映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ティン・プー 監督「ヴァル・キルマー 映画に人生を捧げた男」3741本目

U-NEXTに入ってたので見てみました。「トップガン・マーヴェリック」で見た彼の姿はなかなか衝撃的で、ちょっと感動した。俳優魂だなぁ、どんな状況になっても、今の自分のままカメラの前に立つのって。

この映画によると、彼には才能豊かな兄弟がいて、子どもの頃から一緒に映像を撮ったりしていたけど、わずか15歳で亡くなったとのこと。そういう痛みを携えて歩んできたハリウッド映画の世界で、彼は単純ないい男の役ではなく、一癖ある悪役(例 バットマン、アイスマン)をやることが多かったような印象です。

でも人となりは実直でまっすぐなイメージ。ハンディキャップを負って、胸の中に重苦しいものがあったとしても、お日様に向かって前に進んでいく人だな。

最近、身近な人が亡くなった。入院する少し前にその人が「死ぬときってどんな感じなんだろうな」と話してたと聞いて、そのときの気持ちをおもんばかったりしている。私はまだとりあえずすぐ死ぬ予定はないけど、だんだん目が悪くなり、耳も繊細な音が聴きとれなくなり、長時間続けて働けなくなっている。少しずつ、できることが減っていく。明日は今日より動けないかもしれない。いくら体にいいことをしても、どんどん若返るほどのパワーはもともとない身体だ。今あるものでどうやって生きていくのか・・・・そんなことを考えてしまいました。

がんばれヴァル・キルマー。

島耕二 監督「宇宙人東京に現わる」3740本目

この星型の「ヒトデに目」みたいな宇宙人キャラの可愛いこと!

宇宙船の効果音とか、小さい頃浴びるように見ていたウルトラシリーズを思い出します。だからいいの、これはチープなんじゃなくて昭和レトロなの。なんの違和感もなく見てしまえる世代ですけどね。

この宇宙人は、テッド・チャンとかの最新SFの宇宙人と違って優しいし人間的、いや地球人的だ。

楽しかった。たまに、何も考えないでこういう映画が見たくなることってあるよね。。。

 

松山博昭 監督「ミステリと言う勿れ」3739本目

テレビ版を見てました。いろいろムリムリな設定やトリックばっかりなんだけど、私は「土曜ワイド劇場」を見て育った女。テレビのサスペンスドラマの空気感が好きなんですよね。今いちばん勢いのある素敵な役者さんたちが勢ぞろいしているという魅力もあります。

映画版はテレビより面白かったですよ。ととのう君のコメントがなかなか的を射ていて、いいキャラクターなんですよね。その菅田将暉以外にも町田啓太や松下恍平(一瞬だけ永山瑛人も)もいつも素敵です。原菜乃華 は喋り方が初々しいので、いい具合に幼さが感じられました。脇を固める大人たち、滝藤賢一、鈴木保奈美、松坂慶子、尾上松也、柴咲コウ、角野卓三、でんでん。。。 貫禄でお芝居に厚みをもたらします。こういうビッグネームが出ると良いのは、「誰が犯人でもありうる」と思いながら見られること。松坂慶子がこんな出番の少ない役ってことはないだろう!とか。(日本の映画はどうしてもビッグネーム頼みだから、という背景もある)

ご先祖様の狼藉を子孫はどう受け止めるか、というのは意外と重い問題です。遺伝的な性質は変わらなくても、それがどう表出するかはほぼ環境で変えられると思う。刑法的には先祖の罪を子孫が償うことはないけど、民法的には相続放棄しなければ債務として相続される。戦争に行ったおじいちゃんが敵地で亡くなるのはとてつもない悲劇だけど、心の負担や重苦しい罪の意識をたくさん持って帰ってくるのも大きな悲劇だ。だから戦争はしないのが一番、だけど、犯罪者だって犯罪をしようと思って生まれてくるわけじゃない。やってしまった後をどうするか、という問題をこじらせると、この映画のようなこともありえなくはない・・・かもしれません。

(このくらいならネタバレじゃないですよね?)

