映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

春本雄二郎監督「由宇子の天秤」3173本目

<すこしネタバレあります>

面白かった。すごい力作だった。

瀧内公美が主役の社会ものと聞いて気になっていた上、私がいつも拝読しているレビュアーの皆さんが軒並みすごい点をつけているのを見て、行ってきました。ミニシアターエイドでもらった「未来チケット」で行ったユーロスペース、9割は埋まってて大盛況。

内容は、東海テレビが制作してドキュメンタリー界隈を沸かせた「さよならテレビ」を思い出しますね。あの作品の、次に来るべくして来たもの、という感じ。春本監督はきっとテレビ出身の人だなと思って経歴を見たら、実際そのようです。でなければあんなにリアルに、局の人に細かくお伺い立てたりナレーションつままれたりする様子は描けない気がします。

ドキュメンタリー作品を見て「恣意的にまとめすぎ」と批判的な感想を書くことが最近多いのですが(特にマイケル・ムーア作品)、それに加えて、ドキュメンタリーに限らず、ドラマであれ何であれ、テレビは時間枠が厳密で狭いため、わかりやすさだけを抽出してそれ以外を捨てる傾向がすごく強いし、制作会社にとっては生存競争がし烈なため、生き残りをかけて誠実さをなおざりにする場面が多くなる。ネットで見た情報によると監督が「由宇子は自分だ」と言っていたというのもうなずけます。「さよならテレビ」は自嘲で終わったけど、その先には、仕事と自分を分けて都合よく自分を守っていた由宇子が、最後にやっと一瞬だけ、自分にカメラを向ける場面があります。やっぱり私は、テレビにしろ何にしろ、他人を撮って自分の作品として発表する人には、自分にも同じように厳しいカメラを向ける覚悟を持ち続けてほしいんですよ。

出演者についていうと、瀧内公美、よかったですね~。こういうディレクターいそう。男勝りで肝が据わってて、やり手でちょっと人たらしで。(わかりやすい演出をつけがちなディレクターの人たちには、この映画の彼女の演技を見て、ショックを受けたとき人は安易に眼を大きく見開いたりしないと認識してほしい。)中学生かしらと思ったくらい幼い演技がうまかった河合優実は、実はもう20歳。人はいいけど仕事も家事もまるでダメなその父を演じた梅田誠弘もなんかすごく良かった。久々に見た丘みつ子のうまさ、そして光石研の、どうしても悪い人に見えない感じ、他のキャストの方々も含めてみなさんハマってましたね。

由宇子は父の事件がなければ、富山に続いてしれっと局内の人間に成り代わり、委託先のナレーションをつまんだりしていたかもしれない。あるいは春本監督のように、テレビの小さくて窮屈な枠を出て、映画を撮り始めただろうか。

実をいうと、映画の見過ぎで心の汚れた私は、どっちの事件の犯人も実の父親ではないかと疑ったり、やけに綺麗な文字の遺書は本物かとか、由宇子がもっと悪に振れたりしないか、等々いろいろ頭の中がぐるぐるになっていました。もっと悪い監督(どういう監督だ)なら、最後みんな死んじゃうとか、どうにでも転べる選択肢があったと思うと、この映画の結末は優しく、この国もまだ捨てたもんじゃないと思えるほうだったんじゃないかなぁと思います。

次の作品にも期待してます。

想田和弘監督「Peace ピース」3172本目

ボランティアは手弁当なのだ。手弁当ということは、弁当も自分で作るし電車代も何も出ないのが普通と思われている、ということだ。どこの政府もきっと、ボランティアとかやる人はたっぷり年金をもらって時間を持て余している老人か、夫の稼ぎで働かなくても食べていける妻だと思ってるんだろう。わずかな補償では出費をまかなえないボランティアも多い。人は、善意の人の努力や忍耐に甘えるのだ。

年金の額も減り、時間のある人にお金がないのが普通になっていって、ボランティアができる人は多分減っていくだろう。何と呼ぼうと仕事なんだから、都道府県の最低時給くらいはなんとかならないんだろうか‥‥

という胸の痛くなる問題とは別に、猫たちと人間たちの表情、そこにはピースの箱も平和もある。この静けさに憧れる企業人も多いんじゃないかな。厳しい現実を知ったとしても。だけど普通は、追い立てられるように稼ぎまくる人生にも、平和ながらも貧しい人生にも、なにか解決するために動く人は多分多くない。前者と後者の行き来は、→の一方向だけ。そう考えると、NHKのドキュメンタリーに始まってフリーの映画制作を続けている想田監督も、BBCから独立したケン・ローチも、いたたまれない思いが他の人より強いんだろうな、と想像する。彼らが現場を捕らえて世界に発信することでしか解決に向かわない問題がたくさんあるので、→に向かったときの思いをずっと作品にし続けてほしいなと、勝手な一市民として思ってしまいます。

Peace [DVD]

Peace [DVD]

  • ドキュメンタリー映画
Amazon

 

ジガ・ヴェルトフ集団 監督「イタリアにおける闘争」3171本目

名義が違うけどゴダールが監督なんですって。パロディか何かのように、シリアスな顔をした学生風の女性が、新聞や雑誌の共産主義に関する文章を次々に読み上げる。「くたばれ観念論!」なんてセリフもあるけど、この映画が観念論そのもののような…。

で、映画としては、とても退屈で面白くないものになってしまいました。もっと退屈で、理屈に飢えてたら興味深く見られるんだろうか。そんな状態の自分を想像しづらいけど。

ピエール・デュシャン監督「ノーマ、世界を変える料理」 3170本目

日本で期間限定レストランをやったドキュメンタリーを見たので、これも見たくなりました。お父さんがマケドニアから移住してきたアルバニア系イスラム教徒なんですか。名前でも見た目でも北欧の人かと思ってた。この作品では差別を受けながら育ったことも語っています。今の成功にはいろんなものがベースにあったのね…。

