映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

アジア映画(90年代以降)

アン・リー監督「恋人たちの食卓」3134本目

冒頭の中華の達人の調理のようすは、食べたくなるというよりただ見ていたくなるほど、見事。そこまでしなくても、というくらい手をかけて美しさも味のうちと考えるのが中華料理なのかな。原題は「飲食男女」…邦題もこのままで良かったかも?「恋人たちの食卓…

ディアオ・イーナン監督「鵞鳥湖の夜」3074本目

グイ・ルンメイがきれいでフー・ゴーがかっこいい。この二人は、どんなヨゴレた格好をしても存在感が透き通ってるような感じがするなぁ。 バイク泥棒のグループの仲間割れから、誤って警官を殺害してしまった男。こうなったからには警察からの報奨金を妻に残…

ヨン・サンホ 監督「新感染半島 ファイナルステージ」3036本目

見ようと思ってるうちにだいぶ時間が経ってしまった。公開当時はけっこう盛り上がってたと思うけど、評点はそれほどでもなく、感想は「失速」みたいに書いてる人が多いのね。(それでも見る) 脱出船の中でまた感染が発生して、近隣諸国のどこでも受け入れて…

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ監督「TOKYO!」2982本目

これ2013年に見てるけど、KINENOTEでは項目が3つに分かれてるほうに感想を書いてました。今回は何となく3本まとまった形で書いてみます。レオス・カラックスは新作を作ってるって噂を聞いた気がするけど、ミシェル・ゴンドリーの作品って全然見てないなぁ。…

ポール・ハギス監督「告発のとき」2938本目

戦争って…。 ここまでひどい米軍の戦地はベトナム以降はないのかと思ってた。第二次大戦中の日本軍はもっとひどかったのかもしれないけど。同じ軍人でも、理性のある戦地しか経験してない人は、「甘えるな」なんてことを口にしてしまうのだ。軍隊は正義だと…

ビレ・アウグスト監督「デスティニー・イン・ザ・ウォー」2914本目

中国映画らしい、監督はデンマーク生まれだけど。主役の、中国に不時着した米兵を演じてるのは「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュなんだ。わからなかった。 冒頭から日本を空爆するアメリカ軍のが飛び交ってて、ドキッとする。それと、一人を救…

ニテーシュ・ティワーリー 監督「きっと、またあえる」2883本目

まぁ、最初から流れも結末もわかってるんだけどね。 でも思うのは、「きっとうまくいく」の中にもあった、受験で絶望して自殺をはかる若者。日本の映画館にかかるようなメジャー映画でこれほど取り上げられるほど、インド国内では受験競争の厳しさや若年層の…

チェン・チェン 監督「ムーラン 戦場の花」2861本目

借りたあとでディズニーのじゃないと気付いた。またやってしまった! 予告編がやたらと血なまぐさいので、こんなディズニーはないだろうと思ったらその通りでしたぁ~。アニメ版も見てなくてストーリーを知らないので、ひとつこれで勉強させていただきます。…

ウェン・ムーイエ 監督「薬の神じゃない!」2857本目

面白かったし、じわっといい映画でした。 しかし論点を整理しておく必要があるな。最後の、インドの製薬会社の製造継続が認められたというテロップで当時のニュースを思い出したんだけど、この映画は(1)知財面から見ると「ジェネリック薬品(として承認さ…

ラヴ・ディアス監督「立ち去った女」2811本目

この作品は3年前に、DVD化されてすぐ見たんだけど、Amazonプライムに出てたのでまた見てみました。3時間48分。 アルフォンソ・キュアロン「ROMA」が光でこっちが陰、と対比したくなりますね。両方コントラストの強い白黒で昔のルイス・ブニュエル監督作品み…

ケー・エス・ラヴィクマール 監督「ムトゥ 踊るマハラジャ」2795本目

この映画たしかに見た記憶があるのに、感想書いてません。いつどうやって見たんだろう?TSUTAYAのレンタル履歴にもない…。まさか劇場に行ったのかな。これがおそらく初めて見たインド映画だと思うので、いきなり166分に劇場で挑戦するほど私に勇気があったと…

ルネ・クレール監督「そして誰もいなくなった」2788本目

<ネタバレあり> アガサ・クリスティの名作のひとつと数えられる原作を、出版(1933年)の12年後の1945年にアメリカで映画化したもの。クリスティはかなり読んだけど、書かれたのと近い時代の映像は初めてだし、「テン・リトル・インディアンズ」のメロディ…

フー・ボー監督「象は静かに座っている」2746本目

(ネタバレあり) レジェンドであるタル・ベーラからメッセージ届いてるのに、彼より先に死んじゃうなんて。せっかく傑作ができたんだから、せめて褒められてから行けばよかったのに。…なんて生き残った者たちが何を言っても無駄。そういう繊細な神経、「海…

キム・ボラ監督「はちどり」2744本目

前評判が良すぎるくらい良かったけど、実際いい映画でした。でも私は騒ぎ立てない。特に女性の中には、「これは自分のことだ」と感じた人もけっこういたんじゃないかな。私も、忘れかけてた時代のことをじわじわ思い出しながら見たので、涙なんて出ませんで…

ノ・ヨンソク 監督「昼間から呑む」2701本目

タイトルが良すぎて借りてしまった。私は赤羽で時々やります(笑) ここまでではないけど、私もわりと無計画に旅行するほうなので、無為にバス停で何時間も過ごすのとか、なんとなく共感します。 それにしても、この画質の悪さは?「フロリダ・プロジェクト…

