映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ビリー・ワイルダー監督「お熱いのがお好き」2936本目

タイトルがいいですよね。Some like it hot、ホットを好む人もいる(コーヒーか?)、を「お熱いのがお好き」と変えるだけで、マリリン・モンローの色っぽい表情まで浮かんできます。実際は「86度のコーヒーを出したそうだな」っていうところから、熱いコーヒーはお酒って意味なのかなぁ?

禁酒法時代を描いた映画ってたくさんあるし好きでよく見てますが、これはまだその時代の記憶もなまなましい人たちが制作や出演をしてますから、きっとかなりリアルなはず。多分小さい頃に見たっきりだったのを、やっと見直そうと思います。

 マリリン・モンローは「可愛いくてちょっとユルい美女」ですが、一人で男性の目を集める、マレーネ・ディートリッヒが演じてたような絶対的な存在ではなく楽団に花を添える歌手で、主役はジャック・レモンとトニー・カーティスですね。大富豪を演じたジョー・E・ブラウンの「カ~ッ」と口をあけて笑うのが好きだ…。しまいに自分の正体をばらすジャック・レモンに「あなたとは結婚できない…なぜなら男だから」と言われて「人間は誰も完全じゃないよ」で済ますあたり。バイセクシュアルだったのか…?まいっか、という感じで終わります。

面白いし楽しいけど、「名画」って感じはしない。この映画がずっと高く評価されてるのは、とろけるようにセクシーなマリリンの姿が堪能できるから…じゃないかなぁ。

お熱いのがお好き(特別編) [DVD]

お熱いのがお好き(特別編) [DVD]

  • 発売日: 2012/08/03
  • メディア: DVD
 

 

ルキノ・ヴィスコンティ監督「郵便配達は二度ベルを鳴らす」2935本目

リメイクを2本ともだいぶ前に見たあとなので、楽しめるか不安だったけど、イタリアの野性味あふれるジーノと彫りの深いジョヴァンナ、小太りの夫、というキャラクターがわかりやすくチャーミングで、すぐに物語に入り込んでいけます。

家庭でくすぶってる主婦がはじける作品って、欧米には第二次大戦前~戦後にたくさんあったけど、日本では戦後に少しあっただけでその前もその後もあまり見ない気がします。いまは世界中の女性たちがガラスの天井の存在に気づかずに、はじけられないのは自分のせいだと思ってくすぶってるのかな。スマホのゲームや手軽な浮気でもしてつまらない憂さ晴らしをしてんだろうか。

というのも、この映画を見てると野村芳太郎監督の「張込み」とか思い出しちゃうわけですよ。あの映画で高峰秀子が演じた地味な妻の倦怠感は忘れられません。男についていく以外に生きていく方法がなかった時代と今は違うので、はじけるにしろ地味に生きるにしろ、一人でいるという選択肢ができたんだな。

映画に戻ると、この作品ではジョヴァンナは駆け落ち未遂ですぐに家に戻ってしまい、ジーノは無賃乗車した列車に乗り合わせて料金を立て替えてくれえた旅芸人と同行するとか、ジーノが他の女性に目移りするとか、これ以外の映画化作品にないエピソードが追加されています。起訴されて弁護士が保険会社と手を打って無罪、というくだりは原作にあるらしいので、このバージョンはその辺をごっそり削除してかなりアレンジを加えてるんですね。ジョヴァンナとジーノの情熱的な愛の物語になっています。(郵便配達も、郵便配達について話す場面も出てきません)だから「張込み」思い出しちゃうんだな。自分が女性だからか、危険な男に惹かれる生活に倦んだ女の熱情というのが怖いし、だからこそ目が離せません。

これがデビュー作というヴィスコンティ、さすがの説得力、このあとの活躍の片鱗がうかがえますね。特に倦んだ人間の感情の高ぶりっていう複雑で難しいテーマを描くのはかなりのもので、この間見た「家族の肖像」といった作品にもずっと連なっていくものだなぁと思いました。

 

塚原あゆ子 監督「コーヒーが冷めないうちに」2948本目

たまには、気楽に見られそうな邦画も見てみる。

リアリティゼロのファンタジーでありながら、最後の最後に教訓めいたことまでキャストたちに言わせてしまう…わかりやすさを極めようとする日本の映像作品のひとつの典型かもしれません。

喫茶店とコーヒーとタイムスリップものが好きだし、出演者に好感が持てる人が多い(嫌いな俳優ってあんまりいないけど)ので、しんみりというより安心してご飯作りながら見られました。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

  • 発売日: 2019/03/08
  • メディア: Prime Video
 

 

ペトリ・ルーッカイネン 監督「365日のシンプル・ライフ」2947本目

裸(文字通り)からのスタートで、倉庫から1日1個だけ物を出してくる、という生活を極寒の地ヘルシンキで丸1年間やるなんて、体中けむくじゃらの動物でもなければ無理でしょう!でもこれドキュメンタリーですね。実際やったんですね。

私は「何も持たない生活」にすごく憧れているのですが、この映画は徹底的にものを減らすことが目的ではなくて、いったんリセットして重要な順に並べ替えてみよう、という感じですね。前の彼女と別れてからこの生活に入り、新しい彼女ができて、また必要なものが増えていくという、一人の26歳の青年の四季をたどったさわやかな作品でした。

私の断捨離のお手本には、あんまりならなかったかな…。

365日のシンプルライフ(字幕版)

365日のシンプルライフ(字幕版)

  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: Prime Video
 

 

ロビン・ハーディ監督「ウィッカーマン」2946本目

<ネタバレあります、2006年版まで。これから見る人は読まないほうがいいかも>

「ミッドサマー」、ニコラス・ケイジが主演の2006年版と見てきたので、当然これも見なければですよね。2006年版は作りがアメリカ的で、ストーリーの説得力を補強していますが、こっちはスコットランドの牧歌的な雰囲気がまた違った趣きです。

