映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ティン・プー 監督「ヴァル・キルマー 映画に人生を捧げた男」3741本目

U-NEXTに入ってたので見てみました。「トップガン・マーヴェリック」で見た彼の姿はなかなか衝撃的で、ちょっと感動した。俳優魂だなぁ、どんな状況になっても、今の自分のままカメラの前に立つのって。 この映画によると、彼には才能豊かな兄弟がいて、子ど…

島耕二 監督「宇宙人東京に現わる」3740本目

この星型の「ヒトデに目」みたいな宇宙人キャラの可愛いこと! 宇宙船の効果音とか、小さい頃浴びるように見ていたウルトラシリーズを思い出します。だからいいの、これはチープなんじゃなくて昭和レトロなの。なんの違和感もなく見てしまえる世代ですけどね…

松山博昭 監督「ミステリと言う勿れ」3739本目

テレビ版を見てました。いろいろムリムリな設定やトリックばっかりなんだけど、私は「土曜ワイド劇場」を見て育った女。テレビのサスペンスドラマの空気感が好きなんですよね。今いちばん勢いのある素敵な役者さんたちが勢ぞろいしているという魅力もありま…

阪本順二監督「せかいのおきく」3738本目

ずっと「せかいのきおく」だと思ってた。江戸の武家の娘が中心の世界なのか。そう言われてみると、半径3メートルくらいの狭い世界が世界のどこにでもある普遍的なもののように思えてくる。 佐藤浩市と寛一郎が厠の中と外で会話してた。息子のほうはまだきれ…

松浦弥太郎監督「場所はいつも旅先だった」3737本目

暮しの手帖もと編集長の松浦弥太郎が監督したドキュメンタリー。 ツアーでなく個人で旅行するときは、海外にかぎらず国内でも、いろんな場所にのこのこ出かけていったり、行きつけの店ができたりするのも楽しい。 私はどんな旅も好きで、いわゆる名所は膨大…

児玉進監督「乱れからくり」3736本目

1979年の作品。主役の新米探偵に松田優作、その事務所の所長が野際陽子、刑事が田中邦衛。渦中の一族のメンバーは沖雅也、篠ひろ子、結城しのぶ、峰岸徹、老けメイクの岸田森。・・・と、素敵な役者さんたちの全盛期が見られてときめきます。映画全体の印象…

ミシェル・アザナヴィシウス 監督「キャメラを止めるな!」3735本目

日本人プロデューサーとして怪しさ100%で登場する竹原芳子と、役名がぜんぶ日本人のままなのが可笑しかった。日本軍の施設と無理に言い張るところとかも・・・。30分1シーンの冒頭は、オリジナル版のほうが緊迫感あったんじゃないかな? かなり忠実な(笑…

ベン・スティラー監督「リアリティ・バイツ」3734本目

この映画は私とほぼ同世代だけど、1993年のこの映画のことはまったく記憶がない。「マイ・シャローナ」とか、ピーター・フランプトンのカバー曲とか、懐かしい曲も多いけど、思い出せないものもある。私はこの時代たぶんアメリカよりUKと日本とワールド・ミ…

イ・ファンギョン 監督「7番房の奇跡」3733本目

韓国で大ヒットし、映画賞をごっそり持って行った作品、らしい。 私はインドネシアから来た女性から勧められて見ました。日本ではそれほど知られてない韓国映画がインドネシアで人気だという事実が興味深いけど、韓流好きの彼女が韓国でなく日本で学んでいる…

黒澤明監督「まあだだよ」3732本目

内田百閒の伝記映画、なのかな。「ノラや」でやっと気づいた。私も相当うちの猫を溺愛してるけど、この先生には負ける。映画のなかの内田百閒は子どものように純真で、ひたすら愛されるだけの存在といってもいい。まるで頼りないけど愛される末っ子気質。な…

白石和彌 監督「止められるか、俺たちを」3731本目

この映画が公開されたころはもう、私は一日一本くらい映画をみる生活に突入していて、この映画のことも覚えてる。井浦新や若松監督をやる、ということしか覚えてない。でも主役は吉積めぐみという、実在した女性の助監督なんだな。見てみないとわからないも…

ピエル・パオロ・パゾリーニ 監督「テオレマ」3730本目

パゾリーニ監督作品は、キリスト教の悪い部分を描くことになってるんだろうか? 世界の終わりを告げる使徒のようなテレンス・スタンプ(不吉なジュード・ロウという感じ)がある邸を訪れると、邸の人間はみんな、彼に自分を与えずにいられなくなる。彼が急に…

マイク・カズンズ監督「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行」3729本目

この前にU-NEXTで配信されてるCNNの「ハリウッド映画の一世紀」っていうシリーズもののドキュメンタリーを見ました。時代を区切って84分間×6本。主役級の俳優や監督が、自分以外の俳優や監督に感激した経験を語る(自分たちのことも話すけどね)のが、見てい…

バーバラ・ローデン 監督「WANDA ワンダ」3728本目

なるほど。全然”名作”ではないけど、なんかすごくいい。私は、こういうどこかボーっとした人のいい女性が大好きなんだ。なんでだろう?と考えてみたら、私なら肩ひじ張って、バカじゃない振りをしたり、バカだと思われないように努力したり、そういうセコイ…

スティーブン・スピルバーグ監督「ジョーズ」3727本目

<結末に触れてますが、昔の作品だからいいよね?> U-NEXTで「ハリウッド映画の一世紀」っていうドキュメンタリーシリーズを配信していて、~1950年代、60年代、70年代、80年代、90年代、2000年以降という6回に分かれているのですが、これが映画好きの魂に…

