映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ヨーロッパ映画(80年代まで)

ロビン・ハーディ監督「ウィッカーマン」2946本目

<ネタバレあります、2006年版まで。これから見る人は読まないほうがいいかも> 「ミッドサマー」、ニコラス・ケイジが主演の2006年版と見てきたので、当然これも見なければですよね。2006年版は作りがアメリカ的で、ストーリーの説得力を補強していますが、…

クロード・オータン・ララ監督「赤と黒」2944本目

昔「ひとりジェラール・フィリップ特集」をやったときに見たけど、この間宝塚版を見たので改めて比較のために見てみます。今度はデジタル・リマスター版。 完全無欠の王子様キャラが実在した!と初めて見たときに驚きましたが、今は同じくらいパフスリーブの…

マイケル・パウエル監督「血を吸うカメラ」2938本目

殺人カメラマンが被写体に選んだ女優の赤い髪、細い体、お人形みたいな大きな目…やっぱり「赤い靴」の人でした。 この映画って”アイデア一発勝負”なんだけど、思い付きを現実に近づけるための作りこみがあまいところがあって、せっかくのしつらえにして全然…

ルキノ・ヴィスコンティ監督「イノセント」2933本目

この作品は、なんでいつも正装してるんだろうというくらい、豪華なドレスだらけで男性はほぼ常時白の蝶ネクタイ。冒頭からおなかいっぱいになるくらいお金かかってます。 でも、ここで描かれているのは極めて普遍的なテーマなんですよね。タキシードを着てい…

ルキノ・ヴィスコンティ監督「家族の肖像」2932本目

興味深い新作が次々と公開されるのをしり目に(お金ないし)今誰も見ないような微妙な作品を見続ける日々‥‥ この作品は冒頭クレジットにフェンディとかイヴ・サンローランとかの名前が次々に出て、もうそこからして貴族的(笑)。ヘルムート・バーガーの斜に…

ルキノ・ヴィスコンティ監督「夏の嵐」2926本目

ヴィスコンティ監督の作品は「美学」というしかないような監督の美意識がムンムンしてる。宝塚なみの濃さ。 アリダ・ヴァリは「かくも長き不在」を見てしまったので情念の女のイメージが強いんだけど、こんなに若い頃から、むせ返るような一方的な情愛で画面…

ペドロ・アルモドバル監督「マタドール<闘牛士> 炎のレクイエム」2904本目

ペドロ・アルモドバル監督初期の、ちょっと暗くて重めタイプの作品。監督の作品には死はわりとつきものなんだけど、同じように作品につきもののユーモアは控えめ、というか、あまりありません。(といっても、死に暗さが全然ないのはいつもと同じ) ショーの…

テレンス・ヤング監督「夜の訪問者」2896本目

私の世代には「う~ん、マンダム」で知られた男くささの権化チャールズ・ブロンソンが、フランス語をしゃべってスウェーデンのリヴ・ウルマンと共演してるって、どういうこと?監督のテレンス・ヤングは上海生まれだけどイギリス人。原作もイギリスなのにな…

ジョルジュ・パン・コスマトス 監督「カサンドラ・クロス」2868本目

<ネタバレなどいろいろあり> この映画は「地獄の黙示録」や最初の「スターウォーズ」とともに、小さい頃映画館に見に行った映画として私の映画史のなかでサンゼンと輝いてるので、いつか見直したいなーと思ってました。 今見ると、ヨーロッパ名優大集合で…

ビレ・アウグスト 監督「ペレ」2867本目

<ネタバレあり> ビレ・アウグスト監督の映画は「リスボンに誘われて」がすごく良かったんだけど、その25年前に作られていたのがこの映画。これも好きだな。外国の農園の生活って地に足がついてる気がしてずっと見ていたい、というのもあるけど、ペレの諦め…

ガイ・ハミルトン 監督「地中海殺人事件」2856本目

思い出した。クリスティ作品の一番重要なポイントは「動機」だ。この映画は伏線や、伏線に見せかけた「ひっかけ」をたくさん用意してあってなかなか面白いんだけど、最後の最後の解決編で「あ、そういえば冒頭にも事件があったな」と思い出しました。あまり…

サム・ペキンパー監督「戦争のはらわた」2851本目

タイトルからして見たくないなーと思ってずっと見ないままになったけど意を決しました。「はらわた」とつく映画は十中八九ロクなもんじゃない(はず)。検索したら30件登録されてるな…「天使のはらわた」シリーズはよかったけど、女高生とか悪魔とか死霊、太…

シドニー・ギリアット 監督「エンドレスナイト」2848本目

<若干ネタバレあり> アガサ・クリスティはよく海外旅行をした作家なんですよね。この映画の舞台はギリシャ。ほかに有名なところで「ナイル殺人事件」はエジプト、「死海殺人事件」はヨルダン(当時は英領パレスチナ)、「地中海殺人事件」はアドリア海…な…

ルイス・ブニュエル監督「皆殺しの天使」2842本目

ルイス・ブニュエル監督の大問題作品、どこに行ってもレンタルしてない作品、ということで私にしては珍しく購入しました。タイトルが怖いし、同様に買って見た「ビリディアナ」はシリアスな作品だったのでビクビクしてましたが、これは…ギャグだな。「ブルジ…

モーリス・ピアラ 監督「悪魔の陽の下に」2841本目

パルムドール受賞作のリストを見てレンタルしてみました。 1987年作品。ジェラール・ドパルデュー若い。(この人いったいどれくらい映画に出てるんだろう、いつも出てる) 自主的に苦行に励む若い神父。まだ10代で妊娠してしまい、精神不安定のままこどもの…