ケン・スコット監督「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」2615本目

タイトル長い! DVDに入ってる宣伝映像が全部インド映画なのを見て初めて、これがインド映画だと気付きました。インド人 in Paris(笑)。彼がイギリスの入管で捕まって、ミュージカルめいたものを歌いだす役人に戸惑う絵とか、イタリアのディスコで唐突にボ…

レオ・マッケリー監督「邂逅(めぐりあい)」2583本目

この作品は1939年。冒頭の「an RKO Radio Picture」っていう、地球に電波塔が立ってるタイトルロゴがキッチュで素敵。このあと1957年にケイリー・グラントとデボラ・カーで監督自身が撮りなおしてて、そっちも高評価。その後にも映画化されてて、不朽の名作…

ミロシュ・フォアマン監督「ヘアー」2556本目

すっごいサイケでヒッピーな映画! ファンカデリックのCDジャケットみたいなヒッピーたち。長髪を切って軍隊に入るという「ヘアー」か。なんかそういう歌あったな。就職が決まって髪を切るとか…(cf.「いちご白書をもう一度」1975年) 思い切り反戦的で反体…

ウォン・カーウァイ監督「2046」2545本目

ブレードランナーは2046年だっけ?と思った人が1万人はいたであろう、冒頭のネオ香港的な街並み。違うんですよ、ブレードランナーの舞台は去年の2019年。しかもこの映画でいう「2046」は年号ではなくルームナンバーということになっています。美しい男女が美…

フリッツ・ラング監督「仕組まれた罠」2540本目

フリッツ・ラングがアメリカで撮った映画って、なんというか、どれも感動するような内容はないのに、なんともいえずいいんだよな。まず映像構成が素晴らしい。冒頭の、電車の切り替えや、電車どうしがすれ違うときの高速でスリリングな映像。さすがドイツ出…

「シークレット・スーパースター」2517本目

アーミル・カーンがめっちゃしょうもないヨゴレ役! インドではヒンドゥ教8割に対し、イスラム教徒は13%程度というマイノリティです。この間調べて、インドの三大カーンのうちアーミルとシャー・ルクはムスリムだと知って改めて見てみると、そうかインドのム…

カビール・カーン監督「バジュランギおじさんと、小さな迷子」2500本目

2500本目という区切りに満を持して登場したのは、インドが誇る三大カーンの最後の一人、サルマン・カーンだ!シャー・ルク・カーンは「恋する輪廻」、アーミル・カーンは「きっとうまくいく」等で何度も見たけど、なぜかサルマン・カーンの映画は見る機会が…

ニウ・チェンザー 監督「軍中楽園」2495本目

文字通り、軍の中の楽園。従軍慰安婦を必要「悪」と呼んだり、なかったことにしようとしたり、関係者が一生軍や国を恨んで辛い思いをし続けるのは、とても悲しい。人を殺す軍隊は「必要悪」じゃないのか?介護や看護やセラピストのような、人を癒す仕事にく…

アルム・パッタライ監督「ゲンボとタシの夢見るブータン」 2468本目

Amazonプライムビデオ、ありがたいなぁ。ソフト化されてないこういう作品でも見ることができて。劇場公開したとき見たいと思ったんだけど、機会を逸していました。 子どものころから憧れてたブータンにやっと行ったのは2003年。王様は先代で、まだ誰もが民族…

オットー・プレミンジャー監督「軍法会議」2461本目

ゲーリー・クーパーってどうも私は印象が薄い。日本人的に真面目できちんとしていてちょっと神経質そう。親しみは感じるんだけど、私は映画にもっと破天荒なものを求めてるのかも。 この映画は、プレミンジャー監督がお得意の”けれん味”を極力抑えて、ストー…

ピング・ランプラプレング 監督「THE POOL」2455本目

タイで作られたワニパニック映画。いや「プール大脱出ゲーム」かな? 冒頭、男性が血まみれで目覚めたら、いきなり大ワニが足に喰らいついてきていて、勘弁してほしい。怖い映画だ…と思って見てたのに、大勢いた人が消えたり、女の子がプールに飛び込んだり…

イ・チャンドン 監督「バーニング 劇場版」2452本目

<ネタバレあり> 原作たぶん読んだはずだけどあまり覚えてない。 「普通っぽいけどわりと精悍かつ知的で意外と女にもてる主人公」「美人で感受性が強く純粋なヒロイン」「世界を手に入れたようなお金持ち」という定番の登場人物。フィッツジェラルドのグレ…

イ・ビョンホン監督「エクストリーム・ジョブ」2447本目

面白かった!こういう抱腹絶倒なおバカ映画って大好きです。 「なんか乗り切れなかった」という感想の人もけっこういますが、私にとってはこの映画はまさに好みのタイプでした。「パラサイト」には富裕の差にもとづく敵・味方という敵対関係があって入り込め…

ロヘナ・ゲラ 監督「あなたの名前を呼べたなら」2418本目

よかったです。予告編を見たときは「マダム・イン・ニューヨーク」みたいにコミカルで派手な映画かと思ったけど、もっとシリアスで地に足の着いた映画でした。召使がすごいデザイナーとして成功して有名になって、奇跡的に身分の壁を超える…そんな映画ではな…

ポン・ジュノ監督「母なる証明」2340本目

韓国の映画やドラマには、必ずお母さんの心配そうな顔と、お母さんが家族にご飯を食べさせる場面がある。過剰な思いはゆがんで発露することもある。日本にもおおっぴらにできないことをやっている人たちがたくさんいるように、韓国にも裏で悪いことをしてる…