映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

リーアム・ファーメイジャー 監督「スージーQ」3587本目

(「ワイルド・ワン」を頭の中で思い出してると、途中から榊原郁恵の「夏のお嬢さん」になってしまう人、私以外にもいませんか?) ランナウェイズより前にヘビーな女性ロッカーといえばスージー・クアトロしかいませんでした。なんてカッコいいんだろう、し…

ロブ・エプスタイン 監督「リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ボイス」3586本目

ボブ・ディランのバックバンドがザ・バンドで、リンダ・ロンシュタットのバックバンドがイーグルスか・・・。アメリカ音楽の黄金時代だなぁ。 リンダ・ロンシュタット、小さい頃すごく好きでした。「お願いだから(How Do I Make You)」のドラムロールから…

常盤司郎 監督「最初の晩餐」3585本目

このタイトル、最初に使ったもの勝ち。この引きの強さ。 でもこの映画のなかのどれが「最初」の晩餐だっけ?と思ってしまった。(わかるようになってたのに見逃したのかも) 永瀬正敏側は染谷将太と戸田恵梨香の姉弟、斉藤由貴側は窪塚洋介という子持ちどう…

李相日監督「流浪の月」3584本目

重そうなので元気なときに見てみた。思ったほど重くなかったかな。 この監督の作品は「悪人」が最高に好きで、あの中の深津絵里と妻夫木聡の、ふだんから遠く離れた”きたない”姿が素晴らしく美しかったのを思い出すと、この映画は、私の眼には、ちょっとキレ…

ジョーダン・ピール監督「NOPE」3583本目

<結末にふれています> ジョーダン・ピール的異世界にまた足を踏み入れます。 最近よく(※仕事で)見ている”超常現象”だの”UFO目撃”だのといった世界をアフリカン・アメリカンの兄妹を中心に描く、という設定がまずもって新鮮。ドリー・パートン的ブロンド…

ヘレナ・コーン 監督「オードリー・ヘプバーン」3582本目

内面も外面も美しい人が、十分に愛されずに苦労するんだったら、なんでみんな美しくなろうとするんだろうね。長年いろんな物事を見聞きしてきて、優れている人や素晴らしい人が苦労しがちってそろそろ私たちは気づいてもいいのに。 幸せなのは、家族や犬とゆ…

林海象監督「遥かな時代の階段を」3581本目

これは見た記憶がある。映画館ではない気がするので、テレビで放送されたんだろうか。フランソワーズ・モレシャンが訪ねてくる場面も、鰐淵晴子の艶姿も、坂本スミ子のベテラン娼婦も、よく覚えてる。岡田英次の存在感は、「二十四時間の情事」や「ザ・ヤク…

林海象監督「BOLT」3580本目

林海象監督の映画って、VODやDVDレンタルで見られないものが多い。「濱マイク」が昔大好きで、テレビシリーズはDVDでレンタルして何度も見たけど、映画化作品は見逃したものもけっこうある・・・。 監督が事故で大けがをしてずっと療養してたことも知らなか…

ダニエル・ロアー 監督「ナワリヌイ」3579本目

ロシアの人たちってほんと面白い・・・って最近も友達と話したばかり。ドストエフスキーからは高い知性と思いこみの激しすぎる性格、さまざまな歴史書では大ざっぱな、雑といってもいいような行いを見て、バレエやクラシック音楽からは至高の繊細さを感じた…

スコット・クーパー監督「アントラーズ」3578本目<KINENOTE未掲載>

ギレルモ・デル・トロが製作している作品って、どれも恐ろしくて哀しくて愛おしいという印象。この映画にもそういう部分があります。 他の作品もだけど、なかなかエグい。かなり猟奇的。親子関係が壊れている、という精神的な部分を超えて、伝説の鬼(のよう…

フランク・キャプラ監督「オペラ・ハット」3577本目

ある日突然、大富豪の遺産を相続したディーズは、最近の映画にはまるで出てこない、竹を割ったようなストレートな男。自分の善悪の物差しが一本すっと通っていて、判断したことはすぐにその場で口に出す。こんな甥がいれば私も遺産を残したいです。(※遺産が…

ロバート・バドロー 監督「ストックホルム・ケース」3576本目

人質に取られて犯人を好きになる話、それ自体は既視感がある。「悪人」とか、。そして、この映画は「ストックホルム・ケース」という事象そのものを、すごくまっすぐに真ん中に取り上げた作品だなと思う。熱くてちょっと抜けててどこか憎めない犯人にイーサ…

ジェームズ・ブリッジス 監督「チャイナ・シンドローム」3575本目

1979年のアメリカ映画。アメリカは開発当初から現在に至るまで、原子力に一番詳しい国ではあるけど、こんなに昔に、原発事故をここまで正確に予測した映画があったなんて驚く。正確さにも驚くけど、これを世に出す勇気もすごい。こういう映画を作り続けられ…

ハル・ハートリー監督「ネッド・ライフル」3574本目

サイモンが年とった。1997年の「ヘンリー・フール」から17年後の2014年の作品だからな。 ヘンリーとフェイの息子ネッドが、馴染みの牧師に感化されて敬虔に生きようとする、というのも、どこか想像通りでみょうに安心感がある。ネッドにつきまとう、賢そうだ…

ハル・ハートリー監督「フェイ・グリム」3573本目

「ヘンリー・フール」の登場人物を使って別の作品を映画化したのかな?と思うくらいトーンが違う。サイモンもフェイも、なかなか登場しないヘンリー・フールも、あたまいい人たちみたいになってて、彼らが愛する怠惰な日常じゃなくて、国家の大義のために命…

