映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

フリッツ・ラング監督「真人間」3473本目

強烈にアクの強いタイトルだけど、原題は「You and Me」と強烈にシンプル(笑)。でもストーリーを知ると、「お互い様」という意味に見えてきて、含蓄のある原題でもあります。これも主役はか弱げなシルヴィア・シドニー。(この人88歳まで生きてティム・バートンの映画にも出たんだそうな。ティム・バートン、好きそう)

シルヴィア・シドニーって、アマンダ・セイフライドにちょっと似てるかな。大家の夫婦に実の娘みたいに可愛がられる、天真爛漫な女性。

二人の「新婚旅行」が、各国料理食べ歩きってのが、なんとも可愛い。ヘレン(シルヴィア・シドニー)がイタリア料理店でスパゲティの食べ方を知らず、細かく麺を切って食べて注意されるのも可愛い。アメリカ人にもそんな時代があったんだなぁ。。。

<以下ネタバレあります>

天使のようなヘレンも”前科者”だというのがピンとこなくて、気づくのに時間がかかってしまった。彼女の罪状は何だったんだろう?(言ってたかもしれないけど)そのことを知った彼は彼女を赦さない(彼女は彼を受け入れてるのに)というのが、自分から告白しなかったという事情があるにしろ、なんとも時代がかかっていますね・・・。

そして大団円に向けて、清純きわまりないヘレンが、悪党の親玉がどれほどピンハネするか、クマちゃんとアヒルちゃんで飾った黒板で、幼稚園の先生みたいに計算してみせるくだり。天使だったシルヴィア・シドニーが賢い幼稚園の先生かマフィアの親玉?に見えてきます。まるで白雪姫と大勢の小人ギャングたちです。彼女の演技力も大したものだけど、こういうヒネリが・・・。そういえば冒頭にのんきな歌もしばらく流れてた。Eテレ幼児番組かよ!

「映画監督に著作権はない」でラングはこの映画でコミカルに教育を行うことを意図したと言ってます。(マジEテレだった)シェイクスピアの悲劇にも必ず喜劇的側面があり、自分もそれを目指した、と。意外だなぁ。

この作品、あまりにもあまりにハッピーエンドすぎて脱力したけど、ヘレン先生の「わるいことはやめよう」教室にウケたので、やっぱり好きです。

真人間(字幕版)

真人間(字幕版)

  • シルヴィア・シドニー
Amazon

 

フリッツ・ラング監督「激怒」3472本目

1936年、ラング監督のアメリカ第一作。彼の作品は、ドイツのもアメリカのも、カメラワークにキレがあって、ヒッチコックの胃に来るストレスとは違うスリルを感じさせてくれるから好きです。わくわく。

シルヴィア・シドニーは「暗黒街の弾痕」と「サボタージュ」に出てたのか。可愛らしく弱弱しげな容貌でありながら、気丈にふるまう女性をいつも演じている感じ。スペンサー・トレイシーはこのとき36歳、私が見たことのある彼の作品よりずっと古い、かなり若いころの作品です。

母の結婚指輪の内側の名前を彫り足して彼にプレゼントする場面があります。「おみやげ」「記念品」のことをmementoと言うらしいけど、momentumとmementoを混同して、彼はmementumとこの語をつづったので、たとえ新聞の文字の切り貼りでも、これが彼だと彼女にはわかってしまう。

スペンサー・トレイシーが、不器用な好青年から復讐に燃える男に変わっていき、”激怒”を胸に抱えたまま出頭する演技が素晴らしいです。

これってUSの国会議事堂襲撃事件とか思い出しますね。彼らは義憤に駆られたというより、日ごろの不満のはけ口をそこに見出しただけ。放火までしない例ならそんじょそこらにうじゃうじゃある。この映画が普遍的なのが悲しい。この映画では22人が特定され、映像まで残ってる。でもジョーは生きていた。彼の無実がこの時点で確定していたから、彼がボールを持っている状態になってるわけです。ここがすごい。可哀そうな無実の男、というより、復讐で心が燃え上がっている男はどう判断するか?というテーマなのがすごいよ。だからフリッツ・ラングが好きなのだ。

(追記)

リンチで「わらの犬」、犬の復讐で「ジョン・ウィック」を思い出しつつ、今ちょうど「映画監督に著作権はない」を読みながら1本ずつ見ているのでラング自身の言葉を参照してます。これはマンキーウィッツにとっても初の作品だったんだな。そして監督は「最後のキスシーンはひどかった。男の心情の吐露で終わるべきだった」という。確かにあの場面だけメロドラマっぽかったな。ラングが最初、黒人男性が白人女性をレイプしてリンチに遭う話を考えたとか、黒人がリンチの話をラジオで聞いている場面をいくつか入れたけど全部カットされたなどの逸話も。でもハリウッド的修正が入ったことはマイナスだけでもなくて、主役を弁護士でなく「ジョン・ドウ」、ごく普通の男にしたのは正解だったと思います。

激怒 [DVD]

激怒 [DVD]

  • スペンサー・トレイシー
Amazon

 

