映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ポール・サルツマン 監督「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」3509本目

邦題のうち「インド」だけ日本語。デヴィッド・リンチが製作総指揮なので超越瞑想のPRっぽいのかなと思ったら、その色は弱めな印象でした。

これより後に作られた「ビートルズとインド」というよく似たタイトルのドキュメンタリーがU-NEXTで配信中で、そっちを先に見ました。アジョイ・ボーズというインド人が監督した、ビートルズと英国およびインドのインド系の人々との交流、特にジョージ・ハリスンとインド音楽とのつながりについて、インドからの視点で描いたまとまりのある作品でした。こちらでもビートルズのリシケシュでの生活に詳しく触れてる上、インド系であるという共通点以外はバラバラの人物が次々に現れて証言するので、立体的にビートルズとインドのつながりが浮かび上がっていた気がします。ボーズ監督版には、在りし日のリシケシュ合宿所の白黒映像と現在の廃墟との対比もあって、さすがインド人が撮るとインドに関する情報が正確かつ精緻なのでした。

私はたまたま、最初に買ったビートルズのレコードが「ホワイトアルバム」(カットアウト盤が売られててお得だと思ったから)だし、超越瞑想もやったことのあるゴリゴリのジャイグルデヴ野郎だけど、サルツマン版はちょっと薄いなと思います。

瞑想にはいろいろな方式があるし、目指すものもそれぞれで、どれがどれより良いとか優れてるというものではないと思うし、もうやり方ほとんど忘れてしまったけど、お金や名誉や孤独や悲しみや、いろいろな心の揺らぎを楽にして達観するためには効果的だと思います。もはやビートルズはこの作品においては「きっかけ」くらいのもので、インド文化の西洋での伝播という映画を2本見たような気分ですね・・・。

いつかインド行きたいな。デリー・アグラ・ジャイプールという初心者コースしか行かないままだったけど、遠い将来(まだ元気だったら)日本の家を引き払ってしばらく暮らしてみたい。

(この2作品でミア・ファローの姿を確認した後で「フォロー・ミー」を見ると、彼女のキャラクター設定がクリアにわかるような気がするな)

グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン監督「ハートストーン」3508本目

先日見た「ニトラム」を思い出しながら見ます。アイスランドもタスマニア島も、欧米社会のなかでは辺境中の辺境。人種差別や女性差別といった、世界の他の地域でテーマになりがちなものではなく、ムラ社会のなかで孤立していく同じ属性の人々の中の「違い」がもたらす軋轢が、この2つの作品では取り上げられています。

「ここは退屈迎えに来て」とか「リバーズ・エッジ」とか「海炭市叙景」とか・・・邦画に限らず韓国映画にもアメリカ映画にも、ムラ社会から逃げ出したいのに出ていけない人たちの闇を描いた作品があって、そういう作品と共通する暗さがこの作品にもある。

アイスランドでは今も、男の子の苗字はすべて父親のファーストネームに「ソン」をつけたもので、女の子の苗字は同様に「ドッティル」をつけたもの。他の北欧諸国では廃れた、姓だけで性別がわかる慣習が残る小さな国の辺境の村で、クリスチャンというファーストネームの男の子が、どんな風に思い詰めていくか。。。(アイスランドでは2010年から同性パートナーシップを認めたりしてるらしいけど、どうなんだろね)

感想を読むと、「醜いカサゴ」が象徴するものについて考察している方が多いですね。きっとその通りなんだろうな。しかし・・・「さかなのこ」の後にこれを見ると、「旨いのに!唐揚げにして!食べてみて!」という気持ちしか起こらない・・・。(カサゴの上品な美味に気づいて珍重するようになるというアナザーストーリーを作った場合、同性愛者の意味はこれによってどう象徴されるんだろう)すいません最後こんな話で締めちゃって。

ハートストーン(字幕版)

ハートストーン(字幕版)

  • バルドル・エイナルソン
Amazon

 

マーティン・スコセッシ監督「カジノ」3507本目

面白かったなー。ロバート・デ・ニーロの腹の座った演技、ジョー・ペシのインチキな軽さ、シャロン・ストーンの壊れた美しさ・・・。3時間近くの長尺を飽きさせずに見せてくれます。

ただ、多分みんな思っただろうけど、なんとなく既視感があって新しい感じはない。デニーロとジョー・ペシは、何度も会ったことのあるマフィアで、今度はカジノやってるのか、という何かの映画の続編のような気持ち。シャロン・ストーンは綺麗だし、徐々に壊れていく様子がリアルで、すごく惹きつけられます、が、彼女が悪い美女であるという設定もなんとなく既視感がある。カジノの経営者やマフィアが金にまみれて堕ちていくというストーリーも、少しも新しい感じはしない。

なので、3時間を引っ張っていくのはひとえに製作者と演技者の技能で、そこが素晴らしいのだと思います。

設定も出演者も的を射ているのに、既視感のために、多分今あえてこの作品を見る人って少ないんじゃないかな。U-NEXTでの公開が今月末で終わるので急いで見てみてよかったです。

音楽もすごいね。ストーンズはともかく、DEVOの斬新すぎたSatisfactionを狂気の場面に使うなんて、他のどの監督にもできなかっただろうなぁ。

カジノ (字幕版)

カジノ (字幕版)

  • ロバート・デ・ニーロ
Amazon

 

エドガー・ライト監督「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」3506本目

面白かった!

