映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

今村昌平監督「果しなき欲望」3239本目

今村昌平のごく初期の作品。 冒頭、1958年の地方都市の、まだ戦後の雰囲気が残る駅前。集まってきたのは星形のバッヂを胸に付けた悪そうなやつら。新卒サラリーマンみたいな若造は小沢一郎だ。一番悪役ヅラしてるのは西村晃(若い頃のミシェル・ピコリと重な…

マイク・ホッジス 監督「フラッシュ・ゴードン」3238本目

NHKBSでクイーン特集をやった流れでこれも放送したので、初めて見てみた。 フラッシュ君はクリストファー・リーヴのスーパーマンに似てるな、と思って時代を画印したらスーパーマンの映画が1978年。なるほどの二番煎じ感。(失礼!) そもそも何でアメコミの…

イ・チャンドン 監督「シークレットサンシャイン」3237本目

ペパーミントキャンディーの世界だ。絶望(比喩じゃないやつ)のあとのインスタント解脱、そこからやっと壊れ始める人格。安易な救いなんてどんな宗教でもないのだ。 自分を傷つけたアイツはきっと今頃、宗教に救いを見つけたり、家族と笑いあってアイスでも…

是枝裕和監督「花よりもなほ」3236本目

わかりにくかった…。 是枝監督の作品は一通り見てみよう、と思って見てみたけど、のんびりとしてコミカルな長屋の人たちの雰囲気に飲まれて、仇討ちとか切腹とかが”場面のひとつ”としてするする流れていってしまった。 珍しく時代劇だけど、長屋のひとびとの…

ロバート・タウン監督「テキーラ・サンライズ」3235本目

小じゃれたトロピカル・カクテル片手に浜辺で、トサカを高く立てた女子とごっつい野郎どもがからむようなタイトル(原題同じ)。まるで1980年代の日本のトレンディ・ドラマみたいな世界だ。メル・ギブソン若い。ミシェル・ファイファーすごくきれい。カート…

ポール・マザースキー 監督「グリニッチ・ビレッジの青春」3234本目

最初は「ふーん」という感じだったけど、ちょっと忙しかったので流してみながら作業をしてるうちに、好きになってしまった、この映画。友達と同じで、長い間一緒にいるだけで、だんだん親しくなっていくような。ジャンルとしてはもう作りつくされているかも…

ジョセフ・ロージー 監督「唇からナイフ」3233本目

お洒落に決まってるタイトルとジャケットイメージ。冒頭の音楽も、アイドルとポップスの中間みたい。 原題のモデスティ・ブレイズはモニカ・ヴィッティ演じるセクシーな泥棒の名前。いいなぁこの人。何物にも動かされず好きなことだけやってるような、この雰…

坂東玉三郎監督「外科室」3232本目

これもずっと見てみたかった。最近映画はVODでばかり見てるけど、久々にTSUTAYAの宅配レンタルでまとめて借りた中の1つ。 ストーリーは知った上で見る。画面は一貫して美しく夢みるような感じ。ただ、寝て見た夢みたいに、ぼんやりとした気持ちになってしま…

ケン・ローチ監督「ジミー、野を駆ける伝説」3231本目

「ジミーのホール」がどうして「野を駆ける伝説」になるんだろう。ちょっと映画の雰囲気と違っていて、むしろ日本人がアイルランドに求めるイメージにおもねたようなタイトルじゃないか?いいけど。 カトリックがいろいろ厳しいということは見聞きしてるけど…

ロバート・シオドマク監督「幻の女」3230本目

Amazonプライムに勧められて見てみる。アリバイを証言してくれるはずの、名も知らない女…。なかなかスリリングな紹介文に好奇心をそそられます。 ガラガラの酒場ではカウンターで2人で飲んでいたのに、バーテンダーは一人だったという。二人で乗ったタクシー…

原一男監督「全身小説家」3229本目

瀬戸内寂聴さんの訃報を受けて、彼女の主だった作品を読んでいたら、井上光晴とのロマンスとそれに続く出家という話があちこちで語られていて、この人のことも見てみなければと思った次第。 監督が原一男だからか、赤裸々に本人の日常をさらけ出してますよね…

山田大樹監督「湘南爆走族」3228本目

これもまた、今誰が見るんだろうという作品。同年代の人と話してたらこの映画の話が出て、今さらもいいとこだけど見てみようと思いました。 確かに出てるわ、江口洋介と織田裕二。手芸部の部長は清水美沙か。カン高い声は確かに彼女のものだけど、ふっくらし…

行定勲監督「ピンクとグレー」3227本目

これと原作者が同じ「オルタネート」を読んだばかり。仕掛けを作る志向の人なのかな。「オルタネート」ではSNSを介して盛り上がるゲイのカップルや、お料理コンテスト、AIによる遺伝子マッチングなどを盛り込んでた。この作品では、幼なじみのトップスターの…

パウロ・モレッリ 監督「シティ・オブ・メン」3226本目

すごくよく出来てた「シティ・オブ・ゴッド」の続編ということで見てみた。 全然感触が違う。こっちの画面のほうが慣れてる…日常を撮った感じがする。「ゴッド」はおもちゃみたいな公営住宅が舞台だったけど、今度は山腹に沿って建つ違法建築のスラムが舞台…

フェルナンド・メイレレス 監督「シティ・オブ・ゴッド」3225本目

すごく面白かった。悲惨な恵まれない子どもたちの映画…とは描かれてない。スラムの子どもギャングたちがどんな風に世代交代して、どんな風に凶悪化していったかを語るのは、カメラの後ろという傍観者の地位を手に入れたことで生き延びて、抜け出すことができ…

