映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ルパート・グールド 監督「ジュディ 虹の彼方に」2684本目

小さい頃大好きだった「オズの魔法使い(私のはシェリーが出る、ホンダがスポンサーだったやつね)」のジュディ・ガーランド版を見直したとき、彼女の壮絶な薬物中毒のことも知りました。この映画では、晩年の彼女にはダメなこともあったけど、素直で可愛い人に描かれていましたね。レネ・ゼルウィガーの自然な人間味あふれる歌声のすばらしさにびっくり。歌手でいけるんじゃないか、という気もするけど、ジュディが降臨してるときだけなのかな?

噂レベルでは、ジュディがバイセクシュアルだったとか、少女の頃に映画関係者に凌辱されていたという話もあるけど定かではありません。でも、LGBT解放のシンボルとして長年「虹の彼方に」が使われていて、そこから虹そのものがモチーフとしてよく使われているのは事実。私は、「オズの魔法使い」にはさまざまな姿かたちの人たちがワイワイ出てきてみんなで仲良く暮らしていたのがけっこう衝撃だったので、そこから来てるんじゃないかなと思ってます。この映画で、おそるおそる彼女に声をかけてくる初老のゲイのカップルがいい味を出していて、オムレツ作りに失敗するエピソードはほほえましいし、同性愛で投獄された過去には胸が痛みます。舞台上で歌えなくなった彼女に向かってアカペラで彼らが歌いだす「虹の彼方に」が実に泣ける場面なんだけど、そういう背景がそこにはあるんですよね。

 

彼女やほかの早逝したスターたちを追い込んだのは、毒親なのかエンタメ業界なのか、彼女の舞台にヤジを飛ばす観客はどうなのか。彼女の名前を関した映画館を画策することは?もっと言うと、彼女を愛して長年ステージに通い続けるファンの期待もそうかもしれない。私たちはただ愛するだけじゃなくて、もっともっとって要求してしまうから…。

卓越した魅力をふりまいて、エネルギーを与えてくれるスターっていう人たちの美しさと苦悩に改めて思いをはせてしまうのでした。。。

ジュディ 虹の彼方に(字幕版)

ジュディ 虹の彼方に(字幕版)

  • 発売日: 2020/09/02
  • メディア: Prime Video
 

 

クロード・ルルーシュ監督「愛と哀しみのボレロ」2683本目

世界きってのロマンチストな監督(と私は思っている)が戦時下の恋や家族を描くとどうなるのか。不思議な音楽映画、なのかな。男女が出会った場面の次はもう結婚式だ。ミュージカルやオペラみたいに、解説で「物語が大きく動き始めるのは20年後のことでした」とか説明を入れつつ、場面場面は孤立してる。KINENOTEとかの解説を読んで、グレン・ミラーやエディット・ピアフを模した設定だとわかってから、少し人物たちが把握できるようになったけど、親と子を同じ人が演じていてもなお、誰が誰かすぐわからなくなる。2回見ると6時間、でもまだ把握しきれないからもう一度見るかどうか迷う。

グレン・ミラーはドイツ人だけどアメリカで成功した人だし、エディット・ピアフはニュースキャスターにはもちろんならなかった。監督が好きな人たちを集めて彼にとっての宝物を作った、というロマンチックさが感じられます。

最初と最後の「ボレロ」が確かに素晴らしい。時代はめぐり、移り変わるけどまた出会い、戻ってくる、というのが、繰り返しの多いこの曲から伝わってくる。

ほかの映画とは違うんですよ。全体的な作り自体が。でも、頭で理解して問題意識を持つための映画じゃなくて、ミュージカルやオペラやバレエみたいに楽しむものとして、この映画の良さや個性を味わいたいなと思いました。 

愛と哀しみのボレロ [DVD]

愛と哀しみのボレロ [DVD]

  • 発売日: 1999/01/29
  • メディア: DVD
 

 

ロマン・ポランスキー監督「赤い航路」2682本目

ポランスキーの映画にヒュー・グラントが出てる。何というありえないことだ。船のトイレで倒れていたのはやっぱり、現ポランスキー妻のエマニュエル・セニエだ。彼女がヒュー・グラントをバーのカウンターで罵倒している。おかしい…。気の利いたトークでもしてるつもりなのに寝たふりをしてみせたり。…と手練手管で惚れさせておいて、その後はポン引きのような彼女の夫が現れて、彼女との激しいなれそめを語る。ヒュー・グラントは巻き込まれ役、聞き役の無垢な青年です。

エマニュエル・セニエがとにかく迫力があってすごい。若い頃の北原三枝みたいだ。(その例えでいいのか?)SとMの使い分けの緩急はこの頃からこなしてたんですね。(cf「毛皮のヴィーナス」vs「告白小説、その結末」)

ポランスキーらしい、精神的な圧迫がたっぷり詰まった映画だけど、ヒュー・グラントがお行儀がよすぎるからか、あまりとんでもない緊張の極みまでは到達しないままでしたね。というか、初めて「ローズマリーの赤ちゃん」を見たときは胃から血が出るかと思ったけど、私も慣れてきたのか、「いつものやつだな」という感じ方になっています。

とにかくエマニュエル・セニエの生物としての全盛期が見られてよかったです。 

赤い航路 (字幕版)

赤い航路 (字幕版)

  • 発売日: 2015/08/12
  • メディア: Prime Video
 

 

