映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

アメリカ映画(80年代まで)

ジョン・フォード監督「捜索者」2406本目

ジョン・フォードが監督で、ジョン・ウェインが主役で、アメリカのモニュメント・バレーで撮影されたとなると典型的な西部劇ってやつですねきっと。そして、唐突に何の脈絡も必然性もなく、女子供ばかりが立てこもっている家を焼き討ちにして、逃げようとし…

ウィリアム・ワイラー監督「探偵物語」2400本目

<ネタバレあり> 1951年という大昔の作品だけど、冒頭のニューヨークの摩天楼を高い位置から写した映像がじつに美しい。都会って生き生きしていて明るいのね、と思ってしまいます。 しかし地上では車をほかの車にぶつけて強引に駐車する、太った柄の悪い男…

プレストン・スタージェス監督「サリヴァンの旅」2374本目

この監督の映画見るの、初めてだ。初の脚本家から監督への転身、いまは忘れられた大監督、なのだそうです。爆裂トーク、大げさアクションの典型的なコメディですね。楽しい。 飛ばしてる車の中で乗ってる人たちがあっちにぶつかり、こっちにぶつかり、キッチ…

オットー・プレミンジャー監督「黄金の腕」2368本目

ヒッチコックにしては極端に冒頭のシークエンスがオシャレすぎると思ったら、プレミンジャー監督ものでした。さすが~~。そしてプレミンジャーなのでミステリーはなく、明るいノワールといった感じ。誰も何もいいことはないんだけど、因果応報によるカタル…

スパイク・リー監督「ドゥ・ザ・ライト・シング」2349本目

パワフルで引き締まった女性のリズミカルな動き。タイトルの文字の色使い、強いビート…しょっぱなから、ハリウッド的なアメリカ映画と、まるで違います。今のブルックリンはアートっぽくて、なんとなくナチュラルでオーガニックなカフェとかがたくさんある観…

キャロル・リード監督「邪魔者は殺せ」2341本目

先日神田古書街に行ったときに、1977年発行の植草甚一「サスペンス映画の研究」という本を見つけて買いました。いかにも高度成長期っぽい装丁で表紙には「第三の男」のオーソン・ウェルズ。即買いしてしまいました。 ※ちなみに2005年に再発してます↓↓↓ 1970…

オットー・プレミンジャー監督「月蒼くして」2339本目

監督の名前がタイトルに出ただけで血圧が少し上がるくらい期待が高まるのに、「バニー・レーク」でも見る人を魅了したようなオシャレなタイトル。今ならミシェル・ゴンドリーでも使いそうな文字の端っこが丸くなったカワイイフォント。最新ファッションでい…

アルフレッド・ヒッチコック監督「逃走迷路」2337本目

これは面白かった!手に汗握る、練り上げられ、エンタメ性の高いサスペンスです。ヒッチコックらしい強烈なスリル、「どうやって撮った!?」と思うような映像効果、大勢の人たちの中にいるのに助けてもらえないというシチュエーション… そしてクライマック…

オットー・プレミンジャー監督「栄光への脱出」2321本目

意外と昔の映画です。1960年。2019年から振り返ってみると、イスラエル建国からわずか12年、と感じます。独特のケレン味のある映画を撮ってきたプレミンジャー監督が、イスラエル建国の経緯を本気で撮った大作。この監督なんとも好きなんだよなー。ちょっと…

ハーバート・ロス監督「ファニー・レディ」2315本目

1975年、「ファニー・ガール」から7年後。ニッキーをはじめとして、以前と同じキャストがたくさん出ています。もしかして黒人メイドも同じ人かな?と思ったら「ファニー・ガール」のエマはRoyce Wallace、「ファニー・レディ」のアデルはMitti Lawrence、別…

ウィリアム・ワイラー監督「ファニーガール」2313本目

今日はバーブラ・ストライザント特集。音楽だけで映像が出てこない箇所があるので戸惑いますが、昔の長い映画なので冒頭と幕間の音楽だけの部分があったのかな。VODだからその部分に映像がついてないとか? 「ローマの休日」と同じ監督だなんて、時代感覚が…

フランク・ピアソン監督「スター誕生」2312本目

むかし一度テレビで見てるけど、レディ・ガガバージョンを見た後でちゃんと見直してみたくなりました。バーブラ・ストライザントとレディ・ガガはミュージシャンのタイプが全然違うのでどっちが良いとか悪いって話じゃないですね。 バーブラは中身の詰まった…

ビリー・ワイルダー監督「深夜の告白」2302本目

ビリー・ワイルダーって人は・・・。 ヒッチコックの映画も嫌な気持ちを喚起しますが、あっちは自分の身が危ない!という気持ちで、ワイルダー作品は、悪いのは自分だという罪悪感から来る嫌な気持ち…という意味で、かてて加えて不快感が強い。うーむ。あま…

ハワード・ヒューズ監督「地獄の天使」2290本目

舞台はヨーロッパだけど、1930年のアメリカ映画。 「ヘルスエンジェルス」といえば、極悪暴走ギャングの名前だと思ったら、実際、関係ありました。あちこち探しまわって、「hells-angels.com」でやっと見つけたところによると、第二次大戦時にアメリカ軍にこ…

ロバート・アルドリッチ監督「北国の帝王」2289本目

北国にしては、ちっとも寒くなさそう。Northと言ってもWestが西部と言うのと同様に、舞台となっているオレゴン州は北部アメリカなので、「北部アメリカの皇帝」でしょうか。(それじゃ座りが悪いので「北国の帝王」って邦題にする気持ちもわかる) それにし…