細田守監督「竜とそばかすの姫」3471本目

もののけ姫みたいな世界を予想してたので、いきなり仮想空間でびっくり。”姫”の”そばかす”は、AIで生成されたモデルだったってことなのね。ベルの歌声は、合唱団の超絶うまいソリストみたいに、お行儀がよくて整ってる感じがする。現実世界ではめちゃくちゃ内気な彼女の歌声が、一夜にして世界じゅうで飛び交うのって、「ヒャダX体育のワンルームミュージック」などを見るようになった私には(TikTokとかやってないけど)リアルに感じられる。

ベル/すずの声と歌をやっている中村佳穂という人は、すごい声の持ち主だな。普通っぽいというより、ベルのように感情が高ぶった話し方とかしない人なんじゃないかな、いまひとつしっくりこないところがあった。ドラマにするとどうしても主人公の気質は激しくなりがち。

一番ぐっときたのは、バーチャル世界のなかで”大衆”だった人たちが歌いだして、彼女をあがめていた人もばかにしていた人も、声を一つにしたところだな。合唱っていいな、と思った。今は人の考えが細分化して、自分と同じだと思える人がものすごく少なくなってる時代だと思う。考えが何であれ、理解もなにもしなくていいから、ただ声を合わせて歌うのって、コミュニティが力を取り戻す上で得がたいものなんじゃないか。

強い歌の力をもってしても、たとえば悪霊を追い払えるのか、不運を払しょくできるのか、というのは別の次元の問題だと思っていて、子どもが子どもを大人から救いに行くのはちょっとむごすぎると思う。前を向き続けることは大事だけど、全戦全勝できるという幻想を持たせてはいけないのだ。厳しいのはこれから。

一番の違和感は、やっぱり、主人公の声優自身が歌以外のところで役になり切れてないところだな。一体感があれば、いいとか悪いとか、映画全体についてとやかく言いやすいんだけど、評価するのが難しい作品でした。

 

マイケル・パウエル監督「黒水仙」3470本目

ジャン・ルノアール監督の「河」を見て、同じ原作者のこの映画も見てみたくなりました。マイケル・パウエルは「赤い靴」の監督か。そしてこの作品も、「河」と同様、インドのイギリス人が主人公。

山あいの”宮殿”はブータンのタクツァン寺院みたいだし、そこの人々はインドじゃなくて中国かチベット系に見える。主人公デボラ・カー尼はがこの異教の地に遣わされたのは、信仰を求めるのではなく、教育を施してもらおうという地元の領主の思惑によるものだった。らしい。

異国にいる無垢なイギリス女性たちが、唯一の母国男性に執着するという図は、年齢や国籍が違うけど「河」と同じだ。で、「黒水仙」のほうはさらに、「白い肌の異常な夜」「ビガイルド」(同じ映画だけど)も思い起こさせます。尼僧たちは市井の誰よりも、異性への執着を棄ててそこに来たはずなのに。

タイトルの「黒水仙」は黒いナルシス(「オルフェ」に対する「黒いオルフェ」みたいに)と考えると、タイトルが表すのは現地の王子のことかと思うんだけど、彼の役どころはそれほど大きくないような。尼僧たちの信仰をおびやかす英国男性を演じるのは、アンソニー・クインみたいな野性味あふれるデヴィッド・ファラー。なんでわざと短パンだけ、上半身裸で女の園に現れるんだ。

映画は結末に向かってホラー映画のような様相になっていくんだけど、時間を引き延ばしたように進みがのろくなるのが、なんとも大げさ。。。でも、カキワリ感はあるとはいえ、鐘を鳴らす修道女たちのもみ合いの特撮はなかなかスリリング。インドでロケをしなかったって本当?撮影技術の変遷を見る上でも重要な作品だと思います。

それから、英語のWikipediaで読んだんだけど、この映画が公開されたのはちょうどインドが独立した時期らしく、エンディングの敗北感はその撤退にも重なるとのこと。なるほどです。

黒水仙(吹替版)

黒水仙(吹替版)

  • デボラ・カー
Amazon

 

ジャン・ルノワール監督「河」3469本目

サムネイルがインド女性なので、サタジット・レイ監督のノンフィクション的なドラマだと思っていたら、ジャン・ルノワール監督!普通のイギリス少女ヴァレリー、美少女ハリエット、インドとの混血の少女メラニーの3人のインドでの生活をつづる映画です。

ヴァレリーの雰囲気がローラに似てるからか、彼女の視点からのナレーションで開拓者の日常を語るからか、まったく舞台が違うのに「大草原の小さな家」を思い出します。つまり、海外領土でのイギリス人の生活をつづったものではあるけど、あくまでも普通の少女の物語。主役のヴァレリーを演じたエイドリアン・コリだけはその後俳優を続けたのね。この映画でも演技に魂が入ってる感じがします。(・・・えっ「時計じかけ」でひどいめにあう作家の妻がこの人!)