おバカコメディなんだけど、大変テンポが良くて、笑える以上の充実感があります。さすがのエドガー・ライトなんだけど、なによりサイモン・ペッグがいるだけで可笑しい。それに、名前を知らないイギリスのおじさんおばさん俳優たちの演技のうまさ。BBCミステリーとか見ても、本当にみんな上手くて、犯人が当てられないのに、判明したときの納得感も大きいんですよね。そういう大ベテランたちが、ばかばかしい演技を嬉々としてやっていて、隙のない仕上がりです。

そして今回も音楽がツボ。キンクスのヴィレッジ・グリーンから始まり、最後はスーパーグラスの「ファズ」。私が聴いてた時代のブリティッシュ・ロックてんこ盛りでありがとうって感じです。(カーディガンズの「ラブフール」も懐かしかったね)

 

ラウル・ペック監督「私はあなたのニグロではない」3505本目

これはアメリカだけのことじゃないし、黒人だけのことじゃない。世界中に長い歴史があるし、日本でも、移民に対する暴力の歴史は長い。(※語り手に対して、「アメリカの黒人の経験は特殊じゃない」と物申す意図ではありません、他人ごとではない、自分のこととして受け留めようという気持ちです)

人は自分が威嚇された、おびやかされた、と思って差別し、攻撃する。差別し、攻撃している人たちの多くは被害者意識を強く持ってるんじゃないかと思う。

アメリカの黒人たちは、はるか昔に連れてこられた人たちで、いくらアメリカが嫌でも祖国に帰るっていう選択肢がないんだよね。自分のことを考えると、日本に働きに来ている人たちが虐待されたりしないよう、自分にできることをもっとよく調べてみようと思いました。こういう作品を見てしまうと、何もしないでいることで加担しているような罪悪感が強くなる・・・。

私はあなたのニグロではない(字幕版)

私はあなたのニグロではない(字幕版)

  • サミュエル・L・ジャクソン
Amazon

 

ジャン・リュック・ゴダール 監督「女と男のいる舗道」3504本目

追悼ひとりゴダール特集。U-NEXTにある未見の作品を古い順に。

昨日みた「小さな兵隊」は私が苦手な観念的社会的な要素が多めだったけど、映画初出演のアンナ・カリーナを「あーこの美少女に堕ちたのねゴダールは。なるほど」と思いながら見られたのはよかったです。

冒頭はアンナ・カリーナの逆光の横顔~真正面から見た顔~の上にタイトルロールが重なる。途中音が完全に途切れる箇所がいくつもあって、ネット接続の問題かと思ったけどちゃんと秒数カウントは進んでいく。私としては、ゴダールの作品は、こういう謎にスタイリッシュな美女たちの映像をじっと眺めていられたらそれだけでいいかも。

ナナという名の娼婦って、エミール・ゾラの「ナナ」の影響だよねきっと。そして、ポスターとかに使われている、いつになく切なそうなアンナ・カリーナの画面いっぱいの写真は、「裁かるるジャンヌ」を見ていたときの表情だったんだね。

ゴダールの社会派の部分には興味を惹かれないんだけど、彼のフェミニスト(なのか。でなければ何と呼べばいいのか)の部分のあり方にすごく興味がある。何が彼に美女を追わせるのか。社会ほどに彼を夢中にさせる「女」って何なのか。

この作品はタイトルからして私が好きなほうの「女性がテーマの作品」といえるかもしれないけど、哲学を語る人たちもいるし、「女」に対する「愛憎」の「憎」もあふれてるような。引き続きほかの作品も見てみます。

女と男のいる舗道(字幕版)

 

ジャン・リュック・ゴダール監督「小さな兵隊」3503本目

追悼ゴダール監督。

見た作品もけっこうあるのに、見てない作品が山になってる。多作すぎる。

長い長いフィルムグラフィを見て初めて「中国女」や「東風」といったYMOの有名楽曲のタイトルが彼の作品から来てると気づく。(作詞してたクリス・モスデルの趣味かな)育ちのいいゴダールと幼い頃に苦労したトリュフォーの対立は、ローリング・ストーンズとビートルズみたいな感じに受け取られたんだろうか。(簡略化しすぎですみません)

しかし内容は私にはよくわかりませんでした。ゴダール作品の多くはこんな感じだ。「勝手にしやがれ」の次の作品なので、シンプルでスタイリッシュなのかしらと期待したけど、昔の東大の学生運動家が作った作品みたいな感じだった。(三島由紀夫に一蹴されるかんじの)社会派といっても地を這うように事実をかき集める人じゃないから、ゴダールって。美少女がスパイとか、怪盗ルビィみたいじゃない?

小さな兵隊 [Blu-ray]

小さな兵隊 [Blu-ray]

  • アンナ・カリーナ
Amazon