映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

篠原利恵 監督「裏ゾッキ」3196本目

表のほうの「ゾッキ」を見たあと、「裏」も楽しみにしてました。

蒲郡、めちゃくちゃ協力的というか大歓迎だな…。東京とまるで逆だ。こんなに地味な作品なのに(笑)市長こんなにがんばっちゃって大丈夫なんでしょうか(笑)

蒲郡、ほんと静かな田舎町だな…。原作者の大橋裕之(姿を見るのも初めてだ)はこんな風景のなかで暮らしてきて、そんなところで起こったり、思いついたり、想像したり、恐れたりすることが、いかに面白いか。「面白くない人はいない」というのが私の持論だけど、「ゾッキ」はまさにそんな作品です。

空気が固まっているような静かな田舎町に、一瞬だけ都会から竜巻が訪れて、その後また静かな日常に戻る。…という事件が、「裏」ではそのまま取り上げられていて、とても面白い。

「ゾッキ」を見て蒲郡に憧れて来る人はほとんどいないと思うけど(斎藤工が危惧していたような、そういう映画だから)、ロケ現場として使おうと思う監督はこの先ちょいちょい出てくると思う。ロケって迷惑もかけるから、嫌がる町も多いと思うので。

強烈なキャラクター「伴くん」「牧田」の映画のなかの姿とリアルな姿のギャップも面白い。(斎藤工監督のこのキャスティング、最高)

松井玲奈がこの役をやったのも、すごすぎると思ってたけど、メイキングを見ると彼女の根性というか覚悟(芸能に携わる人としての)に感動しますね。

ほんとに…人って面白いな。表と裏、両方見てそう思います。ちなみに、この映画にかぎっては、裏(メイキング)を先に見るのもいいんじゃないかなと思いました。蒲郡のみなさん、すごくいい映画なんだけど、ご当地お菓子がバカ売れするような作品じゃなくてごめんね。(なんで私が謝る)

裏ゾッキ

裏ゾッキ

  • 蒲郡市の皆さん
Amazon

 

ハンナ・オルソン監督「ラスト・クルーズ」3195本目<KINENOTE未掲載>

コロナウイルス感染拡大の初期に横浜に寄港して、大きな話題になったあのダイヤモンド・プリンセス号の中にいた人たちの撮りだめた動画と体験談による、生々しいドキュメンタリーです。これすごく見たかった。2020年が明けて春に向かうころ、ニュースを見ながら、大きくて立派な船に密閉された人たちのことを考えると胸が痛みました。みんな降ろしてあげて、どこか広々としたところに連れて行ってあげられないのか?…とか。

あの時期、まだコロナへの対処の仕方はどんな専門家にもよくわかっていなかった。その中で、乗客も不安だし、乗員はもっと不安だし、対応する人たちも不安だよね。もう船には一生乗らないと思った人も多いだろう。

不安が密閉されているのは嫌だ。というのは外部の野次馬の私の身勝手さかもしれないけど、このドキュメンタリーを撮ってくれた人がいて、あの時のことを語ってくれた当時の乗員・乗客がいたことに感謝します。

ハワード・ジーフ監督「プライベート・ベンジャミン」3194本目

この映画も今、見る人いないだろうな…

その後のメグ・ライアンやキャメロン・ディアス、リース・ウィザースプーンとかに続くラブコメの女王として、ゴールディ・ホーンの名前は知ってたけど、若い頃の映画を見たことがなかったので、ずっと見ようと思ってたんですよ。私が見たいものをどんどん「見放題」で出してくれるU-NEXTが好き…。

「プライベート・ベンジャミン」のプライベートは「プライベート・ライアン」と同様、一~二等兵という肩書なんですね。

ゴールディ・ホーンって顔が小さくて目が大きくてちょい離れ気味…浜崎あゆみとか安達祐実みたいな顔立ちだなぁ。結婚相手の男のパーマの強さ、ほとんどパンチパーマのようです。そして、思い余って赴く軍隊のリクルートオフィスの男は、どこかで見たことがあるような気がすると思ったら、あの渋いハリー・ディーン・スタントンじゃないですか!こんなラブコメに出てたんだ。(出番は1回だけですが、なかなかしたたかな印象)

作られた年代は、ベトナム戦争も朝鮮戦争も終わり、湾岸戦争等々が始まる前の1980年という、比較的軍隊がのんびりしていたと思われる時代。そうでもないと、こんな生ぬるい軍隊映画作れないよな…。まるで「スチュワーデス物語」のようです。

ゴールディ・ホーンは2000年以降はほとんど映画に出てないようだけど、「あの頃ペニー・レインと」の素敵なケイト・ハドソンは娘なんだよなぁ。

すごく単純に楽しめました。割といい出来の、80年代の連続ドラマみたいな感じで…。結末にふれますが、条件のいい結婚を振り切って軍隊に戻る彼女は、「アナ雪」を先取りしていたかも…?な~んてね。

