映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

シドニー・ルメット監督 「ウィズ」3077本目

これ実はずっと見たかった。1978年、43年も前にドナ・サマーやマイケル・ジャクソンをフィーチャーして作られた、黒人版「オズの魔法使い」です。

親密で暖かそうな謝肉祭のファミリー・ディナーの場面から始まります。同じ場面でもミヒャエル・ハネケだと絶対みんなそれぞれ腹に何かたくらみがあるけど、黒人の人たちだと暖かく思えるのも、ある種の偏見だろうか…。

なんと監督はシドニー・ルメット。「グロリア」の、「狼たちの午後」の、「セルピコ」の、「ネットワーク」の、「その土曜日7時58分」の。

ダイアナ・ロスはまだ「大人になるのって怖い」と歌うドロシーで、舞台はカンザスではなくニューヨークの下町、つむじ風は雪と一緒にドロシーを巻き込んでいきます。

やけに歌のうまいカカシはマイケル・ジャクソンだ。ドロシーと二人ですごく楽しそうに歌い踊りながら、黄色いレンガの道をエンパイア・ステートビルみたいな高層ビル街へと進んでいく。なんていい時代。全然ヒットしなかったらしくて、解説には「ブラック・エクスプロイテーション・ムービーの終焉」って書いてあったけど、2人の全盛期はこれからだったからね。

ブリキ男(ちょっとスチームパンクっぽい)はニプシー・ラッセル、ライオンはテッド・ロス。細かい美術がいちいちユニークで、ジュディ・ガーランドのオズとの違いがとても面白いし、みんな歌がうまい。ブリキ男の歌はニュー・オーリンズ風でライオンは朗々と歌い上げる。四人四様のボーカル・スタイルです。

良い魔女グリンダを演じてるのはリナ・ホーン。(何でも緑色だからグリンダなのか)ウィズの本拠地エメラルド・シティでは大勢のスタイル抜群のダンサーたちによって、ディスコ的な華麗なダンスが繰り広げられています。

ちなみに「黄色いレンガ道」を行くときのテーマ曲、歌詞は何て言ってんのかなと思って調べたら、Ease on down the roadですって、グーグル翻訳ではうまく訳せない。道なりに行けば楽々、みたいな意味かなぁ。(その程度の語学力)

この作品、今あらためて見る意義すごくあると思いますよ。アマプラで無料なので、ぜひ。 

ウィズ (字幕版)

ウィズ (字幕版)

  • ダイアナ・ロス
Amazon

 

アラステア・フォザーギル 監督「アース」3076本目

がんばって見なくていい作品、と思って見てみた。

野生の生き物たちを至近距離で臨場感たっぷりに写してて、見ごたえがあります。私、珍しい地形とか奇観も大好きなので、滝を上から(ドローンだよねきっと)写すのとか喜んで見てしまいました。命がけで食うか食われるかという動物たちもスリリングだけど、むしろ私は奇妙な鳥たちのダンスや、手を上げてひょこひょこ川を渡るサルたちのほうが印象に残ったかな…。

地球上のいろんなところに行っていて、場所の説明が何もないのが、地図を見るのが大好きな私にはちょっと、いやかなり不満だけど…。なんならメモっておいていつか出かけかねませんからね。

いろんな可愛い動物たち(セイウチだってライオンだって全部可愛い)が懸命に生き延びようとする姿を見るのも良い。しかしSave the Earth的なメッセージのところだけ人間の浅知恵っぽく見えてしまうのは、宇宙の中の地球があまりに偶然生まれたもので、人智など到底及ばないところで彼らは栄枯盛衰を繰り返してるようにしか見えないから。人間が、自分も動物のちっぽけな一種だとわきまえて暮らすべきなのは当然としてもね。

レイ・エンライト監督「スポイラース」3075本目

西部劇に、アラスカが舞台のものもあるんだなー。西部といえば西部。あんな雪だらけのところ(イメージ)なのに、みんなアリゾナにいるときと同じ格好だ。ただ、砂漠ではなく地面はぐちゃぐちゃなのが違う。

ディートリッヒとジョン・ウェインの共演はすでに「妖花」「男性都市」と2本見てるので慣れてきたかな。ベルリンのキャバレーのスターがなぜ?って最初は思ったけど。

クレジットの順番はトップがディートリッヒ、次がランドルフ・スコットで3番目がジョン・ウェイン。

ジョン・ウェインがしばらく気を移すお堅いお嬢さんを演じているのはマーガレット・リンゼイ。けっこう映画に出てるのに私は1本も見てないな…。頭に大きなトサカを立てて、派手な毛皮やギラギラしたドレスを着た、庶民の女王みたいなディートリッヒと真逆。

場所は寒いがストーリーはいつも通りで、ズルをして得をしようとしている奴が正義のヒーローによって退治され、ヒーローとヒロインは再び結ばれてめでたし、めでたし。

既視感ありありだけど、ほっとするんだよな、こういうストーリーは」…。

スポイラース(字幕版)

スポイラース(字幕版)

  • マレーネ・ディートリッヒ
Amazon

 