ハル・ハートリー監督「ヘンリー・フール」3572本目

面白かった。主役が女性ならエイドリアン・シェリー、男性だとこうなるのか。サイモンは鋭い感受性を持った男だけど教育をあまり受けていない。彼の書くものは卑猥だとか言う人もいるけど、読んだ者の心をざわつかせる。後の評価から考えるとボブ・ディラン…

デビッド・ロウリー 監督「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」3571本目

<結末にふれています> これはきっと、「幽霊自身はどんな気持ちなんだろう」というのを想像して作ってみた作品なんだな。 愛する妻がいて、これからの人生を想像している男が突然命を絶たれた。彼女への思いが強すぎて、現世から魂が離れられない。彼女を…

ウィル・グラック監督「ピーター・ラビット」3570本目

ビアトリクスの両親がこの映画を見たら何て言うか・・・(「ミス・ポター」を見たばかりなので) というより私はどう思うのか。ピーター・ラビットのキャラクターが描かれたグッズを1つ2つは持っていたことがあり、英国的なものが大好きな一般日本人の私は…

クリス・ヌーナン 監督「ミス・ポター」3569本目

見る前から「トーベ」「リンドグレーン」を思い出しますね。彼女たち二人と違ってビアトリクス・ポターは19世紀生まれで、英国のかなり高い階級の生まれということもあって、今見ると異常なほど格式ばった家庭で育ったようです。彼女の本を出版してくれた人…

ウディ・アレン監督「インテリア」3568本目

U-NEXTの紹介ページに、ウディ・アレンがイングマール・ベルイマン監督にオマージュを捧げた作品って書いてあったけど本当? そう言われてみれば、そんな気がしないこともない。出演者がリヴ・ウルマンじゃなくてダイアン・キートンというだけのことか?でも…

ロバート・グリーンウォルド 監督「ザナドゥ」3567本目

オリヴィア・ニュートン・ジョンが亡くなったときこの作品もVODで探したけど見つからなかった。これがU-NEXTに新入荷してたので早速見てみます。 アイドル的な映画に往年の大スター、ジーン・ケリー。こんな人が出てたのか・・・。で、ELOが音楽をやってたん…

ウォルター・サレス 監督「セントラル・ステーション」3566本目

だいぶ前に録画したのをやっと見ました。いい映画だなぁこれ。「シティ・オブ・ゴッド」や「モーターサイクル・ダイアリーズ」の監督なんだ。都会の大きな駅に集まってくる、今日一日食いつなぐことに精一杯の人たちの、生きるパワーがあふれる作品です。 元…

ペドロ・アルモドバル監督「ヒューマン・ボイス」3565本目

「パラレル・マザーズ」と同時上映してた短編。(別料金だけど) アルモドバル監督vsティルダ・スウィントン。(「デッド・ドント・ダイ」の、と言いたい。いつも印象強いけどあれは秀逸だった) これも「パラレル・マザーズ」も、劇場で見るとアルモドバル…

ペドロ・アルモドバル監督「パラレル・マザーズ」3564本目

<ネタバレあります> やっと見てきた。アルモドバル監督、完全復活、って感じ。「トーク・トゥ・ハー」や「私が、生きる肌」のように、一つの主題をひねってひっくり返して、彼以外の誰も思いつかないところまで料理するという、監督らしい世界の真骨頂です…

ペドロ・アルモドバル監督「ペイン・アンド・グローリー」3563本目

アルモドバル監督の作品はほとんど見てるけど、劇場で見たのはこれが最初。新作「パラレル・マザーズ」を折をみて見に行こうと思っているいま、この作品を見直してみました。 劇場で見たときは、色の洪水!と思って圧倒されたけど、家のテレビで見ると、監督…

デヴィッド・リーチ監督「ブレット・トレイン」3562本目

U-NEXTで視聴。この監督は「ワイルド・スピード」の人か。なるほど。このトーキョーはブレードランナーというより、羽田空港国際線ターミナルの、アニメとジャパンをまぜこぜにしてしまったショッピングエリアに似てる。(なんで国内なのに、外国で日本を誤…

ミケランジェロ・アントニオーニ監督「太陽はひとりぼっち」3561本目

モニカ・ヴィッティがもはや気だるい美女にしか見えないという刷り込みをさらに深める作品。でも「赤い砂漠」よりは笑顔が多い気もする。 アフリカの人のまねをするのは、彼らのエネルギーに惹かれるからか。彼女は一貫して意志や考えなしに、流されていきま…

ユーロス・リン監督「ドリーム・ホース」3560本目

いいなぁ。こういう映画、好きです。さすがRotten Tomato観客評価97%。友達がご招待された試写会にくっついて行って、「ウェルシュケーキ」のお土産までいただいたから誉めてるわけじゃないですよ! なんとなくションボリした英国のある町の人々が、がんば…

ミケランジェロ・アントニオーニ監督「欲望」3559本目

主役はヴァネッサ・レッドグレイヴ!?なんで彼女が(私の世代だと、強いおばさん~おばあさん役で馴染んでる)イタリア映画に? でも冒頭からスウィンギン・ロンドンな感じで、イギリスが舞台の作品なんですね。デヴィッド・ヘミングスっていかにもロンドン…

ミケランジェロ・アントニオーニ監督「赤い砂漠」3558本目

見た人の多くが「難解」「わからなかった」「モニカ・ヴェッティ美しい」と書いていて、おおむね同感です。 1回流して見て「???」となったので2回目に見てみてもやっぱり謎だったけど、霧の中で彼女が港をさまよう映像は不条理劇の雰囲気で、イタリアン…