 

ニック・エベリング 監督「デニス・ホッパー/狂気の旅路」3193本目

キューブリック関連で「愛された男」「魅せられた男」というドキュメンタリーがあるように、デニス・ホッパーにも彼のドキュメンタリーを語る右腕がいたんですね。その名はサティヤ・デ・ラ・マニトウ。友人でありながら私設秘書みたいな役割をやってたようです。

デニス・ホッパーってイカれててヤバいおじさん、と認識しているのは「ブルー・ベルベット」で彼を知った世代だからだろうな。「イージーライダー」はずっと後に知ったけど、中年でヤバい彼も、すっごくチャーミングでした。彼はどの写真でも映像でも、とにかく、なんかいいんですよね。美形とか二枚目とかじゃなくて、人を惹きつけるものがある。説明しづらいけど、彼の周囲にいたいという人が大勢いたのがなんとなく共感できてしまう。

ジャンキーでダメで、カンがよくてユニーク。ある程度の年齢になってくると、立派でカッコ良くて、たくさんの人を助けた人より、憎めなくてつい助けてしまうような人のほうがえらい気がしてくる。後者のほうが、人々の愛情や笑顔を喚起できるから。長くても短くても、一生なんてせいぜい数年から100年くらいなんだから、何かに夢中になったり感動したりできる時間を、できるだけたくさん持てるといいと思う。

批判的に見られることも多いけど、やっぱりチャーミングなおじさんでした。彼のいいところを思い出させてくれて、ありがとうサティヤ。

「ホドロフスキーのラストムービー」見てみたかったな…。(注:デニス・ホッパー監督作品の中でとても出来がよくないと私が思っている作品なのですが、あのホドロフスキー監督が編集したバージョンが存在するらしい)

 

キャリー・ジョージ・フクナガ監督「トゥルー・ディテクティブ シーズン1」3192本目<KINENOTE未掲載>

U-NEXTで配信されているのを、つい見始めてしまった。

第1シリーズの監督はキャリー・ジョージ・フクナガ。「闇の列車、光の旅」、そして今をときめく「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の監督。このシリーズ面白いもんな~。抜擢されるよな~。

今日半分くらい見て、残りは明日…と思ったら大失敗!ちょうど真ん中のところで大どんでん返しが起こります。それまでも面白いけど、犯人探しがあっけなくて、ふーんと思っていた矢先。そのまま見続けて、丸一日をこのシリーズに費やすしかないのでした。

マシュー・マコノヒーは徹底的な役作りの手練れだけど、相棒役のウディ・ハレルソン(よく見る)も、私生活はなかなかの曲者みたいだな。クセの強いこの作品の主役としてふさわしい。

何が潜んでいるかわからないルイジアナの湿地帯へ突き進んでいく二人の探偵、途中で見るのをやめられない構成のうまさでやられました。(見終わったら、それほどの衝撃ではなかったような…)

シーズン2は来週見ることにして、いったんビデオをオフにしよう、これでは他のことが何も手に着かない…。

 

トレイ・エドワード・シュルツ 監督「イット・カムズ・アット・ナイト」3191本目

<以下、ネタがバレているかどうか不明>

ふーむ。わかったようなわからないような。

コロナというより黒死病のような怖い病気が流行っていて、それを避けて山小屋にこもった家族もお祖父さんを葬らざるを得なかった。でも外の人々は誰もマスクしてないのはなんでだろう?なんでマスクしてない人たちを家の中に入れちゃうんだろう。

昼間は出歩いてもいいけど、夜は絶対密閉しないとダメというのも、仕組みがよくわからないな。それは黒死病そのものではなくて、それを介在する生物なのかな。結局、少年は自分はドアを開けてないと言い張ったけど本当は開けてしまい、その病気に感染していたけど、その父は客人たちを疑って銃を向けた。

少年も長くは持たないだろうし、残された父と母はもう何も持たない。短い作品は長々とした作品より好きだけど、この作品はもうちょっと時間をかけて、ふくらませてほしかった気もしました。

 

スコット・Z・バーンズ監督「ザ・レポート」3190本目<KINENOTE未掲載>

監督は「不都合な真実」の製作に携わった社会派で、話題の「コンテイジョン」や最新の「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の脚本を書いた実力派。実際、スリリングだけどしっかりとした構成。アダム・ドライバーが演じてるからというのもあるだろうけど、重厚感があります。議員やその周辺の人たちが、みょうに乾いた感じで政治の表も裏も知り尽くしていながら、できることなら国家を健全に保とうとしているのが、実際多分こんな感じなんだろうなと思わせます。誰もこぶしをふりあげたりしない。かといって安易に長いものに巻かれるわけでもない。自分がつぶされない限り、突破口を見つけたいと思っている。

CIA怖いなやっぱり。

ザ・レポート

ザ・レポート

  • アダム・ドライヴァー
Amazon