ジョージ・ポロック 監督「姿なき殺人者」2840本目

1967年のイギリス映画。クリスティの作品はイギリスの映画化がいちばんしっくりきます。原題は小説通りの「Ten Little Indians」だけど、この直訳はもう二度と使えないだろうな。インド人じゃなくてアメリカ先住民族のことをインディアンって呼ぶのはもうみ…

ジャン・ピエール・メルヴィル 監督「恐るべき子供たち」2834本目

萩尾望都のマンガを最近読んで、そういえばこの映画見てないなと思ったのでレンタルしてみました。 少年たちっていう設定にしては中心となる姉弟がちょっと老けて感じられるのは先にマンガを読んだからだろう。実年齢はみんな20代で、仕事を始めたり結婚した…

ポール・バーホーベン 監督「4番目の男」2831本目

バーホーベンといえばあの「トータル・リコール」の「ルドガー・ハウアー危険な愛」の「氷の微笑」の監督。どれも暑苦しいくらいの”けれん味”が持ち味です。どんな熱い男だったんだろう。この映画の主役もかなり濃いジェローン・クラッペですが、相手の女性…

ガイ・ハミルトン監督「クリスタル殺人事件」2812本目

そもそも「鏡は横にひび割れて」がどうして「クリスタル殺人事件」になったんだろう? これは原作も読んで、映画も昔見てるはずだけど、「クリスティの犯人はだいたいわかるわ」とか言ったのに、犯人を忘れてた!(そのていどだ、私は) <以下ネタに触れる…

ルネ・クレール監督「巴里の屋根の下」2807本目

ルネ・クレール監督の作品は、「自由を我等に」、自分のなかでジェラール・フィリップがブームだったときに「悪魔の美しさ」を見たのと、最近はアガサ・クリスティのブーム(これも自分だけ)で「そして誰もいなくなった」を見たので、これで4本目。どれもこ…

ジャン・リュック・ゴダール 監督「軽蔑」2799本目

映画スタジオでの撮影風景から始まる冒頭は、「出演 ブリジット・バルドー」といったテロップをわざわざ読み上げる声も入ります。なんじゃこりゃ。メタ構成? ブリジット・バルドーはスッポンポンできれいで、赤ちゃんみたいに可愛い。(男性から見たらエロチ…

ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督「嘆きの天使」2784本目

7年前にも見たけど、また見たくなってレンタル。これと「間諜X27」で私はディートリッヒ様に惚れました。ドイツで作られたドイツ語の映画はこれだけ。このあとさんざんスタンバーグ監督は彼女の映画を撮るわけですが、この映画に引っ張られたのか、それとも…

アルフレッド・ヒッチコック監督「バルカン超特急」2774本目

<ネタバレあり> 2012年に見たけどTVでやってたのでまた見ました。すごく面白かった記憶がある。 (それに、The Lady Vanishesという原題を元にして村上春樹「象の消滅」の英語版タイトルが「The Elephant Vanishes」になったという話を翻訳者から聞いたの…

マリオ・カメリーニ監督「ユリシーズ」2762本目

ジェームズ・ジョイス原作のユリシーズかと思って録画したら、パロディ元のホメーロス「オデュッセイア」の方だった。元はギリシャ古典文学で、イタリアで映画化しても別に不思議ではないけど、タイトルはオデュッセイアとするべきだろう? ギリシャ神話らし…

エマニュエル・ローラン監督「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」2732本目

トリュフォーもゴダールも、評価できるほど多く見てない。この映画は、この二人の作品、影響を受けた先人たちの作品のクリップがたくさん入っていてすごく参考になるんだけど、一生懸命見てもこの二人の関係性や「ヌーヴェルヴァーグって何」とかが、あまり…

フランソワ・トリュフォー監督「夜霧の恋人たち」2729本目

ロッテの新しいチョコレートか何かみたいなロマンチックなタイトルだけど、中身は全然ロマンチックじゃなくて、少し成長して女狂いになってしまったアントワーヌと美しいパリの女たち、でした。いつも思うけどフランス映画のヒロインたちって、なんで揃いも…

フランソワ・トリュフォー監督「二十歳の恋 アントワーヌとコレット」2728本目

これはオムニバスなんですね。で、トリュフォーが監督したこの30分しか今は入手困難、なのかな。 何年も前に見た「大人は判ってくれない」はけっこう胸をえぐる映画だった記憶があるけど、そのときの少年がなんか更生して就職して恋をしている。好きな女の子…

アルフレッド・ヒッチコック監督「スミス夫妻」2712本目

アンジー&ブラピの「Mr & Mrsスミス」とは全く違う内容の作品だと、今知りました(笑)。1941年の作品なのでヒッチコックのイギリス時代の中では特に古い方じゃないんだけど、なぜかTSUTAYAの在庫が少なくてなかなかレンタルできませんでした。それにしても…

エルマンノ・オルミ監督「ポー川のひかり」2697本目

図書館にこの映画のDVDがあったので借りて来ました。この監督の「聖なる酔っぱらいの伝説」でルドガー・ハウアーに惚れたのはわりと最近のこと。この映画の、学問を全否定して田舎に引っ込んだ教授は「女性生徒がみんな惚れる」二枚目です。日本でリメイクし…

クロード・ルルーシュ監督「愛と哀しみのボレロ」2683本目

世界きってのロマンチストな監督(と私は思っている)が戦時下の恋や家族を描くとどうなるのか。不思議な音楽映画、なのかな。男女が出会った場面の次はもう結婚式だ。ミュージカルやオペラみたいに、解説で「物語が大きく動き始めるのは20年後のことでした…