映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

アジア映画(90年代以降)

ラヴ・ディアス監督「立ち去った女」2811本目

この作品は3年前に、DVD化されてすぐ見たんだけど、Amazonプライムに出てたのでまた見てみました。3時間48分。 アルフォンソ・キュアロン「ROMA」が光でこっちが陰、と対比したくなりますね。両方コントラストの強い白黒で昔のルイス・ブニュエル監督作品み…

ケー・エス・ラヴィクマール 監督「ムトゥ 踊るマハラジャ」2795本目

この映画たしかに見た記憶があるのに、感想書いてません。いつどうやって見たんだろう?TSUTAYAのレンタル履歴にもない…。まさか劇場に行ったのかな。これがおそらく初めて見たインド映画だと思うので、いきなり166分に劇場で挑戦するほど私に勇気があったと…

ルネ・クレール監督「そして誰もいなくなった」2788本目

<ネタバレあり> アガサ・クリスティの名作のひとつと数えられる原作を、出版(1933年)の12年後の1945年にアメリカで映画化したもの。クリスティはかなり読んだけど、書かれたのと近い時代の映像は初めてだし、「テン・リトル・インディアンズ」のメロディ…

フー・ボー監督「象は静かに座っている」2746本目

(ネタバレあり) レジェンドであるタル・ベーラからメッセージ届いてるのに、彼より先に死んじゃうなんて。せっかく傑作ができたんだから、せめて褒められてから行けばよかったのに。…なんて生き残った者たちが何を言っても無駄。そういう繊細な神経、「海…

キム・ボラ監督「はちどり」2744本目

前評判が良すぎるくらい良かったけど、実際いい映画でした。でも私は騒ぎ立てない。特に女性の中には、「これは自分のことだ」と感じた人もけっこういたんじゃないかな。私も、忘れかけてた時代のことをじわじわ思い出しながら見たので、涙なんて出ませんで…

ノ・ヨンソク 監督「昼間から呑む」2701本目

タイトルが良すぎて借りてしまった。私は赤羽で時々やります(笑) ここまでではないけど、私もわりと無計画に旅行するほうなので、無為にバス停で何時間も過ごすのとか、なんとなく共感します。 それにしても、この画質の悪さは?「フロリダ・プロジェクト…

ケン・スコット監督「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」2615本目

タイトル長い! DVDに入ってる宣伝映像が全部インド映画なのを見て初めて、これがインド映画だと気付きました。インド人 in Paris(笑)。彼がイギリスの入管で捕まって、ミュージカルめいたものを歌いだす役人に戸惑う絵とか、イタリアのディスコで唐突にボ…

レオ・マッケリー監督「邂逅(めぐりあい)」2583本目

この作品は1939年。冒頭の「an RKO Radio Picture」っていう、地球に電波塔が立ってるタイトルロゴがキッチュで素敵。このあと1957年にケイリー・グラントとデボラ・カーで監督自身が撮りなおしてて、そっちも高評価。その後にも映画化されてて、不朽の名作…

ミロシュ・フォアマン監督「ヘアー」2556本目

すっごいサイケでヒッピーな映画! ファンカデリックのCDジャケットみたいなヒッピーたち。長髪を切って軍隊に入るという「ヘアー」か。なんかそういう歌あったな。就職が決まって髪を切るとか…(cf.「いちご白書をもう一度」1975年) 思い切り反戦的で反体…

ウォン・カーウァイ監督「2046」2545本目

ブレードランナーは2046年だっけ?と思った人が1万人はいたであろう、冒頭のネオ香港的な街並み。違うんですよ、ブレードランナーの舞台は去年の2019年。しかもこの映画でいう「2046」は年号ではなくルームナンバーということになっています。美しい男女が美…

フリッツ・ラング監督「仕組まれた罠」2540本目

フリッツ・ラングがアメリカで撮った映画って、なんというか、どれも感動するような内容はないのに、なんともいえずいいんだよな。まず映像構成が素晴らしい。冒頭の、電車の切り替えや、電車どうしがすれ違うときの高速でスリリングな映像。さすがドイツ出…

「シークレット・スーパースター」2517本目

アーミル・カーンがめっちゃしょうもないヨゴレ役! インドではヒンドゥ教8割に対し、イスラム教徒は13%程度というマイノリティです。この間調べて、インドの三大カーンのうちアーミルとシャー・ルクはムスリムだと知って改めて見てみると、そうかインドのム…

カビール・カーン監督「バジュランギおじさんと、小さな迷子」2500本目

2500本目という区切りに満を持して登場したのは、インドが誇る三大カーンの最後の一人、サルマン・カーンだ!シャー・ルク・カーンは「恋する輪廻」、アーミル・カーンは「きっとうまくいく」等で何度も見たけど、なぜかサルマン・カーンの映画は見る機会が…

ニウ・チェンザー 監督「軍中楽園」2495本目

文字通り、軍の中の楽園。従軍慰安婦を必要「悪」と呼んだり、なかったことにしようとしたり、関係者が一生軍や国を恨んで辛い思いをし続けるのは、とても悲しい。人を殺す軍隊は「必要悪」じゃないのか?介護や看護やセラピストのような、人を癒す仕事にく…

アルム・パッタライ監督「ゲンボとタシの夢見るブータン」 2468本目

Amazonプライムビデオ、ありがたいなぁ。ソフト化されてないこういう作品でも見ることができて。劇場公開したとき見たいと思ったんだけど、機会を逸していました。 子どものころから憧れてたブータンにやっと行ったのは2003年。王様は先代で、まだ誰もが民族…

