映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

J.A.バヨナ 監督「永遠のこどもたち」2601本目

よくできた映画でした。このラテン的情緒、現実と怪奇やファンタジーに垣根がない感じがすごく、なんというか、体質に合うんですよ。

<ネタバレあり>

よくあるミステリアスな映画みたいに始まるけど(※私はその手は総じて好き)、坊やの宝探しゲームが「リアル脱出ゲーム」みたいによくできてたり、ソーシャルワーカーを名乗るベニグナに(母の妄想の存在でも、母が錯乱して殺したのでもなく)街で再会する(そして突然事故にあってしまう!ショッキング!)あたりから、妄想の世界から現実に引き戻されます。

霊媒師アウローラ、見たことあるなーと思ったら、ジェラルディン・チャップリンだ。この人、達者だなぁ。この存在感、ミステリアスなたたずまい。この役をほかの人がやっていたら、これほどの説得力はなくて、この映画はもっと安っぽくて、うさんくさいものになったかもしれません。映画の芯を彼女が作ってるのだ。スペイン語も普通に話していて違和感ないし。

母を演じたのは「海を飛ぶ夢」でハビエル・バルデムの協力者を演じた人だ。少しだけ暗さがあるけど、まっすぐ目を開いて見つめる感じが凛としていて素敵です。

2度目の宝探しも、スペイン語の「だるまさんがころんだ」もスリリングだなぁ!ちょっと「パラサイト」かよ?というような秘密の部屋…ぐるぐる回りながら霊たちを追い払おうとする母。…半年もたってるんだよ。いるわけないじゃん。。。

幼くして亡くなった子供たちの、可愛いままの霊がなんとも切ないです。

ギレルモ・デル・トロの世界なんだよなぁ、この、可愛くて怖い子供たちの世界。残酷だけど愛にあふれていて、独特の味わいが後を引きます。かなり好きな世界でした。 

永遠のこどもたち (字幕版)

永遠のこどもたち (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」2600本目

超大人気シリーズでありながら、ずっと下町のロケで制作してるイメージが強くて、冒頭からけっこう豪華な海賊船のセットが現れて「意外とお金かけてんなー!」。マンネリを避け、ヒットのごほうびとしてもこういう趣向にしてみたのかもしれません。

寅さんシリーズは私が小さい頃、お父さんは好きだけど私はあんまり~、私が見たいのは怪獣映画やスターウォーズなの~、と横目で見て育ってきたシリーズなので、いまさら自分で借りてきて見るのは妙に感慨深いです。

この映画は、名作の誉れ高い15作目、浅丘ルリ子が二回目のマドンナ出演です。懐かしいような、まぶしいような日本家屋。浅丘ルリ子って声がいいなぁ…まばたきするとバッサバッサ音しそうな付けまつげだな…ちょっとやせすぎでないかね…(など、いろいろ)

小さい頃は人の情感があまりわからないガキで、天才バカボンや寅さんの機微がむしろうるさく思えたものでしたが、今は懐かしさが勝ちますね。

ふと冷静になって見返してみると、この映画には日々のストレスをいろんな風に流してくれる要因が詰まってますね。ほとんどの人がこの頃は家族や家、仕事に縛られて一生同じところ、同じ人間関係の中で終わるしかなかったと思われます。そこに「フーテン」の寅さんは風のように戻ってきて、人間関係が濃密になりかけるとまたふっと出ていく。浅丘ルリ子と結婚して家に住むのが不満だとでもいうのか、と昔は思ったけど、やっと家にいついて美人で気立てのいい奥さんをもらって堅気の生活を始めて、皆にほめられて羨まれるのなんて、…いいことってなかなか窮屈ですよね。

こんな風な「日常の風穴」のような存在…コメディアンでも歌手でもいいのですが、そういう人がどんどん減ってきている気がします。「スター」と普通の人の距離が縮まってくるのもいいけど、手をのばしてもぜったいに届かない寅さん、普段の生活が想像できない渥美清、そんな人の存在って日本に欠かせないものだったのかも、という気がしています。

