひとつ、どういう性格だったか印象に残ってない。

私の感受性がにぶくなったのかな。もう一度見ないとダメかな。うーむ。

 

 

ジェラール・クラウジック 監督「WASABI」3432本目

たまたまテレビで見た。そういえばこんな映画あった。

全体的に、おもしろくも新しくもないのが残念。ちっともリュック・ベッソンっぽくない。彼が自分で「レオン」の焼き直し版を作りたいと思うわけがない。日本の誰かが「お金を出すからこの女の子で『レオン』みたいな映画作ってよ。PUFFYの歌もどっかで流して」って依頼したのが見え見えだ。

当時の広末涼子の人気はすごかった。すごく爽やかで可愛くて、男性にも女性にも、大人にも子供にも人気があった。大学に入ったけど群衆に囲まれて通えなかったって話とか覚えてる。・・・そんな、芸能界にもてはやされて、もてあそばれてた若い女性の姿がこの映画に残ってる、という気がする。彼女の役柄は「母を失った悲しみをこらえて明るくふるまう女性」だと思うけど、自分の芯を見つめて役作りをして、そういう機微を表現する余裕もなく、ただくるくる回ってるみたいだ。ほかの映画では胸に来る演技をしてる人なのに。

ジャン・レノのダンス・ダンス・レボリューション(笑)も、皿に山盛りのWASABIをクリームみたいに食べるのも、銃で人を撃っても捕まらない東京も、全員がフランス語に堪能であるかのような空港も(英語だってこれほど喋れる人は多くないのに)、全体が面白かったり斬新だったりしたら、もっと楽しいんだけどね。

ミシェル・ゴンドリー監督「僕らのミライへ逆回転」3431本目

2008年なので、14年も前の作品。ミシェル・ゴンドリー監督って好きでほとんど見てるんだけど、これはVOD配信されてないのでDVDで。2015年以来新作がないのかな。英語のWikipediaによると、その後も短編やミュージックビデオは撮ってるようだけど。独特なポップで美しい映像を長編映画でもまた見せてほしいです。

さて。この作品はアメリカ映画だしジャック・ブラックが出ていて、メジャー感があります。しかしVHSの磁気がダメになって映像が消えて、コンテンツを”スウェーデン版として”作り直すなんて、誰が思いついたんだろう(笑)。

キャストが豪華で、ミア・ファロー、シガニー・ウィーヴァー・・・なんと私の大好きだったキッド・クレオールまで出てる!(エンドロールでは本名のオーガスタ・ダーネル)ライバルの、DVDやBlu-rayを置いてるレンタル店の店員だ。うわぁ・・・今も元気で音楽をやってると何かで見たけど、いいおじいさんになったな・・・。

ジャック・ブラックの演技はいつもちょっと”やりすぎ感”がある。これがアメリカではイケてるのかな・・・。顔をあらかじめ反転コピーしておいてから、反転モードで撮影して「これで夜だ!」、とかは好きだけど。マシュマロマンのウィッカーマン(笑)も好き。自主製作のくだりは全部楽しい。普通のレンタル料だけで、ビデオ屋が自分で作ったパロディビデオを借りられるんだったら、その方がいいよね!

ところで、ファッツ・ドミノやキャブ・キャロウェイは知ってたけど、ファッツ・ウォーラーを知らなかったので、そこだけ架空なのかと思ってたら実在しました。