ディアオ・イーナン監督「鵞鳥湖の夜」3074本目

グイ・ルンメイがきれいでフー・ゴーがかっこいい。この二人は、どんなヨゴレた格好をしても存在感が透き通ってるような感じがするなぁ。

バイク泥棒のグループの仲間割れから、誤って警官を殺害してしまった男。こうなったからには警察からの報奨金を妻に残していこうと思い立つ。敵対するグループの男は彼を捕まえるために彼の妻を探す。その任務を託されたのが「水浴嬢」。…など、ついストーリーを語ってしまうくらい、ちょっとわかりにくいところがあるんだけど、わからずに見ててもいいくらい映像が魅力的です。

主役の二人の汚れた美しさもだけど、窃盗グループと警察の捜査の熱さや、中国の郊外の町のたたずまいに目を奪われます。バイオレンスの表現は激しいけど下品に落ちません。

堕ちていくだけだとわかってても、彼女たちといっしょに鵞鳥湖のほとりにいたいような気がしてくるくらい…すごく惹かれる作品でした。

牛肉麺食べたい…。

 

ジョン・フォード監督「静かなる男」3073本目

ジョン・フォード監督がジョン・ウェインを主役にした映画に、西部劇以外のものがあるって知らなかった。舞台はアイルランドか。出演者の名前には「オなんとか」「マクなんとか」「フィッツなんとか」が並んでいて、アイルランド系勢ぞろい!

ウェイン演じる元ボクサーがアメリカから帰国して購入した家は、何もない場所の一軒家。私の大好きな風景だ。村の男たちは言動が荒い!よく飲む、けんかっ早い。写真だけ見ると荒涼としてるのに、人間たちが加わると急に騒々しく、賑やかになる。

家を売ってくれる老婦人を見たことがあると思ったら、「ハリーの災難」で人を殴り殺したんじゃないかとオロオロする夫人役の人だった。

「黒いビールを頼む」「ああ、ポーターだね」…ポーターというのは黒いビールのことらしい(固有名詞ではない)。

など、風土というか文化というか、土着的な匂いが強くて、ジョン・フォードって人はアメリカ人じゃなくて一生アイルランド人だったんだなーと思いました。 

静かなる男(字幕版)

静かなる男(字幕版)

  • ジョン・ウェイン
Amazon

 

ポール・フェイグ 監督「スパイ」3072本目

だいぶ前に見て面白かったやつ。U-NEXTの視聴期限がまもなく切れるのでもう一度見てみます。冒頭の「なんで撃っちゃったの!」でまた吹き出してしまった。真面目なスパイ映画だと思いながら見るとこの意外性で笑えるんだけど、だんだん笑いを期待しながら見るようになるとつまらなくなってくるんだよな~。本当に視聴者っていいかげん(私のことだ)。

花粉症の薬を飲み忘れるのはまだしも、CIA(もどき)の管理室がコウモリだらけだとか、ないだろってこともありますが、エージェントの動きをすべて把握して管制室から指示を送ってるのとかドローン攻撃とかはありそう。

メリッサ・マッカーシーが出る作品はどれも明るくて底がなくて、楽しい。しかしポール・フェイグ監督の作品はわりと下品な笑いにいきがちじゃないですか?(「ブライズメイド」のことだけど)一方のジュード・ロウはこのあたりから本格的にコメディアン気質が板についてきたのでは?と思いました。

裏切りに次ぐ裏切りも、スパイ映画のパロディ。マッカーシーが何度身分を変えさせられても、どれも”パッとしないおばちゃん”ばっかり。…意外性の妙味なんだよな。最初の「ゴーストバスターズ」でマシュマロマンが極悪妖怪として現れたときみたいな、頭を殴られたような面白み。最初の一回しか効かないんだけどね!

…久々に見られて満足しました。

マイケル・ゴットリーブ 監督「マネキン」3071本目

何かの「おすすめ映画リスト」に入ってたのでU-NEXTで鑑賞。

これ昔テレビか何かで見た気がするな。この映画の頃はハウスって言葉が存在した気がするし、最近のマネキンは顔がないものが増えてるけど、この時代はしっかりメイクのマネキンが主流でした。

アンドリュー・マッカーシーって育ちのよさげな美少年だなぁ、その後どんな風に年を重ねたんだろうと思って現在の写真をググってみたら、依然として上品で美しいおじさんになっていました。真っ青な目がきれい。古代エジプトから転生してマネキンになったお姫様を演じるのはキム・キャトラル。こちらも現在もゴージャスな美女です。セックス・アンド・ザ・シティのメインキャストだったんですね。どうりで!…これほど、主役二人が今もすごく魅力的なことって、実は少ないかも…。

キスしかかってる表情とか、複雑な体の動きの途中の形とか、人が来るととつぜんマネキン化するので色んな造形のマネキンが出てくるのですが、どれもよくできてる。(顔そのものは本人とあまり似てない気もするのに)今ではもうこんなアナログなディスプレイもありえないけど、古きよき時代(今から見るとちょうど”ダサい”時代に見えるけど)の軽いロマコメとしてはいいんじゃないでしょうか。