 

ポール・ヴァーホーベン 監督「ルドガー・ハウアー危険な愛」2599本目

この監督の作品見たことないかも…と思ってフィルムグラフィーを見たら、たくさん見てました。1990年代に「トータル・リコール」とか「氷の微笑」とかも見たし、最近(といっても4年前か)もイザベル・ユペールの「エル」を見たわ。なかなかケレン味のある、様式美好きでバイオレントだけど下品にならないエロスと暴力の監督、というイメージを描きながらこの映画を見てみます。1972年制作ということは、今までに見たどの映画よりもずっと昔。ルドガー・ハウアー、わりとごついけど美青年だなぁ。

なんかめちゃくちゃに女という女をひっかけまくってるけど、今や私はルドガー・ハウアーの繊細さを知っている。きっとこれだけでは終わらず、彼の深い情緒がこのあと描かれるに違いない…。

彼女は自動車事故で頭を強く打ってからだんだん正常な状態を保てなくなったのか?それとも、事故は結婚してた頃?どちらにしても、やがて赤毛のカツラも要らない状態…つまり亡くなってしまったのね。

なかなか構成がややこしい映画なんだけど、DVDに入ってる解説を見てわかったのが、この映画は彼が彼女を失ったところから始まってたということ。これは奔放なルドガー・ハウアーの映画ではなくて、愛する女を失った芸術家がさまよう映画でした。やっぱり繊細だったんだわ!ルドガー・ハウアーも、彼をアルター・エゴとして使っていると言われるヴァーホーベン監督自身も。

不思議だな、愛する人を失って喪失感でいっぱいなのに、彼女を殺す想像をするなんて。 でも、激しい性愛と暴力っていうテーマがこの監督には最初から一貫してたんだなぁ。

ルトガー・ハウアー 危険な愛 [DVD]

ルトガー・ハウアー 危険な愛 [DVD]

  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD
 

 

佐藤二朗監督「memo」 2598本目

「裏のままー、裏のままー、裏のままー」試験開始まで答案用紙をそのままにしとけ、という先生の指示がうるさい、なんでそんなに何回も言うんだ、と思ったことがあったのを100年ぶりくらいに思い出した。こういうギャグって嫌いじゃないです。佐藤二朗のTwitterはあんまりピンとこなくてすぐフォローやめちゃったけど、同じギャグを違う俳優さんたちが演じると、違和感があってちょっと面白い。

強迫性障害かぁ、言われてみるとなるほどという気もします。このおかしさ、”気にしすぎてちょっと変”という面白さなんだよな。

佐藤二朗は登場シーンからずっと、隙間なく喋り続けるのですが、これが強迫性障害ならウディ・アレンも間違いなく同じ状態にあると思う。

「おじさん」が明るいし可笑しいから大丈夫か?というと、不安も感じてたんだけど、<以下ここからネタバレ>自分がモデルなのにあっけなく悲しい末路でした。そこからどうエンディングに持っていくのかというと、めいの韓英恵の病気が軽快して何かつきものが落ちたようになっていく、という終わり方でした。監督は自分を殺して少女を救おうとしたのか、それとも病気の自分と決別して少女のほうに同化していったのか。

不思議な面白みがあって、私はこの映画嫌いじゃないです。

明るくてふわっとして可愛い女の子たちと違って涼し気な韓英恵が美しかった。高岡早紀、白石美帆、と、監督の好みなんでしょうか、きれいで可愛らしい女優さんたちが華を添えていたのも、あったかい雰囲気になるポイントだったかもしれません。

memo [DVD]

memo [DVD]

  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: DVD
 

 

篠原哲雄 監督「影踏み」2597本目

<ネタバレと言われるんだろうか>

なんで双子と双子じゃないとダメなんだろう。現実に双子のいる(いた)人が因縁で出会う確率ってどれくらいあるんだろう。1~2歳違いの兄弟ではダメな理由がこの映画ではまったく見えなかった。見た目がほぼ同一である必要性もない。これ、作ったら見た人が感動するってほんとにみんな思ったのかなぁ?それぞれの人間関係の必然性が何も見えないし(現実ってそんなもんなのかもしれないとしても)、ただ並べた映画って感じだった。