イエジー・スコリモフスキ監督「EO」3726本目

「11ミニッツ」が”犬死に”を描いた不思議な映画として強烈な印象を残したスコリモフスキ監督。今度はロバ??ロバってすごく可愛いけど、どうもちょっとおまぬけなイメージがあります。この子を彼はどうしようというのか。「バルタザールどこへ行く」で泣い…

ピエール・エテックス監督「恋する男(旧題:女はコワイです)」3725本目

この監督の「ヨーヨー」を先に見たんだけど、パリのしゃれっ気あふれる素敵な作品でした。可愛くて可笑しくて優しくて。この作品も、成長した少年がまだうまく大人の男になりきれず、失敗ばかりするのが愉快です。 とにかく、世界中の女子が憧れる華麗なパリ…

ダーレン・アロノフスキー監督「レクイエム・フォー・ドリーム」3724本目

教習所で見せる事故映像のように、この映画(ダイジェストでいいから)をすべての高校生とかに見せたら、好奇心で薬物に手を出す人が激減するのでは・・・(具合が悪くなって保健室に駆けこむ人もいそう)。副題「ダメ!ゼッタイ」、としたい。 そんな中毒映…

ピエール・エテックス監督「ヨーヨー」3723本目

すごく美的にこだわった作品ですね。たのしく、うつくしく、ちょっと切なく、完成度が高い。ジャック・タチを思い出すなと思ったら、実際エテックス監督はジャック・タチのスタッフだったんだ。この作品の権利関係をクリアして再発するための運動には、ゴダ…

ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」3722本目

日本に住んでいる外国人の友人が遊びに来ていたんだけど、このあとニューヨーク・バーに行くというので予習(?)として、一緒にこの映画を見てみました。楽しい酒になってくれるといいんだけど。 外国人としてこの映画を見るとどんな気分なのか聞いてみたら…

トッド・スティーブンス監督「スワンソング」3721本目

いい映画でした。ウド・キアー演じるパットのちょっと崩れた色気、素敵です。なんでこう、MtoFの人たちは、妬みや悔しさをストレートに出せるんですかね。 腕もセンスも良かったけど毒舌で身勝手で客が離れて行った、往年のカリスマ美容師。彼の最上客を奪っ…

ヴィム・ヴェンダース監督「PERFECT DAYS」3720本目

(ネタバレあるかもです) 私の家の近くにもこのプロジェクトの公共トイレがあります。きれいでいいんだけど、用を足す勇気が全然出ない・・・。トイレという名のアートとして楽しんでいます、では、だめかな。 役所広司とヴィム・ヴェンダース監督だし、す…

前田哲 監督「老後の資金がありません!」3719本目

会社の倒産、オレオレ詐欺、子どもの結婚・・・想像するお金のトラブルが全部、立て続けに起こります。想像どおりの展開だけど、天海祐希のタフさと図々しさ(役柄上の)が心地よく、それより何より草笛光子のかくしゃくとした美しさやリンとした歌声に惚れ…

ギリーズ・マッキノン 監督「君を想い、バスに乗る」3718本目

ティモシー・スポールとか、スティーヴ・ブシェミとか、若い頃から佇まいそのものが個性的な俳優って、年をとってくるとますます他の人に真似できない存在感が際立ってくるし、なんともいえず惹きつけられてしまう。 この映画って、英国のふつうの人たちの悪…

ウェス・アンダーソン監督「アステロイド・シティ」3717本目

みなさんも書いているように、切れ切れのこのテンポが妙に集中力を削いで、最後まで見るのに疲れてしまいました。超天才少年少女たち(今回は人数が多い)の話し方に抑揚がないのと、「ActX SceneXX」で流れがちょくちょく止まるので、やっと慣れたこの調子…

バラン・ボー・オダー 監督「ピエロがお前を嘲笑う」3716本目

<ネタバレあります!> どんでん返しがありそうなので、他の方のレビューは読まず、前情報も抑えて見てみました。 主役ベンヤミンは知的で小柄で、ケンカは強くなさそうだけど、ちょっと鬱屈したかんじの青年。こう見えて実は・・・?と思わせます。なかな…

ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ監督「トリとロキタ」 3715本目

救いとオチがないダルデンヌ兄弟の監督作品のなかでも、これまた救いのない映画でしたね・・・。(←これネタバレでしょうか?) 感想を書こうにも、言葉がない。こんな現実が実際に存在する。日本にはこれほど確立したマリファナの流通がないと思うので、同…

ユホ・クオスマネン 監督「コンパートメントNo.6」3714本目

(この感想も、自分の若い頃の回想ばかりになりそうです。他人の個人的なことなんか読んでられるか!という方には、あらかじめお詫び申し上げます) まず、この映画はロシアやフィンランドやエストニアのお金で作られたものらしい。舞台は1990年代で、その頃…

ロバート・ロドリゲス監督「デスペラード」3713本目

(ネタバレかもしれない、ご注意ください) 最近、ペドロ・アルモドバル監督の初期の作品をやっと(ほぼ)コンプリートして、改めてアントニオ・バンデラスの変遷を確かめたくなってきました。バンデラスの出世作といえばこの「デスペラード」。昔見た覚えが…

斎藤耕一 監督「約束」3712本目

今年はまだ130本強しか映画を見てない。例年300~500本近くまで見てたのにな。 これは久々に「キネマ旬報ベストテン」の本をパラパラ見ていて、まだ見てない名作のうちVODですぐ見られそうなものを見繕ってみました。これもそのうちの一本。 萩原健一、小さ…