オットー・プレミンジャー監督「軍法会議」2461本目

ゲーリー・クーパーってどうも私は印象が薄い。日本人的に真面目できちんとしていてちょっと神経質そう。親しみは感じるんだけど、私は映画にもっと破天荒なものを求めてるのかも。 この映画は、プレミンジャー監督がお得意の”けれん味”を極力抑えて、ストー…

ピング・ランプラプレング 監督「THE POOL」2455本目

タイで作られたワニパニック映画。いや「プール大脱出ゲーム」かな? 冒頭、男性が血まみれで目覚めたら、いきなり大ワニが足に喰らいついてきていて、勘弁してほしい。怖い映画だ…と思って見てたのに、大勢いた人が消えたり、女の子がプールに飛び込んだり…

イ・チャンドン 監督「バーニング 劇場版」2452本目

<ネタバレあり> 原作たぶん読んだはずだけどあまり覚えてない。 「普通っぽいけどわりと精悍かつ知的で意外と女にもてる主人公」「美人で感受性が強く純粋なヒロイン」「世界を手に入れたようなお金持ち」という定番の登場人物。フィッツジェラルドのグレ…

イ・ビョンホン監督「エクストリーム・ジョブ」2447本目

面白かった!こういう抱腹絶倒なおバカ映画って大好きです。 「なんか乗り切れなかった」という感想の人もけっこういますが、私にとってはこの映画はまさに好みのタイプでした。「パラサイト」には富裕の差にもとづく敵・味方という敵対関係があって入り込め…

ロヘナ・ゲラ 監督「あなたの名前を呼べたなら」2418本目

よかったです。予告編を見たときは「マダム・イン・ニューヨーク」みたいにコミカルで派手な映画かと思ったけど、もっとシリアスで地に足の着いた映画でした。召使がすごいデザイナーとして成功して有名になって、奇跡的に身分の壁を超える…そんな映画ではな…

ポン・ジュノ監督「母なる証明」2340本目

韓国の映画やドラマには、必ずお母さんの心配そうな顔と、お母さんが家族にご飯を食べさせる場面がある。過剰な思いはゆがんで発露することもある。日本にもおおっぴらにできないことをやっている人たちがたくさんいるように、韓国にも裏で悪いことをしてる…

イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」2298本目

公開したころにちょっと見てみたいなーと思ったけど、そのままになってて、Amazon プライムで見つけたので見てみる・・・そういう作品ってあるよね? ロマンチックなコリアン・コメディでも見るくらいのつもりで見始めたら、映像はむしろシリアスでミステリ…

アン・リー監督「ラスト、コーション」2293本目

最初は美麗なおばさまたちが麻雀卓を囲んでいて、何だこのうるわしい映画は!とひるんだのですが、やがてこれが「ワイルド・スワン」ではなくスパイ映画であることがわかってきます。囲んでる人たちの中に、ひときわ若くて可愛い子がいるなと思ったら、やは…

ヤスミン・アフマド 監督「タレンタイム 優しい歌」2232本目

2009年のマレーシアの映画。 「いい映画だった」と書けばそれで終わっちゃうんだけど、この気持ちの機微をどう表せばいいか。見終わってハッピーハッピー♪な気持ちになる、というのとも違う。やさしい気持ちではあるんだけど、よかったよかったというのとは…

R.バールキ 監督「パッドマン 5億人の女性を救った男」2186本目

愛ある映画だった。こんなに優しい夫なんているの?インドって男尊女卑で、夫はみんな妻を家政婦のように扱うのでは?くらいに思ってたけど、悪い先入観だったのかもしれません。 しかし、こんなに優しいのに夫の愛はなかなか伝わりません。。。使い物になる…

チン・モヨン監督「あなた、その川を渡らないで」 2172本目

まあ何て可愛らしいおじいちゃんとおばあちゃん。人間、こんなに可愛く歳を取れるものなのか。犬たちと日がな一日遊びながら暮らす。ピンクや黄色の、やたらと可愛らしいコスチュームの2人。幸せっていうのはこういうことを言うんだろう。お隣の国にこんな天…

ジャ・ジャンクー 監督「長江哀歌」2168本目

原題は「三峡好人」、英語タイトルは「Still Life」。日本語タイトルも含めて全部全く違いますね。日本には「哀」の文字が必要で英語圏にはもっと静謐なイメージがあった方がよかったのかな。 妻を探す男と、夫を探す妻が、別の夫婦だとなかなか気づかなかっ…

イ・ハ監督「家を出た男たち」2149本目

面白かった。韓国版「ジャンプ(原作、佐藤正午)」みたいな、妻を探し求めるロードムービーで、コメディなんだけどシリアスな部分もある。いかにも女性にモテそうなチ・ジニ(テレビの「チャングム」の官僚ですね)に、同行する三枚目の友人は俳優としても…

パク・フンジョン 監督「新しき世界」2143本目

2013年の韓国映画。 韓国って国は、本当に表面しか知らないので(他のどの外国もそうだけど)、賑やかな都会や平和な山あい以外の、特にアウトローの世界ってグイグイ惹かれますね。 でもこの映画とはあまり相性が良くなかったみたい・・・人物はわりあい清…

チャン・ジュナン 監督「1987、ある闘いの真実」2136本目

こういう感動って、今の日本にはないよな。ない方がいいのはもちろんなんだけど。拷問があると知ったとして、まず私たちにないのは、怒るパワーかもしれない。卑近な例だけど、色々うまくいかなかった頃、何を言われても怖いだけで怒りを感じなくなってた時…