映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

アジア映画(90年代以降)

是枝裕和監督「ベイビー・ブローカー」3433本目

<ネタバレあります、注意> 面白かったけど、何だろ、この「普通な感じ」・・・。私より先に見た人たちはどう感じたんだろう? 是枝作品を見たときの、胸が苦しくなるような感じがなくて、さらさら見られた。全体的に俳優たちがとても嬉しそうに演じてたか…

ソン・ヘソン 監督「力道山」3419本目

韓国で作られた、朝鮮半島出身の日本のスーパースター力道山のドキュメンタリー映画(ロケは日本でやってるけど)。これを日本に移して考えると、アメリカの大リーグでかつて活躍した日本人(または日系人)選手のドキュメンタリーのようなものかな。韓国の…

ギレルモ・デル・トロ監督「ナイトメア・アリー」3371本目

<ストーリーに触れています> サーカスとか見せ物小屋って、いかにもデル・トロ監督が好きそうな世界。(私も好きです) これもまた監督の好きそうなビリケンさんみたいな異形のイーノク、確かにデカい。母親を死なせたけど自分もこんな姿になって、しかも…

ワン・シャオシュアイ 監督「在りし日の歌」3353本目

最後のほうに出てきた、生き残ったほうのハオハオ少年とその家族の豊かな生活ぶりを見て、そうだよ今の中国のイメージはこっちに近い、と思い出した。それくらいかけ離れた、大昔みたいな地味で地味で地味な、シンシンの両親の暮らし。 父親の人の好さと、母…

ホウ・シャオシェン監督「憂鬱な楽園」3346本目

1996年、このころ台湾オフィスの同僚たちと集まることがよくあったけど、当時の台湾の女の子はちょっとパーマきつめで、日本の女の子たちと一見しただけで区別がついてた。区別がつかなくなったのは、最後に仕事で行った…あれは何年頃だろう?とうとう台北に…

ポン・ジュノ監督「ほえる犬は噛まない」3334本目

ペ・ドゥナの出演作品を見るのは久しぶり。どこか可愛くて存在感が強くて、好きだな。この作品は「グエムル」や「リンダリンダリンダ」よりもずっと前だ。彼女には”泣き寝入り”とか諦める役柄は似合わない。青筋立ててがんばるのがペ・ドゥナ。 可愛いワンコ…

パオ・チョニン・ドルジ 監督「ブータン 山の教室」3281本目

17年ほど前にブータンに旅行したときのガイドの名前がウゲンさんだった。そのときに仲良くなった男の子たちの名前はカルマくんとドルジくんだったけど、一度連絡を絶ってしまうと、同じ名前の人が多すぎて、多分もう彼らとSNS上でつながることはできないんだ…

ホン・サンス監督「3人のアンヌ」3272本目

イザベル・ユペール…監督きっと好きなんだなぁ。冒頭に、ローカルで地道な韓国映画に出てくるような、ハングル丸文字でカラフルに書かれたペンションの看板。そこにどうやってユペール女史をはめるのか。 韓国の女性脚本家が、韓国にやってきたフランス人女…

イ・チャンドン 監督「シークレットサンシャイン」3237本目

ペパーミントキャンディーの世界だ。絶望(比喩じゃないやつ)のあとのインスタント解脱、そこからやっと壊れ始める人格。安易な救いなんてどんな宗教でもないのだ。 自分を傷つけたアイツはきっと今頃、宗教に救いを見つけたり、家族と笑いあってアイスでも…

キム・ドヨン 監督「82年生まれ、キム・ジヨン」3224本目

1982年生まれということは、現時点で39歳。原作が書かれたのは数年前としても30代後半、し烈な学歴社会のなかで塾にも通い、がんばって進学して就職して、結婚して出産してまだ子どもが小さい、という女性像は日本でも共感する人が多そう。この作品の前に見…

キム・チョヒ監督「チャンシルさんには福が多いね」3223本目

韓国では働く独身女性がたらいで洗濯したり、大家さんちで肉をごちそうになったりしてるのか。(※一例だけ見て一般化は禁物)昔の学生向けの下宿みたい。家族と一緒みたいでちょっといいな。私こういう、普通の人たちの映画って好き。 女らしさを武器にしな…

ユン・ジェギュン 監督「国際市場で逢いましょう」3201本目

小さい頃に聞こえてきてた韓国の歌はチョー・ヨンピルの「釜山港に帰れ」だったのだ。K-POPが世界を席巻して、私まで少女時代や2PMのCDを買ったり、BTSがアメリカで売れたりする時代が来るなんて想像できなかった。でもこの映画は、あの歌そのままの世界なん…

キム・テギュン 監督「暗数殺人」3178本目

パズルで犯罪を解くようなミステリーかと思ったらシリアスな”未解決事件”のドラマだった。逃げを打つのがうまい容疑者と刑事との攻防が見ごたえありました。 それにしても、収監されてる容疑者に捜査中の刑事がお金や物品を貢ぐなんてこと、ありうるのか?日…

アン・リー監督「恋人たちの食卓」3134本目

冒頭の中華の達人の調理のようすは、食べたくなるというよりただ見ていたくなるほど、見事。そこまでしなくても、というくらい手をかけて美しさも味のうちと考えるのが中華料理なのかな。原題は「飲食男女」…邦題もこのままで良かったかも?「恋人たちの食卓…

ディアオ・イーナン監督「鵞鳥湖の夜」3074本目

グイ・ルンメイがきれいでフー・ゴーがかっこいい。この二人は、どんなヨゴレた格好をしても存在感が透き通ってるような感じがするなぁ。 バイク泥棒のグループの仲間割れから、誤って警官を殺害してしまった男。こうなったからには警察からの報奨金を妻に残…