アルフレッド・ヒッチコック監督「断崖」2284本目

ヒッチコック作品もあと数本を残すのみ。心してゆっくり楽しまなくちゃ。 原題は「Suspicion」、疑惑。でも「断崖」のほうがヒッチコックっぽいドラマが期待できて、見に行くなら「断崖」のほうだな。邦題の勝ち。 ジョーン・フォンテーンの困り顔を見ている…

ジョン・カサヴェテス監督「フェイシズ」2247本目

何不自由ないけれど満たされない夫と妻が、半ばヤケクソになって、それぞれ別の場所へ夜遊びに出かける。そこでそれぞれ、若い女、若い男と出会う。ちょっとした気晴らしで済むはずだったのに・・・。 この人の映画は、いつも “ちょいと小じゃれた日常” から…

ゴードン・パークス・ジュニア 監督「スーパーフライ」2246本目

これもずっと見たかった!カーティス・メイフィールドが音楽を担当した、初の本格的ブラック・ミュージック映画だと思うけど、見始めると普通のギャング映画かな?って感じです。どことなく、演技が硬くていろいろアマチュアっぽい。しかしアメリカの映画の…

マーティン・スコセッシ監督「ミーン・ストリート」2238本目

ハーヴェイ・カイテルが若くて可愛い。わりと端正な好青年の役じゃないですか。今よくやってる枯れたオッサン役があまりに板についてるので、意外。「スモーク」の彼とかカッコよかったよね~。(ってあれ1995年か。24年も前)デニーロと比較されることがあ…

ジョン・カサヴェテス監督「アメリカの影」2238本目

カサヴェテス監督、斬新。若いころはこんなの撮ってたんだ。 なんかジム・ジャームッシュ作品みたいじゃない?この作品を撮ったのがギリシャ系の白いアメリカ人ってのが、とんがり具合を感じさせます。オチもないし。 その後の監督の、すごく身近にある目立…

サム・ウッド監督「チップス先生さようなら」2231本目

ほのぼのと不器用で暖かい人間ドラマでした。時代設定は100年以上前だけど、(ハリポタを見慣れてるからか?)イギリスのボーディングスクールの風景は古くは感じられませんでした。こういう映画見るといつも不思議なんだけど、老けメイクの技術って良くなっ…

フランク・ロイド監督「戦艦バウンティ号の叛乱」(「南海征服」)2230本目

1935年の作品。クラーク・ゲーブルが「風と共に去りぬ」と比べてそれほど若くもないけど白黒のかなりシンプルな画面。この人は知的でやんちゃで精悍で、いい顔をしてるなぁ。 残虐なブライス船長を演じてるチャールズ・ロートン、すごく見覚えがある。「パラ…

フランシス・フォード・コッポラ監督「ワン・フロム・ザ・ハート」2228本目

クレジットを何も見ないでこの映画を見たら、誰が作ったと思っただろう?コッポラとは思わないだろうな。映像のセンスは抜群だけど中身の薄さ、キャスティングの微妙さで、新人監督だと思ったかもしれない。 一言でいうと、不出来な「ラ・ラ・ランド」か・・…

ペニー・マーシャル監督「ビッグ」2226本目

こういう映画が意外と面白かったりするんですよね。 子どもが謎の神秘的な魔法で突然大人になっている、という設定。不幸になりすぎてもツライし、うまく行きすぎてもしらけてしまう。まだ初々しいトム・ハンクスが、“コドモオトナ”らしい様相を見せてくれま…

サム・ペキンパー監督「ガルシアの首」2225本目

首っていって、本当に首なんだもん・・・ サム・ペキンパーの映画、苦手だから見るのやめときゃよかったのに・・・。 <以下ネタバレ> いや、やめときゃよかったのは、ベニーがガルシアの首で一儲けなんてこと考えるのをやめときゃ良かったのだ。 墓掘りの…

ジョン・カサヴェテス監督「オープニング・ナイト」2223本目

これもまた、妻ジーナ・ローランズを通じて、夫ジョン・カサヴェテスが女ってもののツラさと愛おしさを描いた作品。「こわれゆく女」もそうなんだけど、ジーナ・ローランズを初めて見たのが「グロリア」なので、脆い女に見えない。実際はどんなに強そうな女…

ロブ・ライナー監督「恋人たちの予感」2215本目

実はこの映画見てなかった。ニューヨークのカッツ・デリカテッセンにも行ったのに!(くだんの場面だけは、なんかで見たことがあった) ということで、たしなみの一つとして見ておくことにしました。さらっと。 老夫婦があいま、あいまに何組も出てきて出会…

ボブ・フォッシー監督「キャバレー」2214本目

これも見ておくべき映画の一つですよね。やっと見ました。 ライザ・ミネリが天真爛漫でカワイイ。相手役のマイケル・ヨークも、いかにもモテそう!な好感度。ライザ・ミネリって日本で見る誰かにそっくり・・・アイヴァンかな? こんなに自由で楽しい彼らだ…

メル・ブルックス監督「新サイコ」2210本目

原題は「High Anxiety」、高所恐怖症って意味なんですね。 全然「新サイコ」と違うじゃないの!でも冒頭に「ヒッチコックに捧ぐ」と出るし、病院の院長として赴任してみたら前任者が変死をとげていた、とかヒッチコックっぽくなくもないエピソードが続々と登…

ジョン・カサヴェテス監督「こわれゆく女」2208本目

ジョン・カサヴェテスの監督で、ピーター・フォークとジーナ・ローランズが出てる映画だよ。アメリカの私の好きな面だけ集めて固めたようなもんです。嫌いなわけないよね! でもこの映画は見て戸惑った。解説には、おかしくなってしまった妻を病院に入れると…