セバスティアン・レリオ 監督「グロリアの青春」2681本目

グロリアが通うダンスクラブは、中高年の出会いの場なんだろうか。毎回わりと積極的に男性に声をかけるグロリア。笑顔がチャーミングな初老の女性です。夫や妻と別れたり先立たれたりして独身の人たちって、この年代だとどれくらいいるんだろう。素敵だけどちょっと性格が…なんて言ってる場合じゃないくらい、相手を見つけるのって難しいんじゃないだろうか。それにしてもこのオバちゃんはフランクというか、声をかけて来た誰とでもすぐ寝るし、気に入らないと男の家に行ってスプレーガンを浴びせるし。男のほうも、前の家族に縛られてて先に進めない。女の家族は自立しすぎていて彼女はかまってもらえない。みんなそれぞれ、すっきりしないものをいっぱい抱えてて誰に相談もできない、自分だけの一生を生きるのだ。

この映画の場合、彼女が他の人より特に大変ってわけじゃないし、まあまあ自分勝手で尻軽でもあるので、見る人が彼女に共感するのは難しいと思うけど。でもそんなグロリアも自分の歌を捧げる賛歌のような映画なのでした。

この映画を日本で作るのは難しいだろうな。若い女の子が東京に出てきて挫折する映画なら作れそうだけど。 

グロリアの青春(字幕版)

グロリアの青春(字幕版)

  • 発売日: 2014/09/03
  • メディア: Prime Video
 

 

リナ・プライオプライト 監督「アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生」2680本目

信じられないくらいお洒落で美しい高齢女性たちがじゃんじゃん出てきます。

「お金があるからできる」って感想に書いてる人が多いけど、彼女たちは多分、若い頃に買い集めたものを使いまわす知恵とセンスを持ってる。ストリートスナップを撮られる人の中には、お金持ちではない人もいると思う。ファッションを愛する人は、高いものももちろん好きだけど、自分が持っているお財布で最高のパフォーマンスができる。

「ニューヨークだからできる」というのは、カラフルでど派手なスタイルに関して言えばその通り。でも私がボランティアでおばあちゃんたちのお話を聞くカフェに行って会った人たちも、見れば見るほどオシャレだった。よくよく聞いてみると、若い子が買う安い服(レギンズとか)と昔から持ってるブローチを組み合わせたりして。カラフルだけがオシャレってわけでもない。よく似合ってて可愛くて素敵なおばあちゃんたち。

体にも頭にも痛いところや悪いところがたくさんあるけど、美しくなって外に出て人に会うこと、街を歩くことが彼女たちを生かしてる。

すごく語弊があるのを覚悟でいうと、男性の体に生まれて女性になろうとする人たちって、元からの女性とはどこか全然違うといつも感じてます。女性はあんなに女性であろうと努力したりしないから、出来上がったものの印象が違うんだ。だけどこの映画に出てる人たちは、全員がんばって女性であろうとしていて、その努力のけなげさが美をもたらしているという意味で、元は男性だった人たちと似てる、と思う。

彼女たちのセンスやメンタリティを称賛しつつも、醜悪だと書いてる人もいた。そういわれてみたら、正直な人だなと思う。しわやシミだらけの顔や腕は、スベスベの10代の肌がピークだとすればその人の人生の一番底に近い。年を取ってしわやシミができることを醜いというなら、装っても装わなくても醜いのだ。彼女たちが自分の内面を表現する個性的な装いをすることで醜くなってるってことは、ないんじゃないかと思うな~。

こんな風になりたい、と思える年配の女性が周囲にいたら、年を取ることを楽しみにできそう。コロナがおさまって、年配の人でも安心してオシャレして出かけられるようになるのを心待ちにしています。 

 

スタンリー・クレイマー監督「おかしな、おかしな、おかしな世界」2679本目

「おかしな」は「mad」なんだ。笑える!というんじゃなくて、どうかしてる、金の亡者になっちゃってる、というニュアンスかな。

CGもない時代なのに危険をかえりみないアクションの連続、バラエティに富んだ登場人物…と楽しいけど、あまりに人間ドラマがなくて人物設定が平板なので、2時間半はちょっと疲れるな~。

宝探しがテーマの映画で、期待した額の現金が見つかって手に入るのはマレだし、警察に没収もされずに人民の手に渡ったので、ちょっとすっきりしました。

この映画を最初から最後まで笑って楽しめる人って血圧とかエネルギーレベルとか高いんだろうなぁ…。

おかしなおかしなおかしな世界 [DVD]

おかしなおかしなおかしな世界 [DVD]

  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: DVD
 

 

グザヴィエ・ドラン監督「マティアス&マキシム」2678本目

この監督の作品はずっと公開すぐに劇場に見に来てるな。

前作の「ジョン・F・ドノヴァン」がなんとなく監督の初期の集大成というか一区切りのように思えていたので、今回は次の時代の始まりのつもりで気楽に見ることができました。

主人公たちは30歳。女は知ってるけど男に対してはシャイな初恋です。幼なじみの大好きなマットとマックスが友達の妹が撮影する短編映画に出るはめになってしまったんだけど、それは男同士でディープキスをするというもの。肝心のキスシーンは映されないけど、その後の彼らの怪しい挙動を見ているだけでどれほど動揺したかがわかります。

マックス(グザヴィエ・ドラン自身)は間もなくオーストラリアに移住してバーテンダーをやろうとしている。マットはエリートサラリーマンで美人の婚約者もいる。この二人が恋愛関係を始める気配はまだないけど、彼ら自身は気づいているし友人たちも、ひょっとすると母親たちも気づいている。

「恋のはじまり・気づき・ときめき」の映画なんだよな。彼らは知ってしまった思いを胸に、これからどんな風に生きて行くんだろうな。…という痛みの少な目な映画でした。

今回も母親はとんでもないジャンキーでした。あと、マットに赤いシャツを着せて「アルモドバル監督みたい」っていう場面が印象的でした。