阪本順二監督「せかいのおきく」3738本目

ずっと「せかいのきおく」だと思ってた。江戸の武家の娘が中心の世界なのか。そう言われてみると、半径3メートルくらいの狭い世界が世界のどこにでもある普遍的なもののように思えてくる。

佐藤浩市と寛一郎が厠の中と外で会話してた。息子のほうはまだきれいで品よく整っているけど、これから父や祖父のような野性的な色気が出てくるんだろうか。今の初々しさもいいけど。

しずかな普通の群像劇。が多いのかな、阪本監督の作品は。いつも書いてるけど、私としては「顔」が一番好きで、あの映画にある泥臭さがない作品は少し物足りなく感じてしまう、あの映画がとても好きだから。この映画には、「下」のものの地位をもっと高めたいけど、あまりあからさまにうまくいくように描くとわざとらしいよね、という細やかな教育的配慮みたいなものを勝手に感じ取ってしまう。どうなんだろう、そういう配慮を一切しないで超絶かわいそうな美少女を見て泣く映画より、この映画のほうがいい映画なんだろうか。最近そういう現代人の悩みみたいな嫌ったらしいことを考えてしまう。こういうときは、頭をからっぽにして見られるサスペンスとか怪獣映画(シンとかつかないやつね)とかが見たいな・・・。

松浦弥太郎監督「場所はいつも旅先だった」3737本目

暮しの手帖もと編集長の松浦弥太郎が監督したドキュメンタリー。

ツアーでなく個人で旅行するときは、海外にかぎらず国内でも、いろんな場所にのこのこ出かけていったり、行きつけの店ができたりするのも楽しい。

私はどんな旅も好きで、いわゆる名所は膨大な数の人たちを感動させてきただけのものはあるし、女が一人で言葉も通じない外国の深夜や早朝に出歩くのは危険すぎるとも思うので、この映画のような一人歩きはやっぱり、なかなかできないと思う。年齢問わず、つよい人は何時でも歩き回ってみるといいんだと思います。

といっても私も、言葉が通じて比較的治安がいいと思われる国では、この映画みたいにあちこち行きます。ダブリンとかロンドンとかシアトルとかエジンバラとか。

1人で出かけるときも、現地ツアーに入ると、ドライバーやガイド、他の地域からの観光客と話すのが面白い。ツアーの食事は朝と昼しかついてなかったりするから、毎晩いろんな店にご飯を食べに行く。

でも結局、この映画を見てて思ったのは、「PERFECT DAYS」と同じで、自分の居場所は自分の行動範囲内で自分で見つけるってことだな。居心地のいい場所は、自分で探して、自分で作り上げていく。そうやって、世界中のどこで何をして暮らしていても、そこが自分のパーフェクトな時間になる。

他の映画のことばっかり書いてますが、「PERFECT DAYS」に出てくるトイレと代々木八幡神社にこの間行ってみたら、なんつーことはない小さな神社とちょっとだけ変わった形のトイレだった。当たり前だ、それらは自分にとって身近でも生活の一部でもないから。その場を自分のものにしていくための、少しの時間と心の持ちようが必要なんだと思う。

今はご近所ライフを楽しんでるけど、またいつか外国のどこかの街角を歩き回ってみたいなと思う映画でした。そこもまた、ご近所の延長。

児玉進監督「乱れからくり」3736本目

1979年の作品。主役の新米探偵に松田優作、その事務所の所長が野際陽子、刑事が田中邦衛。渦中の一族のメンバーは沖雅也、篠ひろ子、結城しのぶ、峰岸徹、老けメイクの岸田森。・・・と、素敵な役者さんたちの全盛期が見られてときめきます。映画全体の印象は、民放の単発ドラマのようで、筋やトリックはとにかくわかりやすく、あとは役者たちの感情で見せる、という、まぁ安易な感じの作りですが、とにかく彼らが素敵で。松田優作が、まだ若いのになんだか妙にすでに落ち着いていて、篠ひろ子は北川景子っぽく妖艶で、結城しのぶは輝くような美少女、そして沖雅也は見たこともないような美しい男性といった感じ。

これを見たのは、泡坂妻夫の小説をたまたまいくつか読んだら面白かったので、映画化されたものも見てみようと思ったのが理由ですが、緻密なパズルを解くような小説での楽しみは、映画ではまったく見られなかったな・・・。これ原作を読んだらかなり違う印象なんじゃないかしら。もし手に入ったら読んでみよう。

 

ミシェル・アザナヴィシウス 監督「キャメラを止めるな!」3735本目

日本人プロデューサーとして怪しさ100%で登場する竹原芳子と、役名がぜんぶ日本人のままなのが可笑しかった。日本軍の施設と無理に言い張るところとかも・・・。30分1シーンの冒頭は、オリジナル版のほうが緊迫感あったんじゃないかな?

かなり忠実な(笑)リメイクで、安っちい感じも残してあるので、「なんでフランス映画で?」という楽しさがあります。オリジナル版も軽い気持ちで期待ナシに見たら当たりだったので、こっちもあまり構えずに「ふ~ん、へえ(笑)」って感じで見ればいいんじゃないですかね。。。