山崎まさよし主演ときいて不安になったけど、相手が尾野真千子なら見てみようかなと思った。でも、オノマチの演技がいくら良くても、大竹しのぶが逆上する母をいくらうまく演じても、むしろ浮いてしまう。

双子という設定と山崎まさよしを生かすなら、昔話みたいなファンタジーにぐっと寄せてくれた方がよかった。ミステリーとしては成立しきれてないし、人間ドラマを本気で描こうとしてるとは思えない。

ずいぶん辛口になってしまったけど、やっぱり山崎まさよし主演の映画とは相性が悪いみたいです…。

影踏み

影踏み

  • 発売日: 2020/04/27
  • メディア: Prime Video
 

 

ホウ・シャオシェン 監督「冬冬の夏休み」2596本目

冬冬って名前は冬生まれなのかな。その子の夏休みのお話なんだ。

トントンとティンティン。お兄ちゃんはしっかりしてて妹は幼くて可愛い。見てるだけで顔がほころびます。

卒業式から始まるんだけど、授業とかの思い出をひとつひとつ読み上げていくのって、日本と同じだな。(これに他の生徒たちが声を合わせて「うんどーかい」とか唱和するのは多分日本だけ…このあいだ「チコちゃんに叱られる」でやってたな)

ほかのレビュアーのみなさんも書いてるけど、ほんとに懐かしい。子どもたちの感じが自分の小さいころと同じ。私が初めて台湾に行ったのは1997年あたりだと思うけど、台北の女性たちはまだパーマが強くて日本人と区別がついた。今はまったく区別付かないです、東京も台北もソウルも。この映画が撮られた1984年頃、東京はバブルまっただなかだから、大人の女性の風貌はその当時の日本よりちょっと昔ふうだったんだろうな。

しかし美しい北京語ですね。私が中国語を第二外国語として選んだ1984年頃に作られた映画だそうですが、熱心な学生じゃなかったし当時は全然知らなかったなぁ。

プレステの「ぼくのなつやすみ」は2000年。「菊次郎の夏」は1999年。直接関係はないかもしれないけど描いてる世界は同じ。もっというと「フェリーニのアマルコルド」だって「父パードレ・パドローネ」だって似たようなもんだ。男は古今東西みんな少年時代を懐かしむ。(女は?こうやって見ると懐かしいけど、あまり後ろは見ないんじゃないかな、女は…?)でもこの映画は、これが自分の映画だったらいいのに、と思うくらいなんだか大切な愛しいものを見た感じがしますね。終始、淡々としてるところが、自分の経験みたいで事実っぽくていいんだろうな。

 

 

 

デヴィッド・エアー監督 「スーサイド・スクワット」2595本目

ホアキン・フェニックスの「ジョーカー」は置いとくとして、「ハーレイ・クイン」を見る前にこれを見ておこうかなと思って借りました。小粒な映画かと思ってたけど、意外と面白いですね。全体的な暗さがゴッサム・シティらしくて味があります。「エンチャントレス」の謎の存在感とか、見入っちゃいますね。感動の人間ドラマばっかりじゃなくて、新鮮な映像で楽しませてくれる映画も好き。

ウィル・スミス昔よりめちゃくちゃ細いね。マーゴット・ロビーはこの頃からいいなぁ。幅広いよね。ジャレッド・レトのジョーカーはマリリン・マンソンの弟?って雰囲気でちょっと線が細いけど異常な感じがして面白い。等々、マーベルvsDCコミックス、どちらもヒーロー(だか悪役だか)総出で盛り上げてくれるわけですね。

マーベルの底のない明るさがまぶしすぎる日には、ゴッサムシティもいい。梅雨時にはこっちが合うかもね…。

スーサイド・スクワッド(字幕版)

スーサイド・スクワッド(字幕版)

  • 発売日: 2016/11/23
  • メディア: Prime Video