映画と人とわたし by エノキダケイコ

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2020-05-19から1日間の記事一覧

ペーター・ハントケ 監督「左利きの女」2546本目

ヴィム・ヴェンダースが製作に入っていて、彼の映画の脚本で見かけるピーター・ハントケが監督。そして、かなり若いブルーノ・ガンツの出演作品です。1977年。統一が1989年だからまだ完全に「西ドイツ」の時期の作品です。 だけどなんとなく北欧かロシアの映…

ウォン・カーウァイ監督「2046」2545本目

ブレードランナーは2046年だっけ?と思った人が1万人はいたであろう、冒頭のネオ香港的な街並み。違うんですよ、ブレードランナーの舞台は去年の2019年。しかもこの映画でいう「2046」は年号ではなくルームナンバーということになっています。美しい男女が美…