映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

山崎貴監督「ゴジラ-1.0」3773本目

アマプラ無料で見られました。映像効果で受賞した作品だけど、この監督や吉岡秀隆と私はあまり相性がよくないので、家でおずおずと見てみます。 ゴジラと戦うことと、戦争で戦うことは、全然違うと思う。戦争は、命より大事なものがあると誤解してしまった大…

ダーレン・アロノフスキー監督「ザ・ホエール」3772本目

面白かった。よくまとめられていて無駄がなくて、いかにも戯曲が原作という感じがします。アパートの一室という一か所だけが舞台で、さまざまな人々が彼の住む部屋を次々に訪れる。オンライン授業で顔も出さず、誰にも知られることのない彼の隠れる部屋に、…

園子温監督「0cm4」3771本目

園監督の映画を片っ端から見てた時期があって、これを渋谷TSUTAYAのレアものDVDコーナーで何回も探したけど、常に貸し出し中だったっけ。10年ちょっと前か、映画を集中して見始めた時期。渋谷でもはDVDの扱いをとうとう止めるんですってね。その前に新宿TSUT…

ダニー・フィリッポウ 監督「トーク・トゥ・ミー」3770本目

オーストラリア版「コックリさん」か。オーストラリアの若者は、こんな恐ろしい体験を純粋に楽しめるほどみんな精神が図太いのかしら。(いやフィクションでしょう) この映画の怖さは、人間が霊あるいは狂気に取りつかれると、どうなってしまうか、という部…

渡辺一貴 監督「岸辺露伴ルーヴルへ行く」3769本目

「世界で最も黒い黒」って、実際に追求している人たちがいるのだ。むかし三鷹光器という会社を取材したとき、スペースシャトルに搭載する望遠鏡の内側に、彼らが開発した、炭を使った塗料を塗ると、完全な漆黒に近い闇を作ることができて、宇宙の光をもれな…

ブレント・ウィルソン 監督「ブライアン・ウィルソン/約束の旅路」3768本目

これまだ見てなかった。ビーチ・ボーイズの「グッド・ヴァイブレーション」は、ポップ・ミュージック歴代名曲ベストテンに入るくらいの名曲だと思ってます。短い曲のなかに、理屈でなく感覚だけに訴える緩急が詰め込まれていて、今でも聴くたびに鳥肌が立つ…

クレベール・メンドンサ・フィリオ監督「バクラウ」3767本目

なかなかスリリングで、暴力描写は唐突だったり残酷だったりもするんだけど、見終わると納得感もあるなかなかの佳作だったと思います。なんか、ジョーダン・ピール監督の「NOPE」を思い出しました。全体的にすごく、欧米による支配による長年の痛みをこの映…

ヴァルディミール・ヨハンソン監督「LAMB」3766本目

羊ちゃん可愛かったけど、「ひつじこども」だった。日本のアニメなら違和感ないけど、ヨーロッパの実写映画なので、家畜に服を着せて子どもとして暮らしてることはかなり違和感があって、ムズムズします。でもこれって、設定を変えれば、たとえば先住民の子…

山口淳太監督「ドロステのはてで僕ら」3765本目

「リバー、流れないでよ」が面白かったので、前作も見てみました。 最初すごく戸惑った!なんで、いつこの主人公は2分間の仕組みを知ったのか?・・・謎は謎のまま、とにかく映画は進んでいきます。この映画でも、藤谷理子のふつうすぎる自然な演技で、「あ…

山口淳太監督「リバー、流れないでよ」3764本目

何これ面白い!タイトルから内容がまったく想像できなかったけど、それよりさらに意外な内容でした。連休ひまだし、なんとなくU-NEXTで作品を見繕ってみて、コメディということで気楽に見始めたけど、すんごく普通の温泉旅館の日常もののように始まり、ひた…

ボニー・コーエン監督「不都合な真実2:放置された地球」3763本目

堂々としていて、公明正大そうなこの雰囲気、加山雄三とか杉良太郎みたいだな。などと、本筋でないことを考えながら見ていました。 前作を見たときは、ここまで環境問題っていう一つのテーマを追求しつづける政治家がいるのか、すごいな、という驚きがあった…

セルジュ・ゲンズブール監督「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」3762本目

パリの街角で、ゲンズブールがジェーン・バーキンとひたすら絡むような、都会的で密室内で繰り広げられるイヤらしい映画かと思った。全然違いました。みょうに牧歌的な音楽、これフランス?と思うような地方のゴミ捨て場やドライブイン。ホテルの室内にいて…

荒井晴彦監督「花腐し」3761本目

そうか「火口の二人」の監督の作品か。主役の女性がすごくさっぱりした雰囲気なのと、”濡れ場”が映画全体に占める割合の多さが共通している。…えっこの女優、さとうほなみって、「ゲスの極み乙女」のドラマー!だいぶ前にフェスで見たけどすごく上手かった。…

エドワード・ヤン監督「エドワード・ヤンの恋愛時代」3760本目

機会を見つけては少しずつ見てきたエドワード・ヤン監督の作品。これは見た記録がないんだけど、なんか既視感がある。1994年の作品だから、社会人になったばかりの頃にVHSでレンタルして見たのかも。いつかテレビで放送したこともあったかもしれない。 今日…

片岡翔監督「この子は邪悪」3759本目

<ネタバレあります> TSUTAYAの企画コンペ入賞、と聞いて、誰が企画してどのように映画化されたのか?と思ってTSUTAYAのサイトを見てみたら、片岡監督自身の企画で、彼自身が脚本と監督をやったんですね。監督としては初めての作品だけど、商業映画の脚本を…