それにしてもインドでの彼らは自由だ。若い男と子羊のような少女たちが好きなように振舞ったり、危険なコブラをもてあそぶ坊やが放置されていたり。昔はイギリス家庭もおおらかだったのか、インドの暑さがそうさせるのか。

若いイギリス人、ジョン大尉へみんなが持ったほのかな恋心は、3人の少女たちと大尉の楽しい時間を最後には壊してしまう。見ていて胸がキュッと痛みますね・・・。これは「幼少期の終わり」を描いた普遍的な作品だったのね。

ジャン・ルノワール監督の作品では叙情的な「ピクニック」がある一方で、大人の複雑な世界を描いた「ゲームの規則」「大いなる幻影」もある。でも「大いなる幻影」でも私は「登場人物がみんないい人」という感想を書いている。(9年前に見たので詳しく覚えてない)他にもたくさん作品があるけど、これを見た後は同じ原作者の「黒水仙」を見たくなるな・・・。

河(字幕版)

河(字幕版)

  • パトリシア・ウォルターズ
Amazon

 

カルロス・サウラ監督「ブニュエル ソロモン王の秘宝」3468本目

ブニュエルがタイトルにあるけど、監督でもプロデュースでもないし出演もしてない。どんな映画なんだろう。ビジュアルは明らかにサルバトール・ダリだし。

そもそも「ソロモンの秘宝」って何だろう。常識だったら恥ずかしいけど、ググったところ、「モーセがエジプトで奴隷だったユダヤ人を開放したときに、ユダヤ人たちが”約束の地”に運び出した秘宝」らしい。検索結果の多くが「秘宝は日本にあった!」というネタだったりして、これは史実ではなく伝説とか神話のたぐいだということがわかります。日本でいえば信長の財宝とか「邪馬台国はここにあった」系だ。やばいなぁ、ブニュエルともダリとも関係ないじゃないか。(ロルカは読んだことはないので、よくわかりません、すみません)

ダリがガラや自分自身以外のなにか、特に秘宝に興味を持つと思えないし、ブニュエルが映画にするなら「秘宝を追い求めるブルジョワジーたちのあいまいな愉しみ」みたいな皮肉たっぷりな作品になるだろうし、ロルカは・・・(知らない) つまり私の認識と全くズレてる、なんだかイケてないマッチングのように思える。冒険家とかオカルト好きな人たちが青筋立てて秘宝を探す映画なら、共感しながら楽しめそうだけど。

この映画ってたぶん、スペイン人ならだれでも知ってる国民的アーティストたちを結び付けてみたパロディ的な作品なのかな。日本でいえば「黒澤明と岡本太郎と三島由紀夫が邪馬台国を探したら」でしょうか。”もしドラ”みたいになってきましたが「探さねえよ!」と一蹴されて終わりそうな気配もあります。そういうパロディを面白いと思うかどうかは別にして、スペイン人の一般常識を共有してない私は、この映画を味わうスタート地点にも立ててないのでしょう。

最後はSFっぽくなったけど、この3人に「インディ・ジョーンズ」をやらせるのはやっぱり、黒澤×太郎×三島で編隊を組むのと同じくらい無茶だと思ってしまうのでした。

 

 

溝口健二 監督「愛怨峡」3467本目

タイトルを「愛怨」まで入力してKINENOTEで検索したら、同じ頃に「愛怨」がタイトルに含まれる作品が他にもいくつかヒットした。昭和初期の流行語か?どういう時代だったんだろう。愛怨、愛と怨みのはざまが「愛怨峡」ですかね。

冒頭、クレジットと「昭和12年キネマ旬報日本映画ベストテン第3位」の表示の後から本編が始まると、タイトルは「峡怨愛」と右から左。雑音がひどいけど、ちゃんとトーキーです。

けっこう昔の映画も見てたつもりだったけど、主演の山路ふみ子の出演作品は、これが初めて。この人すごいなぁ。まず声がすごくいい。強く明るい、通る声だ。何があっても明るく強く生きていく、この映画の「おふみ」にぴったり。鈍感とかおバカさんというより、深い諦念あっての開き直りみたいな「しぶとさ」が感じられて頼もしい。舞台上で演じる漫才の、堂に入ったことといったら。漫談あり、三味線とアコーディオンの演奏あり、この頃の芸人さんは1組がずいぶん長い時間演じてたんだな。

トルストイの「復活」の翻案とKINENOTEの解説にあるけど、「愛怨」と「復活」という言葉はずいぶん違うよな。

ストーリーは古今東西どこにでもある、ぼんぼんと身分の低い女性との恋愛で、男は成長せず、女はぐんぐん強くなっていく。普遍的だから古く感じないという以上に、なぜか、一周まわって現代的に感じられる。山路ふみ子のたくましさが、自立した現代女性に見えるからかな。

とてもいい映画だったけど、なんといっても見づらい、聞きづらい。何かの基金で4Kリストアとかしてくれたらなぁ。

ところで浦部粂子はどこに出てたんだろう。このとき35歳だけど、おふみの母かな・・・?

愛怨峡

愛怨峡

  • 山路ふみ子
Amazon