映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン監督「ハートストーン」3508本目

先日見た「ニトラム」を思い出しながら見ます。アイスランドもタスマニア島も、欧米社会のなかでは辺境中の辺境。人種差別や女性差別といった、世界の他の地域でテーマになりがちなものではなく、ムラ社会のなかで孤立していく同じ属性の人々の中の「違い」…

マーティン・スコセッシ監督「カジノ」3507本目

面白かったなー。ロバート・デ・ニーロの腹の座った演技、ジョー・ペシのインチキな軽さ、シャロン・ストーンの壊れた美しさ・・・。3時間近くの長尺を飽きさせずに見せてくれます。 ただ、多分みんな思っただろうけど、なんとなく既視感があって新しい感じ…

エドガー・ライト監督「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」3506本目

面白かった! おバカコメディなんだけど、大変テンポが良くて、笑える以上の充実感があります。さすがのエドガー・ライトなんだけど、なによりサイモン・ペッグがいるだけで可笑しい。それに、名前を知らないイギリスのおじさんおばさん俳優たちの演技のうま…

ラウル・ペック監督「私はあなたのニグロではない」3505本目

これはアメリカだけのことじゃないし、黒人だけのことじゃない。世界中に長い歴史があるし、日本でも、移民に対する暴力の歴史は長い。(※語り手に対して、「アメリカの黒人の経験は特殊じゃない」と物申す意図ではありません、他人ごとではない、自分のこと…

ジャン・リュック・ゴダール 監督「女と男のいる舗道」3504本目

追悼ひとりゴダール特集。U-NEXTにある未見の作品を古い順に。 昨日みた「小さな兵隊」は私が苦手な観念的社会的な要素が多めだったけど、映画初出演のアンナ・カリーナを「あーこの美少女に堕ちたのねゴダールは。なるほど」と思いながら見られたのはよかっ…

ジャン・リュック・ゴダール監督「小さな兵隊」3503本目

追悼ゴダール監督。 見た作品もけっこうあるのに、見てない作品が山になってる。多作すぎる。 長い長いフィルムグラフィを見て初めて「中国女」や「東風」といったYMOの有名楽曲のタイトルが彼の作品から来てると気づく。(作詞してたクリス・モスデルの趣味…

ベン・スティラー監督「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」3502本目

どこかでこれこそが史上最低の映画だと聞いて、わくわくしながら見てみました。 感想:まったくその通りだ・・・想像を超える最低さ・・・見なきゃ良かった・・・。豪華すぎるキャストが嬉々として演じるバカどもに、むかっ腹が立ってきます。膨大な命が失わ…

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監督「ある画家の数奇な運命」3501本目

ゲルハルト・リヒターのことは全然知らないんだけど、今初の日本での展覧会が行われていて、明日にでも行ってみようと思ってるというので予習のために見てみます。 感想。映画としてすごく面白い良作でした。主役のトム・シリング、ティモシー・シャラメのよ…

ミハイル・カラトーゾフ監督「鶴は翔んでいく(戦争と貞操)」3500本目

<結末にふれています> 「怒りのキューバ」を見たら、これもモスフィルムの公式動画がYouTubeに載ってたので見てみました。カメラは「キューバ」と同じセルゲイ・ウルセフスキーだけど「キューバ」より7年前、1957年の作品。冒頭からなんだか重苦しいヨーロ…

ミハイル・カラトーゾフ 監督「怒りのキューバ」3499本目

Twitterでこの作品のハイライトシーンがなぜか何度も流れてくるのを見て、まるで実現不可能にしか見えないそのカメラワークに驚愕したのは私だけではないはず。YouTubeで公式動画が見つかったので見てみました。 キューバは憧れの国。ツアーで見て回れたのは…

テッド・コッチェフ 監督「荒野の千鳥足」3498本目

もう、日本の配給会社がマジメに宣伝する気がないのが明らかなこの邦題(笑)。「死霊の盆踊り」と双璧を成すといっても過言ではないな。 オーストラリア映画か・・・。「マッドマックス」だの「クロコダイル・ダンディ」だの、思い切るとドッカーン!とやら…

ジョン・バダム監督「サタデー・ナイト・フィーバー」3497本目

「グリース」の次にこっちも見直してみる。ジョン・トラボルタの髪型が妙につるんと整えてあって「普通の人々」のお母さんみたいだ。「グリース」よりさらに、ベトナム戦争後のエアポケットのように穏やかなアメリカを写してるような街角や人々がなんともじ…

ランダル・クレイザー監督「グリース」3496本目

追悼オリビア・ニュートン・ジョン。これは未見でした。 マンガみたいに楽しいオープニング・・・これは当時日米あるいは世界中の若い子たちがウキウキしながら見ただろうなぁ。1978年もその後も、高校生のノリは基本的に変わってないように思える。ジョン・…

ロバート・ゼメキス 監督「キャスト・アウェイ」3495本目

<結末にふれています> ゼメキスといえばバック・トゥ・ザ・フューチャーにフォレスト・ガンプ。きっと楽しませてくれるに違いないと思ったら、辛い辛いお話だった。私はいつも人に「1日30時間あるんでしょ?」とか「いつ休むの」とか言われるほうで、何も…

トム・フォード監督「シングルマン」3494本目

RCサクセションの大昔の名盤と同じタイトルだな。あれも孤独を感じさせる名作だったけど、これもまた全く違う観点で素晴らしい。 どう素晴らしいかというと、トム・フォードの作品って「ノクターナル・アニマルズ」もそうだけど、徹頭徹尾が彼の妄想によるも…

スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」3493本目

2005年というと今から17年前でダコタ・ファニングがまだこんなに小さい。でもトム・クルーズは「トップ・ガン」(1986年)の20年後で落ち着いた父親役。 家族ドラマのようなはじまりが、突然の巨大ロボットのようなものの出現で、世界はパニックに襲われる。…

ピーター・メダック 監督「チェンジリング」3492本目

<結末にふれています> カナダ映画だし、アンジーが出てるほうの「チェンジリング」がなかなかの秀作だったので、この作品はどうも、マイナー感があります。 1980年作品にしては、あの頃のアメリカ映画のどこか賑やかな風合いがなくて、同じ頃のドイツ映画…

デヴィッド・マメット監督「フィル・スペクター」3491本目<KINENOTE未掲載>

これも「テレビ映画」だからKINENOTEに載らないのか。希代のヒットメーカー、Wall of Soundのフィル・スペクターの映画で、アル・パチーノとヘレン・ミレンが出てるのに。 フィル・スペクター。「レット・イット・ビー」は名盤だけど「ロング・アンド・ワイ…

ジョニー・ロイヤル 監督「イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社」3490本目

フリーメイソンは”友愛会”でイルミナティはそれより悪に傾いた信条を持ってるんだっけ、くらいのイメージしかない状態で見ました。・・・どういう団体なのか、いいのか悪いのかよくわからなかったけど、かつて超こまかい階層があって古代文化をとりいれた儀…

アジョイ・ボーズ監督「ビートルズとインド」3489本目<KINENOTE未掲載>

U-NEXTに出てたので興味深く見ました。ちょうど「ビートルズ・イン・インド」という別の映画が近々日本で公開されるとのこと。「イン・インド」は2020年、こっちは2021年なのでこっちのほうが新しい。 「超越瞑想」が一気に世界的なブームになったのは、この…

ウィリアム・フリードキン監督「恐怖の報酬」3488本目

途中まで違う映画を見ているのかと思った。アンリ・ジョルジュ・クルーソー監督のを見たときの印象が、ドライバーの募集から始まってすぐにトラックが走り出したような印象だったから。 この映画では、4人のドライバーたちが命がけで大金ゲットを狙う背景を…

フリッツ・ラング監督「リリオム」3487本目

<ネタバレあります> (この作品はラング監督の「映画監督に著作権はない」には出てきません。) 1943年の作品。 リリオムってメリーゴーランドに乗ってる細面のブロンド嬢の名前だと思ってたら、彼女に言い寄る係員の男の名前だったのね。その男を演じてる…

大九明子監督「私をくいとめて」3486本目

<ネタバレあります> この映画も痛い・・・痛くて痛くて。第三者的に言うわけじゃなくて、31歳のときの、シャイだとか言っても、もう可愛いと思ってもらえなくなった年齢の自分を思い出して、いたたまれない気持ちで爆発しそうになります。 こっぱずかしい…

アキ・カウリスマキ監督「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」3485本目

やっぱり可笑しい・・・ 音楽雑誌か何かで初めて知ったんだと思う、彼らのことは。巨大なリーゼントのアメリカかぶれのソ連のバンド?(本当はフィンランド)という無謀なキャラクター設定が、今見ても爆笑してしまう。そしてカウリスマキ監督との出会いでも…

沖田修一監督「さかなのこ」3484本目

沖田監督の作品は好きでよく見てます。公開初日に劇場で見たのは「映画の日」だから、もあるけど、去年1日だけこの映画のエキストラ撮影に参加したので、自分が映ってるのかどうか早く見てみたかったのが一番の理由です。 撮影時には監督名以外すべて伏せら…

クリント・イーストウッド監督「ルーキー」3483本目

<結末近くの内容にふれています> クリント・イーストウッドの監督作品は片っ端から全部見る価値があると思うけど、これはそれに加えて、私の大好きなラウル・ジュリア(いつ見てもギョロ目)が出演していて、しかも明日でU-NEXTでの提供が終わるというので…

ポール・トーマス・アンダーソン監督「マグノリア」3482本目

<結末にふれています> 最新作の「リコリス・ピザ」を見たら、改めてこれが見たくなった。あの映画で、私はこんな感想を書いた。 『この監督のほかの作品は重いものも多いけど、どれも”どうしようもない人間のサガ、あるいは運命”を描いてるように思える。…

ドミニク・セナ 監督「ソードフィッシュ」3481本目

21年も前の作品か。みんな見た目変わらないなぁ。 昔の007シリーズを2本見たばかりだからか、音楽がそれっぽいからか、イメージと違ってスパイ映画のような感じを受ける。それから、ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリーは既にあるイメー…

ダニー・ガルシア 監督「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」3480本目

このテーマの作品、けっこう見てるな。アレックス・コックスの「シド・アンド・ナンシー」、レック・コワルスキーの「D.O.A.」。 ナンシーが20歳で亡くなったのは1978年、シドは21歳で翌年亡くなった。安全ピンや破れたTシャツの”ロンドン・パンク”が終わっ…

デイビッド・イェーツ 監督「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」3479本目

<ネタバレあります> 以前出かけたとき、行きのJALの機内で途中まで見て、帰りに続きを見ようとしたら映画システムのない機材だった。後日ANAで映画が見られる機材だったのにこの映画は載ってなかった・・・。やっとVODで見られて嬉しい。 ジュード・ロウと…