武内英樹 監督「翔んで埼玉 琵琶湖より愛をこめて」3758本目

国内便のフライトでも、羽田那覇便くらい距離があると映画1本見てしまえる。・・・はずだったけど、疲れた帰路だし空港でオリオンビールを飲んだとなれば、途中で寝てしまうのは当然・・・最初は「今回も超おもしろ!」と盛り上がってたのに気を失っていた…

関根光才 監督「燃えるドレスを紡いで」3757本目

いま旅行で那覇にいるのですが、今回は「暮らす旅」という趣旨でウィークリーマンションに滞在していることもあって、国際通りの裏道をぶらぶら歩いていたら「桜坂劇場」という、いかにもいい映画やってそうな映画館に行きあたったので、ちょうどいい時間か…

アキ・カウリスマキ監督「コントラクト・キラー」3756本目

冒頭に大写しになる男、ジャンピエール・レオに似てるな、そういえば「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」にも出てたな、監督はこういう人が好きなんだなー・・・じゃなくてこれも本人でした。(なんでいちいち勘違いするんだろう、私)(だってカウリスマキ監督の映…

アキ・カウリスマキ監督「白い花びら」3755本目

サイレントの白黒映画。映像に古さはないけど、音楽+文字だけの画面なのでクラシック感があります。もともとセリフがあっても一言もわからないフィンランド語なので、この形式になってもほとんど違和感ありません。 カティ・オウティネンさんは、育ててくれ…

アキ・カウリスマキ監督「真夜中の虹」3754本目

邦題いいですね。もともとのタイトルは船の名前だけど、それだと日本人にはピンとこない。父親も相棒も亡くして仕事もない、お金もない、しかも脱獄囚だ。だけどいい女と出会えて、これから二人で南へ向かう船に乗る、そこに「オーバー・ザ・レインボウ」が…

新海誠 監督「すずめの戸締まり」3753本目

これ見てなかった。テレビで映画を見るのは久しぶりだけど、たまたまノーカットで放送してたので見てみます。 ハッピーな学園ものみたいな登場人物たちで始まるけど、新海誠だ(天気の子以来だから、なんと5年ぶり!)。そこまで楽天的ではないだろう。と思…

ビクトル・エリセ監督「瞳をとじて」3752本目

「ミツバチのささやき」「エル・スール」をVHSで探し出して見たのがもう11年も前。この監督の作品は、じゃあアマプラで再見しよう、ということができない。今でも昔の作品をなかなか見る機会のない監督です。 この新作映画の印象は、なんとなく、11年前の印…

ビクトル・エリセ監督「ミツバチのささやき」3751本目

(見たのは2013/6/26、VHSレンタル。なぜかこのブログに書いてなかったので記録しておきます。) 1度見ても良さがわからなかったので、解説や他の人の感想を読んだ後もう一度見ました。そうやってみないとわからない映画が、私の場合三分の一くらいあり…

アキ・カウリスマキ監督「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」3750本目

わかりやすい映画だった、カウリスマキ監督にしては。 「ラ・ボエーム」は権八と同系列のカフェ、じゃなくて、プッチーニの有名なオペラで、ボヘミアンな男女のうち薄幸のミミが病死するのは既知なので、「ロミオとジュリエット」のようにこの筋をベースに見…

アキ・カウリスマキ監督「愛しのタチアナ」3749本目

わずか62分の作品だけど、たっぷりとカウリスマキ監督の世界を味わえます。 いつものマッティ・ペロンパー(アル中)とカティ・オウティネン(エストニアからの旅行者)に加えて、レニングラード・カウボーイズのマト・ヴァルトネン(コーヒー中毒の仕立て屋…

原田眞人 監督「魍魎の匣」3748本目

U-NEXTに追加されていたので見てみました。勇気を出して、がんばって原作を読んだのは7年前。おどろおどろしく、独特の世界観が徹底していて、かなりはまって読んだ記憶があります。 この映画はロケ地が美しい。上海なんですって?みごとなロケ地です。昭和…

アキ・カウリスマキ監督「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」3747本目

カティ・オウティネンさん(オフィーリア)が、名画”オフィリア(の川流れ)”のポーズで浴槽に沈む・・・。 この作品のハムレットはなかなか悪いやつなんだけど、その友達はもっと悪くて、いい奴なんてあんまりいない映画でした。今世紀になってから流行して…

アキ・カウリスマキ監督「カラマリ・ユニオン」3746本目

カラマリってフィンランド語でもイカのことなんだ。このフランクの群れはフィンランドのイカ漁組合、ってことかな。彼らは現状の生活に行き詰まりを感じていて、町の反対側にある「エイラ」という場所を目指すけど、なぜか次々に殺されていく。 1回流して見…

カール・テオドール・ドレイエル 監督「裁かるるジャンヌ」3745本目

1928年、ほぼ100年前の作品。 この映画、「午前0時の映画祭」かな?オンライン配信で最後まで見損ねて、そのままになっていました。長年、いつか見ようと思ってて。これくらい古い作品だとYouTubeや廉価DVDで見られたりするけど、画質がひどかったり日本語字…

塩田明彦 監督「春画先生」3745本目

愚かな恋をしたり性愛におぼれたりするのは、男も女も平等。・・・しかし、ふつうのまじめな女の子が中年男に惚れてしまって妙な道をまっしぐら・・・というのは、ホストに入れ込んで売春から抜け出せなくなる若い娘を見てるようで痛々しくもある、日本以外…