ベネディクト・エルリングソン 監督「たちあがる女」3225本目

アイスランドが気になって、映画を見つけたら必ず見るようにしています。氷で覆われた真っ黒い溶岩でできた最果ての島。金髪碧眼の美しい人たちが、映画の中では割と突飛でどこかマヌケで、いい奴かと思ったらなかなかの問題人物だったりして、まったく掴め…

キム・ドヨン 監督「82年生まれ、キム・ジヨン」3224本目

1982年生まれということは、現時点で39歳。原作が書かれたのは数年前としても30代後半、し烈な学歴社会のなかで塾にも通い、がんばって進学して就職して、結婚して出産してまだ子どもが小さい、という女性像は日本でも共感する人が多そう。この作品の前に見…

キム・チョヒ監督「チャンシルさんには福が多いね」3223本目

韓国では働く独身女性がたらいで洗濯したり、大家さんちで肉をごちそうになったりしてるのか。(※一例だけ見て一般化は禁物)昔の学生向けの下宿みたい。家族と一緒みたいでちょっといいな。私こういう、普通の人たちの映画って好き。 女らしさを武器にしな…

篠原哲雄 監督「犬部!」3222本目

面白かったけど、時系列が行ったり来たりする一方で、出演者たちの見た目が同じままなので、画面テロップの「200x年」をよく見ていないと混乱する。ワンコの成長で時系列をチェックすればよかったと、あとで気づく。 原作がノンフィクションで、同時期に別の…

ミシェル・ゴンドリー監督「エターナル・サンシャイン」3221本目

これ見るの何回目だろう。DVDまで持ってる。 暗いジム・キャリーとチャラいケイト・ウィンスレットという意外な組み合わせ、なぜか端役のキルスティン・ダンスト、イライジャ・ウッド、マーク・ラファロの重要性があとになってわかってくる面白さ。ミシェル…

フランシス・リー監督「アンモナイトの目覚め」3220本目

<後半のストーリーに触れています> U-NEXTの”見どころ”に書かれている「ウィンスレットとローナンの体当たりの演技合戦」がセンス悪いなぁ。濡れ場のことを”体当たりの演技”っていう、使い古された常套句。映画を見るのは女優のヌード目当ての男ばかりだと…

トレヴァー・ナン監督「ジョーンの秘密」3219本目

見たい映画を旬のうちに見る癖をつけたい…これもだいぶ時間が経ってしまった。 第一印象は、すごく普通にシンプルに作った映画だなということ。ヒネリとか驚きとかを演出せず、時代の中でもがき続けた一人の普通の女性を追って、とつとつと語る作品でした。…

トーマス・ヤーン 監督「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」3218本目

割と作りがラフで、アイデア勝負の若い学生さんの卒業制作みたいな、青い感じだなと思った。瀕死なのにめっちゃ元気な二人と、完全にコメディのギャング二人。ギャグのセンスがヨーロッパっぽい。私が愛読してるレビュアーの皆さんに愛されてる作品だけど、…

ジェレミー・ソルニエ監督ほか「トゥルー・ディテクティブ 3rdシーズン」3217本目<KINENOTE未掲載>

マハーシャラ・アリ(あの「グリーン・ブック」の!)のクールなたたずまいがすごく良いシリーズ3。アリ演じる切れ者刑事ウェインの、事件直後、10年後、そして老いて認知症が現れ始めた状況を描いているのがまた新鮮で、誘い込まれます。つまりその事件は…

ジャスティン・リン等監督「トゥルー・ディテクティブ 2ndシリーズ」3216本目<KINENOTE未掲載>

1stシリーズは初回のあたまから盛り上がったけど、こちらはもっとじっくり見るタイプかな。それでも一気見してしまったんだけど、最後の最後、往生際が悪くて二人がやられてしまうのが、不自然というか物足りないというか…。 とか言いながら、3rdシリーズも…

清水康彦 監督「その日、カレーライスができるまで」3215本目

別府ブルーバード劇場にて鑑賞。この映画館を応援したいので、別府に行くと時間を作って、その時間にやってる作品を見て”お布施”?するようにしてます。 この作品は斎藤工(最近制作側でよく名前を見るな)の企画・プロデュースによる中編で、とにかくもうリ…

ジョナ・ベッカー 監督「最後の1本 ペニス博物館の珍コレクション」3214本目

「夫のxxが入らない」くらいインパクトのある邦題だ…副題をはしょろうかと思ったけど、このまま載せます。KINENOTEでフォローしている方が感想を書いてて「そんな映画があるのか!」と見てみることにしました。なぜなら…私この博物館、行ったことがあるん…

才谷遼 監督「ユーリー・ノルシュテイン「外套」をつくる」3213本目

これも公開当時からずっと「見たい」に入れてた作品。とっくにソフト化されてたんだなぁ。 この映画は日本映画なんだな。「ユジクV」の才谷監督がどうしてもノルシュテインの「外套」が見たくて、スタジオに押しかけたということの経緯をそのまま映画として…

クロエ・ジャオ監督「ノマドランド3212本目

やっと原作が読めたので、VODで再見。 映画は現実より美しく撮ってある、と言った人がいた。その通りだなと言わざるを得ない原作でした。アマゾンもキャンプサイトも仕事は相当苛酷で、かなり頑健なおばあちゃんたちでも音を上げるような重労働。時間を短縮…

ホセ・ルイス・ロペス=リナレス 監督「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」3211本目

太陽の塔の内側みたいな絵ばかり一生描き続けた謎の異才、天才というより異端、だと思っていたので、あまりに正統派的な取り上げ方がちょっと意外です。冒頭にタルコフスキーの引用があったり…。 ボスの名字の表記はドイツのボッシュ社と同じで、オランダ人…