ヨン・サンホ 監督「新感染半島 ファイナルステージ」3036本目

見ようと思ってるうちにだいぶ時間が経ってしまった。公開当時はけっこう盛り上がってたと思うけど、評点はそれほどでもなく、感想は「失速」みたいに書いてる人が多いのね。(それでも見る) 脱出船の中でまた感染が発生して、近隣諸国のどこでも受け入れて…

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ監督「TOKYO!」2982本目

これ2013年に見てるけど、KINENOTEでは項目が3つに分かれてるほうに感想を書いてました。今回は何となく3本まとまった形で書いてみます。レオス・カラックスは新作を作ってるって噂を聞いた気がするけど、ミシェル・ゴンドリーの作品って全然見てないなぁ。…

ポール・ハギス監督「告発のとき」2938本目

戦争って…。 ここまでひどい米軍の戦地はベトナム以降はないのかと思ってた。第二次大戦中の日本軍はもっとひどかったのかもしれないけど。同じ軍人でも、理性のある戦地しか経験してない人は、「甘えるな」なんてことを口にしてしまうのだ。軍隊は正義だと…

ビレ・アウグスト監督「デスティニー・イン・ザ・ウォー」2914本目

中国映画らしい、監督はデンマーク生まれだけど。主役の、中国に不時着した米兵を演じてるのは「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュなんだ。わからなかった。 冒頭から日本を空爆するアメリカ軍のが飛び交ってて、ドキッとする。それと、一人を救…

ニテーシュ・ティワーリー 監督「きっと、またあえる」2883本目

まぁ、最初から流れも結末もわかってるんだけどね。 でも思うのは、「きっとうまくいく」の中にもあった、受験で絶望して自殺をはかる若者。日本の映画館にかかるようなメジャー映画でこれほど取り上げられるほど、インド国内では受験競争の厳しさや若年層の…

チェン・チェン 監督「ムーラン 戦場の花」2861本目

借りたあとでディズニーのじゃないと気付いた。またやってしまった! 予告編がやたらと血なまぐさいので、こんなディズニーはないだろうと思ったらその通りでしたぁ~。アニメ版も見てなくてストーリーを知らないので、ひとつこれで勉強させていただきます。…

ウェン・ムーイエ 監督「薬の神じゃない!」2857本目

面白かったし、じわっといい映画でした。 しかし論点を整理しておく必要があるな。最後の、インドの製薬会社の製造継続が認められたというテロップで当時のニュースを思い出したんだけど、この映画は(1)知財面から見ると「ジェネリック薬品(として承認さ…

ラヴ・ディアス監督「立ち去った女」2811本目

この作品は3年前に、DVD化されてすぐ見たんだけど、Amazonプライムに出てたのでまた見てみました。3時間48分。 アルフォンソ・キュアロン「ROMA」が光でこっちが陰、と対比したくなりますね。両方コントラストの強い白黒で昔のルイス・ブニュエル監督作品み…

ケー・エス・ラヴィクマール 監督「ムトゥ 踊るマハラジャ」2795本目

この映画たしかに見た記憶があるのに、感想書いてません。いつどうやって見たんだろう?TSUTAYAのレンタル履歴にもない…。まさか劇場に行ったのかな。これがおそらく初めて見たインド映画だと思うので、いきなり166分に劇場で挑戦するほど私に勇気があったと…

ルネ・クレール監督「そして誰もいなくなった」2788本目

<ネタバレあり> アガサ・クリスティの名作のひとつと数えられる原作を、出版(1933年)の12年後の1945年にアメリカで映画化したもの。クリスティはかなり読んだけど、書かれたのと近い時代の映像は初めてだし、「テン・リトル・インディアンズ」のメロディ…

フー・ボー監督「象は静かに座っている」2746本目

(ネタバレあり) レジェンドであるタル・ベーラからメッセージ届いてるのに、彼より先に死んじゃうなんて。せっかく傑作ができたんだから、せめて褒められてから行けばよかったのに。…なんて生き残った者たちが何を言っても無駄。そういう繊細な神経、「海…

キム・ボラ監督「はちどり」2744本目

前評判が良すぎるくらい良かったけど、実際いい映画でした。でも私は騒ぎ立てない。特に女性の中には、「これは自分のことだ」と感じた人もけっこういたんじゃないかな。私も、忘れかけてた時代のことをじわじわ思い出しながら見たので、涙なんて出ませんで…

ノ・ヨンソク 監督「昼間から呑む」2701本目

タイトルが良すぎて借りてしまった。私は赤羽で時々やります(笑) ここまでではないけど、私もわりと無計画に旅行するほうなので、無為にバス停で何時間も過ごすのとか、なんとなく共感します。 それにしても、この画質の悪さは?「フロリダ・プロジェクト…

ケン・スコット監督「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」2615本目

タイトル長い! DVDに入ってる宣伝映像が全部インド映画なのを見て初めて、これがインド映画だと気付きました。インド人 in Paris(笑)。彼がイギリスの入管で捕まって、ミュージカルめいたものを歌いだす役人に戸惑う絵とか、イタリアのディスコで唐突にボ…

レオ・マッケリー監督「邂逅(めぐりあい)」2583本目

この作品は1939年。冒頭の「an RKO Radio Picture」っていう、地球に電波塔が立ってるタイトルロゴがキッチュで素敵。このあと1957年にケイリー・グラントとデボラ・カーで監督自身が撮りなおしてて、そっちも高評価。その後にも映画化されてて、不朽の名作…