2006年版では主役が流されやすいニコラス・ケイジ、彼は警官である以前に島の女性の元カレ。生贄になりそう(と彼が思っている)のは”実は彼の娘”という前提を作って彼の保護本能をあおる。ワシントン州の小さな島の人たちは一見オープンだけど、アメリカにも狂信的な教義を信じ切ってる人たちっているから、その一種にも見える。

1973年オリジナルでは警官は非常に厳格な雰囲気の典型的な英国紳士ふうで、島とは何のゆかりもないけど職業倫理だけで島に調査に訪れる。当人は布教者のようなキリスト教信者で、最後まで踏み絵を拒んだ「沈黙」の神父の様相を呈する。 1973年版の”異教”は男根信仰で、そこだけ見ると日本の山奥の神社にもありそうに思えてくるな…。

どちらの作品も、本土から来た男は「入ってくるな」と最初は拒絶され、立ち去ることを求められるんだけど、1973年版は警官の職業倫理をくすぐる罠、2006年版は元カノへの強い未練で放っておけない気持ちを利用した罠(結局どっちも罠)。

今回はストーリーをかなりよく知った上で見たけど、初見だったらこっちの方が「警官がまさか生贄」というのが予測できなくて恐怖だったかもしれません。真面目で堅物な雰囲気のエドワード・ウッドワードの渾身の演技、神父みたいなよく通る声が悲壮感を強めます。

この映画はアイデア勝負の一発目で映画愛好者を驚愕させてくれたけど、その後だんだんイマジネーションがふくらんでいって、いま現在「ミッドサマー」まで来た、という進化の軌跡をたどるのも興味深い。

島民たちの祭りがあまりに明るくて牧歌的なのでイメージしづらいけど、横溝正史や江戸川乱歩が日本の山奥の村を描いたような作品のほうが先なんじゃないか、という気もしました。

「バーニングマン」に本当に生物を入れるのはやめて木枠だけ燃やしましょうよ、世界じゅうの異教徒のみなさん…。

ウィッカーマン [Blu-ray]

ウィッカーマン [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ジョナサン・デミ監督「ストップ・メイキング・センス」2945本目

VODは、前に見てその後も心に残ってた作品を、DVD借りるよりずっと気楽にもう一度見たりできるのがいいです。5年前にこの作品を見たとき、「賢そうでスカした奴ら」と思っていたトーキング・ヘッズをすっかり好きになってしまったので、もう一度見てみたかった。今見てもなんかオシャレでセンスがいいですよね。5年前にAppleっぽいって書いたけど、GAFAのエグゼクティブみたいにミニマルだと今は感じる。2010年代のバンドって言われても違和感ない。(1984年なのに)無駄がないのって大事だな…。(最近自分の若い頃の写真を見て、変なパーマとか短すぎる刈り上げとか派手な色とか不思議な形の服とか、どうしてもっとスタンダードな身なりで写真を撮っておかなかったのか後悔したばかり)

ビジュアルは最高にクールだし音楽もシンプルでファンキー。かなり良いのですが、今回は歌詞にも少しは注目してみよう。…なんか、ウディ・アレンのセリフかマインドフルネスについて書いた本の文章みたいだ。どちらもニューヨーク的。前提にはウディ・アレン的な都会の神経衰弱があり、そこから無駄を捨ててアフリカン・ビートにのって解放されることへ向かったのが彼らってことなのかな。ティナ・ウェイマウスのベースライン本当に斬新ですごい。自分でこのバンドを定義するって意思がはっきり感じられる、バンドに加入した時はベース弾いたことなかったのに。

おそるべき普遍性。古さを感じさせないどころか、今も最先端あたりにいるようにしか見えない。 とりあえず私はゴテゴテした服を断捨離しよう…

ストップ・メイキング・センス(字幕版)

ストップ・メイキング・センス(字幕版)

  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: Prime Video
 

 

 

クロード・オータン・ララ監督「赤と黒」2944本目

昔「ひとりジェラール・フィリップ特集」をやったときに見たけど、この間宝塚版を見たので改めて比較のために見てみます。今度はデジタル・リマスター版。

完全無欠の王子様キャラが実在した!と初めて見たときに驚きましたが、今は同じくらいパフスリーブの似合うティモシー・シャラメがいますからね。いずれアヤメかカキツバタ、少女マンガや宝塚に親和性が高い二人。

(無料期間がまだ1週間残ってるのにもう36本目)

記憶通り、ジュリヤン(発音は「ジュリアン」より「ジュリヤン」が近いですね)は最初から野心家で計算高い。宝塚版(ジュリアンを玉城りょう、レナール夫人を美園さくら)は昔からやってるそうですが、これほど主役が悪人なのに清く正しい宝塚でやっていいのか?と思ったくらい悪い男。宝塚版では、かなり原作や映画に忠実な内容なのに、美しく繊細なジュリアンになんとなく共感する部分があったのが不思議だなと感じ、改めて見たジェラール・フィリップ版でも今回は不思議と、彼の「悪さ」が人間らしさと同義にも思えてくるのでした。

3時間もあるけど、展開は早く、絞首台を前にした彼の半生を走馬灯のようにおさらいしているようで退屈しませんでした。僧衣にも軍服にもなりきれず、自分の野心に翻弄されながら女たちを愛した…。これが貴族だったら普通だったんでしょうね。

この不思議な納得感、これが名作たるゆえんなんだろうなぁ。

赤と黒 デジタル・リマスター版(字幕版)

赤と黒 デジタル・リマスター版(字幕版)

  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: Prime Video