料理人のドキュメンタリーも見るの好きだな。この間久々に、成り行きで懐石料理を食べたら、なんとなく、舌が鈍ったなと感じたのは(※コロナじゃないです)、前ほどいいものを食べなくなったし、家で適当な味付けしかしてないからかも。丁寧に作られたおいしいもの、たまには食べたいもんです。

さて、この映画ですが、日本に来た際のエピソードはお祭りみたいなものだったけど、後になって1位からの転落とかノロウィルスの事件とかを知ったのは、順番として良かったと思います。世界一のレストランって何が一番なんだろう。同じものを作ってシェフ対決をしてるわけじゃないのに、客観的な基準のない1位って。(オリンピック以外のあらゆるランキングは同じようなものかもしれないけど)

現地のノーマの予算は2万円くらいらしい。出張レストランはやっぱり高いんだな。ノーマがもし私の家からすごく近かったら、一生に一度くらいは思い切って予約を入れてみたい気がする。アリとか木のオイルとか、どんな味なんだろう、どんな風に美味しくするんだろう、でもやっぱり、「世界一」でなければ一生行かないままだと思う。そういうのが世界一という価値なのかな…。お邪魔にしかならない客かもしれないけど、もしデンマークの普通のおばちゃんが着飾って一生一度のごちそうを食べに来たら、ぜひ優しく迎えてあげてほしい気がします。

 

モーリス・デッカーズ監督「ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た」3169本目

世界一のレストラン、か…。憧れる気もするけど、ナイフとフォークも箸も上手に使えなくてマナーも適当だし、だいいち最高の味の最高さなんて私には多分わからないんだろうな。そんなすごい店が東京に一時開店してたことも知りませんでした。多分、お客さんは「金に糸目は付けない」人たちだったんだろうな。(過去の情報をググったら税サービス込で食事だけで一人4.9万、ワインペアリングつきで7.9万円くらいでした)

しかし店を閉めてスタッフ全員、50人で世界中に出かけるって面白いなぁ。まさか世界最高のレストランが、行かなくてもあっちから来てくれるなんて。映画の中でも言っているように、食材や調理環境がかなり違うから相当大変だろうに。

小さいキウイや生のシマエビはともかく、あん肝「節」とか、木のオイルとか花びらとか、食材と認識してなかったものも多くて、やっぱり味が想像できないものばっかりだったな…。でも、創意工夫の苦労がすごかった。芸術の一形態として、ここまで極端な「食」があってもいいと思う。

原題が「エビの上にアリ」ってのがわりと強烈だけど実際そういうの出してるし。白子のことをspermって言ってて、それだとあんまり食べたくないなと思った…(元々白子好きじゃないし)

築地らしき魚市場を案内してたの、山本益弘だったな…。

 

トビー・フーパー 監督「悪魔のいけにえ」3168本目

最近もうホラー映画が怖くない!とか言ってましたが、チープな作りで、一般人っぽい若者たちが見るからにヤバいヒッチハイカーを拾ってしまうところから始まるこの感じ、”トラウマ映画”にありがちな、「悪いこと言わないから見るの止めとけ」感がすごいです。設定がアウトですよね、顔に顔を張り付けた殺人鬼ですよ…レクター博士とか屋根裏の殺人鬼、「アングスト/不安」の彼のような、常人の想像の及ばない本物のサイコパス。自分以外の者の恐怖も不幸も何ともない、血の匂いや腐敗臭もへっちゃら、という人は生理的に怖いです。これをコメディにした「アダムス・ファミリー」は怖くないんだけどな…。

続編がたくさん作られてるくらいで、ある種の完成度は高いんだと思います。でもこの怖さは苦手です。

しかしあの蝋人形のようなじいさまは一体…。

 

スタンリー・ドーネン監督「パリの恋人」3167本目

こんな美しいオードリー・ヘプバーンにファニーフェイスだなんて!納得できないけど、そういうことにして見てみます。

たぐいまれなくらい、モードなオープニング。でも、文学部の学生みたいな、小難しいことをつぶやくグレーのストンとしたワンピースの彼女も、確かにこんな地味な文学少女っていそう。すごく可愛いからもっとオシャレすればいいのに、というやつね。

フレッド・アステアがカメラマンの役というのも面白い。彼ほどのセンスがあれば写真でも大成しそうです。「プラダを着た悪魔」みたいなファッション誌の編集長はケイ・トムソンというのね。歌がうますぎるので多分歌手なんだろうな。

ヘップバーンは、実に楽しそうに踊りますね。長年踊ってきた人って雰囲気じゃないけど、姿が優雅で表情もキュートなので、動いても美しい。

フレッド・アステアは、やっぱり世界一エレガントだ。何で彼は自分に匹敵する踊りのパートナーを作らなかったんだろう。ジンジャー・ベイカーにしても、彼と映画に出たほかの美女たちも、踊れるけど彼の比じゃない。アステアって、自分が最高のダンサーだと知っていたから、美女たちをエスコートすることで彼の絵を完成しようとしたのかな、ダンスxダンスではなく。

ストーリーは、まぁありきたりだけど、アメリカがパリに憧れてた感じ(哲学とコミューンとファッションか?)がちょっと面白かったです。

パリの恋人 (字幕版)

パリの恋人 (字幕版)

  • オードリー・ヘプバーン
Amazon